国道 Route.


国道8号

新潟市−京都市

(その5g 新潟県内:見附市-三条市)

 
 長岡市から続いてきた両側四車線のバイパスは見附市まで続きます。その後、栄町地域(現三条市)、三条市と走り抜けていきます。

  

見附市

[中之島町・見附市境界]
見附大橋を渡り、見附市に入ります。

[見附市街入口]
見附市は、見附市役所付近の見附市街地と、今町を中心とする今町市街の二つに大きく分かれています。その間を国道8号が貫いている…という地理関係。

かつてはこの一帯、両方の市街地の狭間にあり、周囲は一面の田園地帯だったのですが、今は見ての通り郊外型の商業施設が建ち並んでいます。

[r20(栃尾方面)交点]
県道20号栃尾方面と合流します。

[r20(中之島方面)分岐]
続いて今町交差点で県道20号中之島方面が分岐します。

[今町五丁目]
今町の市街地を走っていきます。
古くからの市街地は国道8号の左側に広がっているんですが。

[坂井町・r337交点]
見附市区間の北端、坂井町にて県道337号が分岐します。

[坂井町・r497交点]
その先、県道497号と交差します。
県道497号はかつてこのバイパスができるまでは国道8号であった道です。

 

栄町地域 (現 三条市)

[見附市・栄町地域(三条市)境界]
栄町地域に入ります。
現在は合併して三条市となっています。

[千把野・r256交点]
千把野で県道256号と交差します。
この先、車線が減少します。

[荻島付近]


車線は減少してちょっと交通密度も高くなりますが、特段大きな交差点はなく、信号間隔も長いので、それほど混雑はしません。
上越新幹線と再び立体交差します。長岡市新組以来?

[福島新田]
福島新田交差点。
国道8号は一直線です。

流通関係の会社が建ち並んでいます。

[獅子場]

 

 

三条市・土場〜下須頃

[猪子場]
栄町が三条市に合併するまで、この先のあたりが栄町と三条市の境界でした。
車線が片側1→2車線に増えます。

[土場南交差点]
右側に流れる直江排水路に沿って走っていきます。

[直江二丁目]

[大野畑交差点・R403交点]
大野畑交差点。国道403号(長岡方面)と交差します。
この先、三条大橋を渡って須頃交差点まではR403重複です。

[三条大橋南詰]
信濃川にかかる三条大橋を渡ります。
昔はこの先の信濃川対岸に三条競馬場がありまして、開催日は必ずと言っていいほど渋滞が起きていました。今は三条競馬場でレースが行われなくなり、三条大橋自体も四車線化され、だいぶ変わったな…という感じです。

[r250・r1上須頃南交差点]
三条大橋を渡り、次の上須頃南交差点で県道250号・県道1号と交差します。

[下須頃北交差点]
郊外型の商業地域です。

[R289下須頃三交差点手前]
三条市の交通の要衝、下須頃三交差点が近づいてきます。
国道8号と国道289号が交差する大きな交差点です。

ちなみに、正面に見える高架橋はJR弥彦線の高架橋です。

[R289下須頃三交差点]
下須頃三交差点。

左折(国道289号): 燕市、北陸道三条燕IC
直進(国道8号): 新潟市
右折(国道289号): 加茂市、三条市街

この先、国道8号の車線も減少するため、三条市区間で混雑するとなるとだいたいこのあたりが先頭です。

 

三条市・下須頃〜代官島

[下須頃]
ここから先は片側一車線区間です。
いきなり田園&果樹園地帯に入るため、これまでとは雰囲気ががらりと変わります。

[大島病院入口]

[大島]
このあたり、地図で見るとよくわかるのですが、信濃川と中之口川に挟まれた中州のようなところを国道8号が走っています。

三条市大島のちょうどこの辺が、中州の中でも一番狭くなっているくびれのようなところになっています。(地図がないと説明しづらいけれど…)

[32kmキロポスト]
特に大きな交差点もないので、車の流れは比較的スムーズです。

[大島小前]

[r537代官島交差点]
代官島で県道537号が分岐します。
調査日:2008/4
 前へ(その5fへ)  次へ(その5hへ)
 戻る 
inserted by FC2 system