国道 Route.

国道7号

新潟市−青森市

 

(その8 秋田県内:能代市−大館市)

 能代市でR101と分岐すると、国道7号は奥羽本線に沿って内陸のルートを通っていきます。大館市でR103と分岐し、矢立峠で青森県に入ります。

  

 

能代市


[豊祥岱付近]

能代市の芝童森交差点でR101と分岐した後は、R7は東へと向きを変えます。

 
[東能代駅入口]

鶴形でY字の分岐があります。
旧街道との分岐と思われます。

 
[鶴形付近]

坂を下った後は、奥羽本線と併走していきます。


[鶴形付近]
画像左は、奥羽本線

 

山本郡 二ッ井町

 
[能代市・二ッ井町境界]

二ツ井町に入ります。現在は能代市と合併しています。
カタカナの「tsu」は、正式には促音の小さな「ッ」を書きます。案内標識を見ても、「ツ」は小さな文字で書かれています。
しばらくは奥羽本線に沿いながら山の麓を走っていく光景が続きます。


[富根駅入口]


[切石付近]
琴丘能代道路・二ッ井IC建設予定地

切石でr317(おそらく旧道)と分かれ、二ツ井バイパスに入ります。
橋・トンネルで山地を縫うように走り、信号もほとんどないので流れはかなりいいです。

あと、上の「切石付近」の画像のあたりですが、現在は秋田道の二ツ井町ICができております。


[二ッ井大橋手前]
この奥に二ツ井トンネル

 
[二ッ井高架橋]
r317と立体交差
この奥に「きみまち大橋」「きみまちトンネル」

二ツ井高架橋を過ぎると、きみまち阪自然公園が見えてきます。
明治天皇が名付けたという由緒正しき公園で、「きみまち」の名にちなんで色々な行事を行っているようです。
二ツ井町の東端でr3が分岐します。


[小繋付近]
r3分岐

 

北秋田市


[北秋田市境界付近]

山手の道の途中で、北秋田市に入ります。
二ツ井町の次にやって来たのは鷹巣町でしたが、鷹巣町は他の3町と合併して、北秋田市となりました。

 
[今泉付近]
r325分岐


[北秋田市深関]

綴子付近で、R105(鷹巣バイパス)と分岐します。
鷹巣町の町中は通らないのですが、R105の分岐までは交通量が多いかも。

 
[綴子付近]
R105は右折

糠沢でr200と分岐します。
この辺りから再び奥羽本線と一緒に走っていきます。

 
[糠沢付近]

 

大館市 (旧田代町−市役所前)


[北秋田市・大館市(旧田代町)境界]

鷹巣町の隣は、田代町でしたが、
田代町が大館市と合併したため、旧鷹巣町糠沢の先が大館市境界となりました。


[村上市・朝日村境界]


[登坂車線(標識は「おそい車」)]

少し上り坂があるたびに、登坂車線が出てきてくれます。
川口でr52が分岐します。

 
[川口・r52分岐]

 
[R103分岐]

大館市ではR103バイパスが分岐しており、そこから国道7号バイパス(R7大館西道路)に入ることができます。
その場合は、大館市の市街地をアンダーパスして北へと抜けることができます。
ここでは現道をそのまま走っていきます。

 
[大館消防署付近]

 
[幸町付近]

かつては、長倉交差点でR103現道が分岐していましたが、現在は旧道の扱いとなっているようです。
大館市役所前でR7は左へと曲がり、矢立峠へと向かっていきます。

  
[大館市役所前]

 

大館市 (市役所前−県境)

 
[左:大館市役所先 / 右:有浦付近(r2交点)]

大館市役所を通過し、奥羽本線を越えた先でR7大館西道路と合流します。
ここから先は、奥羽本線に沿って走っていきます。

 
[釈迦内付近]
R7大館西道路と合流

 


[白沢付近]
画像左端に奥羽本線が見える

市街地を抜けて、田園地帯・山道に入ります。
秋田県と青森県の境は矢立峠ですが、それほど険しくもないです。
峠の手前に道の駅があり、そのすぐ先で青森県に入ります。

 
[道の駅やたて峠付近]

調査日:2005/9
2006/9

 前へ(その7へ)  次へ(その9へ)
 戻る 
inserted by FC2 system