国道 Route.

国道7号

新潟市−青森市

(その7 秋田県内:潟上市−能代市)

 国道7号は、長らく海岸沿いを走ってきましたが、秋田市から先は八郎潟の東側を通るために内陸ルートを走ることになります。遠くに見える八郎潟干拓地を左手に眺めながら走っていきます。

 

潟上市

 
[秋田市・潟上市境界]
天王町・昭和町・飯田川町が合併した市

秋田市から潟上市に入ります。
天王町・昭和町・飯田川町の3町が2005年3月に合併して誕生したとのことです。


[昭和男鹿半島IC手前]
左折:R101新道 / 右折:秋田道

少し行くと、秋田道・昭和男鹿半島ICに出ます。
ICを左折した場合は、R101新道に出ます。


[島潟交差点手前]
R290新津方面は左折

Up-Downもありますが、道路はストレートな区間が多いです。
飯塚でR285が分岐します。

 
[飯塚]
R285分岐

 

井川町

 
[潟上市・井川町境界]
左折すると旧道に入る。

井川町との境界付近で、R7旧道と合流します。
ここからはJR羽越本線と併走していきます。


[JR井川さくら駅]

 

五城目町

 
[井川町・五城目町境界]

R7の五城目町の区間は短いので、r219と分岐するとすぐに八郎潟町に入ってしまいます。
r219はおそらく旧R7に相当する道と思われます。


[大川三叉路]

 

八郎潟町

 
[五城目町・八郎潟町境界]

馬場目川を渡って八郎潟町に入ります。


[川崎付近]

町中を抜け、真坂付近で少し山手の道に入ります。
ちなみに、この辺りには「新潟から300km」のキロポストもあります。
下り坂を抜け、平地に出たところで、琴丘町に入ります。


[真坂付近]

 

琴丘町 (現・三種町)

 
[八郎潟町・琴丘町境界]
このあたりはずっと一直線

琴丘町からは、八郎潟(東部承水路)に沿って走っていきます。

※なお、これから走る三町(琴丘町・山本町・八竜町)は2006年3月に「三種町」となりました。三町を流れる三種川からとった名前とか。


[鯉川駅入口]


[左折:r54 / 右折:r37]

左方向は、田園風景と八郎潟干拓地が位置しているため、見晴らしがいいです。
ただ、冬期間は、飛雪防止用の柵がセットされるので、視界は遮られます。
(まぁそれ以前の問題として、柵がないと猛烈な地吹雪で視界が遮られるのですが…)

 

山本町 (現・三種町)

 
[琴丘町・山本町境界]

山本町は、特に大きな交差点もなく、すぐに通過してしまいます。

 

八竜町 (現・三種町)

 
[山本町・八竜町境界]

竜に化身した子供が八郎潟にすみついた…という竜伝説にちなむ八竜町。
八郎潟干拓地の北部に位置するため、八郎潟ともこの辺りでお別れです。


[大曲付近]


[大曲交差点]

大曲でR101と合流します。
ここから能代市までR101重複となります。

 
[八竜IC]

 

能代市

  
[八竜町・能代市境界]

坂の途中で、能代市に入ります。
下り坂を抜けて、浅内沼の横を走っていくと、浅内交差点に出ます。
ここで秋田自動車道(琴丘能代道路)と合流し、R7は左折です。

  
[浅内交差点]
R7は左折


[浅内交差点先]

能代市街に入り、芝童森交差点でR101と分岐します。
ここからはR7単独区間となります。

  

調査日:2005/10
 前へ(その6へ)  次へ(その8へ)
 戻る 
inserted by FC2 system