国道 Route.


国道8号

新潟市−京都市

(その3a 石川県内:加賀市−小松市)

 
 石川県に入り、加賀市から小松市東山町のR416交点まで。バイパス化も進んでいます。

  

加賀市

[牛ノ谷峠(福井県・石川県境界)]


牛ノ谷峠で石川県に入ります。
最初に走るのは加賀市。
 .

[加賀市熊坂町]
左にやってくるのはJR北陸本線。

[JR北陸本線]
JR北陸本線の下をくぐります。

[あわら市熊坂町]
熊坂町に出ます。
峠から人里に出るまで結構早かったような。

[熊坂交差点]
熊坂交差点。県道61号加賀インター線が分岐します。
この辺から片側二車線に変わります。

[花房(けふそ)跨線橋]
花房跨線橋を渡ります。
「はなふさ」と読むかと思いきや「けふそ」とふりがながありましたが…。

こちら側の国道8号下り線が走っているのは、四車線化前から使用されていた古い方の跨線橋。対向車線は新しい跨線橋を渡っています。

[曾宇交差点]
曾宇交差点で、県道142号荒木田原町線と交差します。

[黒瀬交差点手前]


この先の黒瀬交差点で国道305号と国道364号と交差します。
国道364号はここが終点。国道305号は、ここから箱宮ICまでR8重複です。

[加賀市黒瀬町]
黒瀬交差点を通過すると、車線が減少しまして、片側一車線になります。

[加賀市中代町]
北陸道(旧街道)をだいぶ前にバイパス化したと思われる道路。ちょっと古めな郊外型商業地域という感じです。
車線・路肩とも比較的広めにとられています。

[西島交差点]
西島交差点。
県道150号動橋山代線が分岐します。

[加賀市庄町付近]
この区間は、更にバイパス道路を造るような計画は特段無いようです。まぁ、先述の通り道路幅も比較的広く、意外と信号間隔も長いため、現状でも十分と思います。

[湯の国橋]
動橋川を湯の国橋で渡ります。

[松山交差点]
松山交差点で県道39号山中伊切線と交差します。
この辺は四車線化の工事中のようでした。

[分校交差点]
分校交差点。
県道43号丸山加賀線が分岐します。

ちなみにここの地名は「加賀市分校町」。交差点名は、特に学校の分校というわけではないようで。

[箱宮IC]


箱宮IC。長らく重複していた国道305号はここで分岐します。
以前は、左方向(現在はR305)に国道8号が走っていたのですが、2003年3月に小松バイパスが全線開通して少したった後に、左方向が国道305号に格下げとなり、小松バイパスが国道8号本線となりました。

[箱宮IC]
ここからは小松バイパスに入ります。
1986年11月の一部開通以来、約20年を経て2003年3月に全線開通しました。ほぼ全線立体交差式となっています。

  

小松市

[加賀市・小松市境界]


小松市に入ります。
この辺は1992年に開通した区間なのですが、案内標識はだいぶ古くなっていました。

[二ツ梨IC]
だいたい1km〜2kmおきにICがやってきます。
まず最初は二ツ梨IC。県道156号高塚粟津線と交差しています。

[粟津IC]
続いて粟津IC。
県道11号小松山中線が分岐します。

[小松市津波倉町]
津波倉町付近には駐車帯が設置されています。

[木場IC]
木場ICを通過します。
接続するのは市道だけであるためか、青看板は小さなタイプ。

[小松市木場町]
木場町付近にも駐車帯が設置されています。

[蓮台寺IC]
蓮台寺IC。
道の駅こまつ木場潟の最寄りICでもあります。

[東山IC]


東山IC。
国道416号に接続しています。
調査日:2010/8
 前へ(その2dへ)  次へ(その3bへ)
 戻る 
inserted by FC2 system