国道 Route.

 
国道1号

東 京・日本橋−大阪市・梅田新道

(その4a 愛知県内:豊橋市−小坂井町)


 愛知県内に入り、豊橋市から小坂井町のR151交点までの区間。片側二車線ですが、戦前からの国道1号ルートがそのまま残っている区間でもあり、特段バイパス化はされていないため、結構混雑します。

 

豊橋市

[静岡県・愛知県境界]


愛知県豊橋市に入ります。
一応、潮見バイパスから自動車専用道路区間が続いている関係もあって、案内標識は緑地白文字です。すぐ正面の信号機のところで自動車専用道路も終わるんですが…。

[一里山東交差点]
旧R1ルートである県道173号湖西東細谷線が合流してきます。R1潮見バイパスができるまでは、r173のルートが国道1号となっていました。

この交差点から先は片側2車線の道路となります。

[豊橋市東細谷町]
車線が増えたのは良いのですが、下り坂の中で結構うねうねとしたカーブが続くので、ちょっと厄介な区間です。カーブの前後は車線変更禁止となります。

[豊橋市東細谷町]
この辺も車線変更禁止。路肩や車線幅もそんなに広くなく、実のところ大型車が走るには手狭な感じです。

[三弥町交差点]
三弥町交差点。
左方向に県道403号細谷二川線が分岐します。

[豊橋市二川町]
実は、豊橋市内の国道1号は特段バイパス化もされなかったため、戦前の国道1号ルートをそのまま引き継いでいる形になっています。片側2車線に拡幅されていても、道路改良されたのがだいぶ前だったのか、今となってはやはり手狭です。

[大岩町本郷交差点]

[梅田橋西交差点]
梅田橋西交差点。
県道31号東三河環状線が分岐します。

[岩屋下交差点]
岩屋下交差点。
県道3号豊橋湖西線・県道386号平井牟呂大岩線と交差します。

[岩西歩道橋南交差点]

[豊橋市西口町]
中央分離帯・歩道ともにガードレール意外に余裕が無いという状態で、ある意味時代を感じさせてくれます。

[豊橋市三ノ輪町]
「大貨等中央走れ」

この先から、大型貨物車は夜間(23時から5時)について走行レーンが指定される区間に入ります。騒音防止のため大型貨物車は中央寄りのレーンを走ることになります。

[豊橋市三ノ輪町]

[瓦町交差点]
瓦町交差点。
県道502号豊橋環状線と交差します。

大型貨物車の通行区分指定は、この瓦町交差点で終わりとなります。規制をかけるにしては、ちょっと短いような気もしますが…

[東八町交差点]
東八町交差点。
国道1号はここを左斜め前方向に続きます。

この交差点から少しの間、道路の中央部を豊橋鉄道東田本線(路面電車)が走っていきます。

[西八町交差点手前]


右側を豊橋鉄道の路面電車が通過中です。
この先の西八町交差点で国道1号は右折します。直進方向は国道23号、左折方向は国道259号。R23起点やR259終点となっており、西八町交差点は国道的には非常に重要な交差点といえます。

[瀬上交差点]
瀬上交差点。
ここで注意いただきたいのが、中央レーンが直進専用でなく、直進&右折レーンとなっていること。右折待ちで停車していたり、右折のため徐行している車両がいたらちょっと危険です。

[門交差点]
この辺からは、両側に郊外型の商業施設が並ぶ景色に変わります。豊橋市街から北西の区間は、旧R1(現在のr496)をバイパス化させて現在のR1となっている区間なのですが、まぁこちらもそんなに幅員は広くなく…。

[下五井町沖田交差点]

 

宝飯郡 小坂井町

[豊橋市・小坂井町境界]


宝飯郡小坂井町に入ります。
2010/2に豊川市に編入したので、現在はこの標識も無くなっていることと思います。

[宮下交差点]


宮下交差点で国道247号小坂井バイパスが左折方向に分岐します。ただし、左折方向はそのまま有料道路の小坂井バイパスに直結しますのでご注意を。
右折方向は国道151号でありまして、東名高速豊川ICもここを右折です。

[小坂井交差点]
小坂井交差点。
県道384号小坂井御津線が左方向に、県道495号小坂井谷川線が右方向に分岐します。

なお、旧R1である県道496号白鳥豊橋線はこのすぐ左側を国道1号と併走しています。

[小山交差点]
小山交差点。県道373号金野豊川線と交差します。
青看板は、なぜか左方向の地名が削除されてしまっています。

[佐奈川橋手前]
正面にある佐奈川橋を渡ると、次の豊川市だったのですが…。
詳細は次頁にて…。
調査日:2009/4
2010/4

 前へ(その3hへ)  次へ(その4bへ)
 戻る 
inserted by FC2 system