国道 Route.

 
国道1号

東 京・日本橋−大阪市・梅田新道

(その4b 愛知県内:豊川市−岡崎市)


 豊川市(旧小坂井町境界)から岡崎市美合町のほたる橋南交差点まで。特に中心市街地を走るという区間はないため、豊橋市内の区間に比べるとスムーズに走れると思います。

 

豊川市

[旧小坂井町・旧豊川市境界]
旧宝飯郡小坂井町と旧豊川市の境界。
2010/2に小坂井町から豊川市に編入したため、現在は市町村の境界ではなくなっています。

実は、前頁の豊橋市と小坂井町の境界を走った辺りまでは2009/4の調査だったのですが、小坂井町から先は2010/4の調査です。前頁では「小坂井町」がまだ存続していましたが、こちらの頁では調査日のタイムラグによって「小坂井町」は自治体としてはなくなった後となります。

[桜町交差点]
桜町交差点。
県道21号豊川新城線が右方向に分岐します。

[京次西交差点]
続いて京次西交差点。
県道31号東三河環状線と交差します。

両側は農地が続くためか見通しがよく、感覚的にも結構広々とした感じです。

[白鳥交差点]
白鳥交差点付近。名古屋まで60km。
この先からまた市街地に入るような感じです。

[国府駅前交差点]
国府駅前交差点。
右方向に名鉄名古屋本線の国府駅が位置しています。

[追分交差点]
追分交差点。右方向に県道5号国府馬場線、左方向に県道368号豊川蒲郡線が分岐します。

左方向の県道は、山手の辺りまで行くと林道に変わってしまうようですが…。

[御飯駅前]
御油駅前交差点。
右方向に名鉄名古屋本線の御油駅が位置しています。
名鉄名古屋本線は、この辺から岡崎市の辺りまで国道1号に併走しているため、国道1号沿線には名鉄の駅が定期的に設置されています。

 

宝飯郡 音羽町 (現 豊川市)

[赤坂町丁田交差点手前]
旧宝飯郡音羽町の地域に入ります。
2008年1月に豊川市に編入しているのですが、ここでは「宝飯郡音羽町」地域として独立に扱います。

以前市・町の境界だったところには、特にそれらしき道路構造物すら無い状態となっていました。

[赤坂町松本交差点手前]
音羽蒲郡有料道路入口まで2km。
東名高速音羽蒲郡ICまで2km。

…まぁ々交差点で左折すると音羽蒲郡有料道路、右折すると東名高速音羽蒲郡ICという仕組みなんですが。
詳細は後述。


[音羽町赤坂付近]
右側を名鉄名古屋本線が走っています。

[音羽蒲郡インター交差点]
音羽蒲郡インター交差点。
左折すると音羽蒲郡有料道路に入り、蒲郡市に向かいます。
右折方向は東名高速音羽蒲郡ICです。

東名高速に向かう車両が多いのか、右折レーンは2レーン取られていました。

[音羽町長沢]
この辺は丘陵地帯の谷間を抜けるような感じです。
国道1号や名鉄名古屋本線のほか、東名高速道路も併走していきます。もっとも、R1から東名高速は見えないと思いますが。

[関屋交差点]
関屋交差点。
旧R1である県道374号長沢国府線が合流します。

[長沢町西千束交差点]

 

岡崎市

[旧音羽町・岡崎市境界]


岡崎市に入ります。

[新箱根入口交差点]


新箱根入口交差点。
国道473号蒲郡方面が分岐します。

[本宿駅東交差点]
右側の建物は名鉄名古屋本線の本宿駅です。
駅の裏側には東名高速道路が走っているのですが、こちらからは見えず。

[本宿町沢渡交差点]


本宿町沢渡交差点。
国道473号東栄町方面はここを右折です。国道473号は静岡県浜松市を迂回するように山手をぐるっと走って、静岡県の御前崎市に至るというよくわからない路線なのですが…。

[岡崎市山綱町]
右はやはり名鉄名古屋本線です。

[山中小北交差点]
山中小北交差点。
県道324号生平幸田線と交差します。

[市場町交差点]
市場町交差点。
この先、右側に位置する名鉄名古屋本線の上を立体交差するため、上り坂となります。

[岡崎市藤川町]

[岡崎市藤川町]
左側は小さな工業団地のようになっていますが、看板の出ている「タカスエ」は物流会社だとか。

[美合町交差点]
美合町交差点。
左折すると名鉄美合駅に出ます。

この辺は国道を挟んで左側が新興住宅地、右側が農地となっています。

[ほたる橋南交差点]
ほたる橋南交差点。
左折すると県道48号岡崎刈谷線に入ります。
調査日:2010/4
 前へ(その4aへ)  次へ(その4cへ)
 戻る 
inserted by FC2 system