国道 Route.

 
国道9号

京都市−下関市

(その1e 京都府内:福知山市−夜久野町)


 福知山市東堀のR175交点から旧夜久野町地域(現福知山市)まで。京都府最後の区間です。

 

福知山市・東堀〜牧

[東堀交差点先]
東堀交差点の先。高架橋の下を走っていきます。
立体交差化工事の真っ最中でありまして、近いうちに国道9号本線もこの上の高架橋に切り替わると思いますが…。鳥取市までは123km。

[福知山市堀]
調査日当日は、この辺で高架橋もぷっつりと途切れていました。
この先に見える信号は西堀交差点のものでして、県道8号福知山綾部線と交差します。土師新町付近で分岐していた旧道ルートとは、ここで合流します。

[JR福知山線跨線橋]
JR福知山線の跨線橋を渡ったところで、車線が片側二車線に増加します。この辺もちょうど四車線化工事の最中のようでした。

[広峯交差点手前]
郊外型の商業地域を走っていきます。
JR福知山駅はここを右折したところ。

[福知山市西羽合]
少し走ったところで、また車線が減少します。
この先、登坂車線などを除くと、鳥取付近まで(だいぶ先ですが…)はずっと片側一車線です。

[下篠尾交差点]
正面に見える高架橋はJR福知山電車基地に向かう線路です。
その下の下篠尾交差点で県道523号福知山停車場線篠尾線が分岐します。

[新庄交差点]


新庄交差点で国道429号が分岐します。
国道とは言え400番台の常、この先に狭路を含むためか隣の丹波市青垣町のみ案内標識に記載されている状態です。

この国道429号が岡山県倉敷市まで続くとはとても思えず…。

[福知山市岩井]

[JUSCO前]
この辺も一応片側二車線なのですが、突然車線減少したり、突然車線増加したりを繰り返す変な区間です。まぁ郊外型の商業地域なので、店舗に向かう右折車両が出たら後続車が渋滞しないように…という程度なのかもしれませんが。

[福知山市荒河]
右急カーブです。
この辺は山裾を縫うように国道が走っていくので、妙なカーブを繰り返します。

[左カーブ]

[異常気象時通行規制予告]
「異常気象時通行規制予告 連続雨量200ミリに達した時」

数字がデカいです(笑)

[牧交差点]


牧交差点。
舞鶴市へ向かう国道175号が分岐します。実は東堀交差点からここまで国道175号・国道176号の重複でしたが、特段おだんごなどは見られず…。

 

福知山市・牧〜梅谷

[牧川]
牧交差点からは牧川に沿って走っていきます。

[福知山市野花]

[野花交差点]


野花交差点で国道426号が分岐します。
右折すると兵庫県豊岡市へと向かいます。

[93kmキロポスト]

[r109分岐]
県道109号福知山山南線が分岐します。
交差点に信号はありますが、押しボタン式でした。

[福知山市上小山]
この辺の国道9号は牧川に沿っているわけですが、牧川自体がうねうねと曲がっているため、国道9号もカーブが見られます。

[福知山市猪野々]

[福知山市猪野々]
JR山陰本線も近くを走っているのですが、JR線の方は牧川を挟んで反対側を走っています。

[福知山市梅谷]

 

夜久野町 (現 福知山市)

[旧福知山市・旧夜久野町境界]
この辺から夜久野町地域に入ります。
2006年1月の合併までは天田郡夜久野町でした。

[夜久野トンネル]
夜久野トンネルにさしかかります。
長さは153mと短いトンネル。古めのトンネルでありまして、入口には
「歩行者に注意」とこれまた古めかしい字体で看板が出ています。

[額田交差点]
夜久野トンネルを抜けまして、県道707号小坂青垣線と交差します。この辺は郵便局やJR夜久野駅・旧夜久野町役場などがありまして、夜久野町の中心部です。

[異常気象時通行規制区間]
異常気象時通行規制区間に入ります。
国道175号分岐の新庄交差点手前にあったあの標識は、ここのことを指してます。

[規制区間終点]
規制区間の方は1.2km程度で終わります。他の区間と比べても小規模でありまして、特に強調するほどのものではないんじゃないかな…という感じです。まぁ、国道9号の場合は、迂回路に乏しいという事情もあるでしょうけど…。

[左カーブ]
牧川の上流部に向かっているので、山がちになります。
それほど急峻なところではないですが。

[日置交差点]
県道526号談夜久野線と交差します。
「談」・「夜久野」を結んでいるのですが、「夜久野」は当然にこちらの夜久野町、「談」は旧福知山市域にある「談」という地名です。

[福知山市夜久野町高内]
この先でJR山陰本線のガード下をくぐるのですが、その手前で県道56号但東夜久野線が右方向に分岐しています。

[福知山市夜久野町小倉]
京都府区間も大詰め。
この先の道の駅「農匠の館 やくの」まで600m。

[道の駅農匠の館やくの]
道の駅「農匠の館やくの」を通過します。
かつて「ドライブインやくの」だった施設が、道の駅の認定を受けたものです。

この先のカーブを抜けると、すぐのところが京都府と兵庫県の境界です。
調査日:2010/5
 前へ(その1dへ)  次へ(その2aへ)
 戻る 
inserted by FC2 system