国道 Route.


国道1号 静清バイパス

静岡市・清水区−静岡市・駿河区

(R1 そのE)

 
 国道1号静清バイパスは、国道1号静岡市清水区興津から分岐し、国道1号現道の北側を経由して、静岡市駿河区丸子に至る24.2kmのバイパスです。途中、清水IC西交差点から唐瀬ICは自動車専用道路となります。

  

興津IC−清水IC西交差点

[興津IC400m手前]
由比町地区を通過したところで、国道1号は二手に分かれます。
直進方向がR1静清バイパス、インターを下りる方向がR1現道です。

左の画像は、分岐の手前400mの地点です。

[興津IC]


ここが、現道と静清バイパスの分岐点の興津IC。
直進方向がR1静清バイパス。

なお、興津ICは国道52号の分岐も兼ねていまして、国道52号方面に行く場合は、静清バイパスに入らずにこのICを下りて下さい。

[興津IC先]
静清バイパス区間に入ります。
なお、「静清」は「せいしん」と読んでください。

[清見寺IC]
まず最初にやってくるのは清見寺IC。
興津埠頭への最寄り出口であり、特に大きな道路との接続はないです。多分、利用するのはトラックばかりと思います。

[清見寺IC先]
JR東海道本線の跨線橋を兼ねている関係で、しばらく高架橋が連続していきます。

[清水区横砂東町]
気持ちよく連続立体交差方式の道路を走っていく…と思いきや、横砂東町で信号がありますので、ご注意を。この先はしばらく平面交差の交差点が続きます。

[清水区尾羽]
東名高速の清水ICまで1kmとの標識が出てきます。

[清水区庵原町]
県道75号清水富士宮線、県道338号清水インター線と交差します。
県道75号との+字路に、県道338号が新設されたような感じなので、ちょっと複雑な交差点です。

[東名高速 清水IC]
東名高速の清水IC。
ここは立体交差方式です。

[清水IC西交差点手前]
続いてやってくるのが清水IC西交差点。
県道54号清水停車場線と交差します。

  

八坂西IC−唐瀬IC

[八坂西IC]
自動車専用道路の起点がよくわかりませんでしたが、多分、最初にやってくる八坂西ICから先が自動車専用道路となるものと思われます。

[能島IC]
自動車専用道路に入ったためか、案内標識も緑色に変わります。
最初にやってくるのは能島IC。特に大きな路線との接続はないです。

[能島IC先]
連続立体方式が続くのですが、調査日現在では基本的に追越車線を走った方が賢明です(道交法を考えるとあまりよろしくないけれど)。
この先、車線の減少がありますので…。

[長崎IC]
続きまして、長崎ICにさしかかります。特段大きな道路との接続はないです。この静清バイパスの右側に木材団地という工業団地がありまして、そこへの最寄りICとなっています。

[鳥坂IC]
鳥坂IC。県道67号静岡清水線と交差します。

この先、車線減少があるため、R1静清バイパス本線を走る場合は、あらかじめ右側車線(追越車線)に入っておく必要があります。渋滞時は特に注意が必要です。

[対面通行]
対面通行区間に入ります。
静清バイパス全区間に言えることですが、一部に平面交差が残っていたり、突然の車線減少があったりして、まだまだ整備途上にあるんだな…ということが感じられます。

[島田 35km]
距離を示す案内標識が出てきますが、高速道路方式に準拠して近距離の順に地名が出てきます。
島田35km、浜松82km、名古屋190km。

[千代田上土IC
千代田上土IC。県道74号山脇大谷線と接続しています。
静清バイパスから日本平への最寄りインターです。

[千代田上土IC先]
車線が増加しますが、道路標示(ペイント)や脇に立つ看板の通り、本線(浜松・島田)方向は右側車線を、この先の唐瀬ICで下りる場合は左側車線を走ってください。

[唐瀬IC]
唐瀬IC。唐瀬街道と接続しています。
県立総合病院もここが最寄りインター。

[唐瀬IC先]
IC流出路を通過したところで、車線が減少します。
ちなみに、自動車専用道路区間はここまでです。

  

  

唐瀬IC−丸子IC

[賤機山トンネル]
賤機山(しずはたやま)トンネルにさしかかります。
ちょうど四車線化工事の最中でした。

[昭府IC手前]
賤機山トンネルの先はこんな感じになっています。

[昭府IC]
トンネルを抜けると、昭府ICがあります。
現状では、突然やってくる感じなので、注意が必要です。

[昭府IC]
昭府IC。工事中なので仕方ないのですが、減速車線が確保されていなく、突然流出路が伸びていくような感じです。

[青葉区上愛子]
立体交差化されている中を走ります。

[平和IC]
流入路がありますが、これは平和IC(大阪方面は流入専用)からのものです。この先、安部川を渡ります。

[千代IC]
千代IC。大阪方面は流出専用のICです。
県道29号梅ヶ島温泉昭和線が近くにあるのですが、そちらとは直接接続はしていません。

[羽鳥IC]
羽鳥IC。大阪方面は流出専用です。
国道362号と接続しています。

[藁科川橋]
藁科川橋を渡ります。
この400m先に牧ヶ谷ICがあります。

[牧ヶ谷IC]
牧ヶ谷IC。
何とここには信号機なんかもありますので、どうぞご注意を。

この先、丸子藁科トンネルにさしかかります。

[丸子IC]
丸子ICです。清水区で分岐していたR1現道とR1静清バイパスがここで合流します。まずはR1現道の東京・静岡駅方面への分岐です。

[丸子IC]
その後、R1現道からの流出路があって、静清バイパスは終わりです。
調査日:2009/4
 戻る 
inserted by FC2 system