国道 Route.


国道8号

新潟市−京都市

(その5e 新潟県内:柏崎市−刈羽村)

 
 引き続き海沿いを走っていくのですが、鯨波から先は日本海とお別れして、内陸の長岡市へと向かっていきます。ちなみにですがこのうち前半の海沿いの区間は、日本の国道の中で作者が一番好きな区間です。(まぁ色々思い入れもありますので…)

  

柏崎市・米山町〜笠島

[旧柿崎町・柏崎市境界]



柏崎市に入ります。
左側に日本海とJR信越本線が位置しています。

カントリーサインは雷様と米山??

[米山海岸P]

[JR米山駅手前]
JR信越本線との併走区間はこのあたりで終わりです。

[柏崎市米山町]
米山駅入口を通過したところで、上り坂区間に入ります。
ここからは急峻なUp-Down区間が続きます。

景色はとても良いのですが、脇見と横風には十分ご注意を。

[米山トンネル]
この先、柏崎市街にかけては上り坂が何度もあるのですが、比較的高い頻度で登坂車線が現れます。

米山トンネルに入ります。

[上輪]
米山トンネルを抜けて上輪(あげわ)に入ります。

[胞姫橋]
胞姫橋と上輪橋を渡ります。
かな〜り高いところに橋が架かっているのですが、下には上輪地区の民家も存在しています。橋の上からゴミを投げ捨てるのはもってのほかですので、やめましょう。

[上輪新田]

[芭蕉ヶ丘トンネル]
芭蕉ヶ丘トンネルを通過します。

[笠島]
笠島に入ります。
この先に見えるトンネルは笠島トンネルです。

[北陸道 米山IC]
北陸道の米山ICです。
併設の米山SAから見る日本海の眺めが本当に良いのですが、米山ICから高速に入った場合は、残念ながらSAには行けません。
(2km先に設置されている下り線SAも行けません)

 

柏崎市・青海川〜鯨波

[道の駅風の丘米山1.5km手前]
引き続き高台を走っていきます。

[米山大橋]
米山大橋を渡ります。上輪橋と同様、ずっと下には民家が位置していますので、ゴミの投げ捨てはやめましょう。

ちなみに、日本海にもっとも近いと言われる青海川駅(おうみがわえき)は、この下に位置しています。
暴風時は風が橋梁上にモロに来ますのでご注意を。


[日本海フィッシャーマンズケープ]
日本海フィッシャーマンズケープに出ます。
鮮魚がこれでもか!というほど売られていますので、お時間あるときは休憩がてら寄ってみるといいかも。

[薬師堂海岸]
薬師堂海岸の脇を通過します。
ここまでの区間、それぞれの地区ごとには必ず海水浴場が設置されています。そんなに距離は離れていないのに、海水浴場ごとに全く雰囲気が異なるのがおもしろいところ。
(有名な湘南の海岸とは正反対の地形です(笑))

個人的には石地や野積よりも好きだったりします。
それほど混雑しないし。

[鯨波交差点]
鯨波交差点です。
ここから先、国道8号は日本海とお別れして、内陸の道へと進んでいきます。ちなみに、ここから先で日本海に国道8号が併走する区間はないです。(一桁国道だと、国道7号の山北町あたりまで行かないと…)

[鯨波]
鯨波のUp-Downです。
上り坂となる反対車線には登坂車線があります。

[鯨波]

  

柏崎市・天神町〜土合

[寿町交差点手前]
寿町交差点。
ここを左に曲がると、柏崎港に出ます。

[米山台]
その先、またUp-Downがあります。
一応、柏崎市街までの区間としてはこれが最後です。

[柳橋町]


柳橋町でR352およびR353と交差します。交差点が連続しているために信号間隔が変則的になっているおり、夏場や休日はここを先頭に渋滞が発生しやすいようです。

[宝町]
柏崎の市街地を走っていきます。
信越本線を挟んで南側を走りますが、郊外型の商業地域が続きます。

[国道252号日吉交差点]



日吉町で国道252号と交差します。
柏崎市では一番大きな交差点でしょうか。
距離表示で「柏崎」と案内標識に出た場合は、たぶんこの交差点までの距離を指すものと思われます。

[r152r11田塚交差点]
田塚交差点にて県道152号・県道11号と交差します。

[小金町]

[原町]
原町です。
現在、この先から市街地を南側に迂回するバイパスが計画中です。
ここまでの道は、バイパス開通後はおそらく国道8号ではなくなっているものと思われます。

[土合]
土合で県道215号と交差します。

  

  

柏崎市・長崎〜曾地

[長崎交差点・国道116号分岐]



長崎交差点で国道116号が分岐します。国道8号は新潟市まで行きますが、柏崎からだと国道116号を走った方がショートカットできます。
道も国道8号と比べて遜色ないですし…。

[花田付近]
田園地帯を一直線に入り抜けます。

[北陸道と立体交差]
北陸道の下をくぐります。
国道8号とほぼ同じルートを走っている北陸道ですが、柏崎−長岡の区間はちょっと北側にそれまして、西山町を経由するルートをとっています。

まぁ、西山町と言えば田中角栄の地元ですから…。

[曾地中交差点]
曾地中交差点で県道73号と交差します。

[曾地]


ここから先、異常気象時通行止となる区間です。
ずっと上り坂が続くのですが、登坂車線もずっと続いているので比較的スムーズに走れます。

  

刈羽村 ※一部柏崎市区間あり

[柏崎市・刈羽村境界]
カントリーサインは長岡市側のもの



刈羽村に入ります。
なぜ合併しないで自立できるかと言えば、原発が立地していることによる交付金収入があるからなんですね。

[赤田トンネル]
赤田大橋を渡り、赤田トンネルに入ります。

[赤田トンネル先]
赤田トンネルを出ると下り坂基調の道に変わります。

実はこの先、一旦柏崎市に入ります。境界が入り組んでいるうえ、刈羽村が飛び地を持っている関係で、ちょっと境界が複雑になっています。

[鳴滝橋]
で、ここから長岡市に入るまでの区間は、ラブホテルが乱立しています。ちょっと山奥のところであり、刈羽村も飛び地であるため、結構設置基準が緩くなっているんでしょうか。

あたりに何もなく、国道沿いに位置するため、立地条件としては最良ですが…。

[柏崎市五十土]
五十土で県道433号が分岐します。

[刈羽村黒川]
この区間、唯一ある信号です。
バス停があるので、信号も設置したんでしょうか…。

[刈羽村黒川]
調査日:2008/4
 前へ(その5dへ)  次へ(その5fへ)
 戻る 
inserted by FC2 system