国道 Route.

 
国道1号

東 京・日本橋−大阪市・梅田新道

(その2c 神奈川県内:藤沢市−平塚市)


 藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市の3市を走っていきます。藤沢バイパスを除くとほとんどが片側1車線の区間ですが、横浜市内と比べればスムーズに走れます。

 

藤沢市

[横浜市・藤沢市境界]
藤沢市に入ります。
市境界付近はちょっとした丘ですが、ここからは下り坂です。

[水道道橋]
ビル群が見えますが、左側は藤沢市民病院、右側は湘南長寿園病院とマンション群です。
藤沢バイパスは1963年に開通した道路で、バイパス道路としてはかなり古い部類に入りますが、信号の間隔が長めにとられていることから流れはスムーズです。

[白旗陸橋]
左側から合流してくる道路がありますが、この下を走る国道467号から国道1号に入る流入車線です。ちなみに、R1→R467の流出は不可となっています。

画像正面に見える高い煙突は、石名坂清掃センターです。

[清掃事務所入口交差点]
清掃事務所入口交差点。
先ほど見えた煙突の根本が、画像の右側に見えます。

[城南交差点]
城南交差点。県道43号藤沢厚木線と交差します。
新しそうな交差点でしたが…。

[R1新湘南バイパス分岐]


R1新湘南バイパスとの分岐。このまま直進すると有料道路のR1新湘南バイパスに入ります。

ここでは左方向のR1現道に入ります。

[四ツ谷交差点]
国道1号現道の区間に入ります。
四ツ谷交差点で県道44号伊勢原藤沢線と交差します。

[藤沢市城南一丁目付近]
両側に松並木が見えますが、江戸期の東海道の名残でしょうか。
神奈川県内にはこういう景色が多いです。

 

茅ヶ崎市

[藤沢市・茅ヶ崎市境界]


茅ヶ崎市に入ります。
両側は松並木。

[茅ヶ崎市小和田付近]
道幅はそんなに広くないです。
特に郊外型商業地域でもなく、住宅街が続くような感じで、右折待ち車両などもあまり発生しないのが救いですが。

[松林小学校入口交差点]

[茅ヶ崎市本村二丁目]
本村交差点で県道404号遠藤茅ヶ崎線が分岐します。

[茅ヶ崎駅前交差点]
茅ヶ崎駅前交差点。
左折方向は県道309号茅ヶ崎停車場線で、JR茅ヶ崎駅に出ます。
右折方向は県道45号丸子中山茅ヶ崎線。いわゆる「中原街道」という奴でして、東京の中原口交差点で分岐していたr2がここで合流します。

[茅ヶ崎市十間坂三丁目]

[鳥井戸橋交差点]
鳥井戸橋交差点。
左折すると、R134の湘南海岸沿いに出ます。

[茅ヶ崎西IC]
R1新湘南バイパスの茅ヶ崎西IC入口。
ハーフICでありまして、ここからはR1新湘南バイパスの東京・横浜方面へのみ入れます。ちなみに、調査日時点では無料化社会実験の真っ最中であり、案内標識にある「有料道路」の文字は消されていました。

[産業道路入口交差点]
産業道路入口交差点。
県道46号相模原茅ヶ崎線と交差します。

 

平塚市

[茅ヶ崎市・平塚市境界]
平塚市に入ります。
左側の架線はJR東海道本線。

[馬入橋]
相模川に架かる馬入橋を渡ります。
ちなみに、相模川は「馬入川」という異名を持っているのですが、こちらの橋梁名はその異名に由来するようです。

[工業団地入口交差点]
この先で国道1号は右へ向かってカーブします。
元は直進方向だった道路を、市街地迂回のため右方向にバイパス化させたようで。

[榎木町交差点]


榎木町交差点。国道129号と交差します。
左折して少し走ると、国道134号に出ます。この辺は、内陸を走る国道1号、海沿いを走る国道134号という感じで2つの国道が併走しています。

[宮の前交差点]
宮の前交差点。
東名高速道路厚木ICへはここを右折、秦野中井ICへはここを直進とのこと。
でも、厚木ICへ行くならば、ここで右折するよりも榎木町交差点で右折していた方が楽なんですけど。

[八幡宮前交差点]
八幡宮前交差点。
県道606号大島明石線が分岐します。

[検察庁前交差点]
検察庁前交差点で県道61号平塚伊勢原線と交差します。
このところ、東西に走る国道1号に対して、南北に走る国道・県道との交差が続いていますが。

[平塚市平塚五丁目付近]
この先で県道62号平野秦野線と交差します。
実際の交差点は平塚市内ではなく、お次の大磯町の地域にあるんですけど。
調査日:2010/7
 前へ(その2bへ)  次へ(その2dへ)
 戻る 
inserted by FC2 system