国道 Route.

 
国道9号

京都市−下関市

(その4f 島根県内:江津市−浜田市)


 江津市・浜松市どちらもバイパスとの分岐がありますが、ここでは現道の方を走っていきます。。

 

江津市・黒松町〜渡津町

[大田市・江津市境界]


江津市に入ります。
瓦生産が盛んなためか、カントリーサインは瓦のイラスト。

[江津市黒松]

[江津市後地]
すぐ右側にJR山陰本線が走っているのですが、木々が茂っているために見えません。

[江津市後地]

[r177交点]
県道177号大田井田江津線と合流します。
旧山陰道は県道177号のルートをとっていました。現在の国道9号は海沿いを経由してきたわけですが。

[左カーブ]

[浅利隧道]
浅利隧道に入ります。
こちらのトンネルは、今までと違って卵形でなく、比較的新しいようでした。

[江津市渡津付近]
この先、JR山陰本線を跨線橋で渡って、線路の向こう側へと出ます。

[新井橋]
江津市街が見えてきます。

[江津バイパス東口交差点]


江津バイパス東口交差点。
直進方向が国道9号江津バイパス、右折方向が国道9号現道です。
現道主義に基づき、ここでは右折していきます。

 

江津市・渡津町〜波子町

[江川橋]
江川橋で江の川を渡ります。
「江津市」の名称も、江の川河口にある津(港)という意味にちなむとか。

[江津駅前交差点]
JR江津駅前を通過します。
地図を見ても、JR時刻表でも「江津駅」が正しいようなのですが、なぜか交差点名の案内標識は「江津
駅」と余分に"市"が入っていました。

[江津市嘉久志町]
江津市の市街地を走っていきます。
確かにこれは混雑しそうな感じ…。バイパスが必要だったのかも。

[嘉久志町交差点]
県道330号江津インター線との交差点。
左折すると、山陰自動車道江津ICに出ます。

渡津町で分岐していた江津バイパスは、江津ICから先が有料区間の山陰自動車道に変わるので、江津バイパスに入ったものの無料を希望…という車両はここでR9現道に戻ってきます。

[江津市和木町]
続いて細川西交差点で県道43号鳥取福部線が分岐します。
ここを左折した方向に旧福部町役場やJR福部駅が位置しています。

[江津市都野津]

[都野津町西交差点]
都野津町西交差点で県道297号皆井田江津線が分岐します。

[江津市敬川]
もう景色も郊外っぽくなりました。

[敬川橋東詰交差点]
敬川橋東詰交差点。
県道299号下府江津線が分岐していまして、左折すると山陰自動車道江津西ICに接続できます。

[江津市波子町]
JR山陰本線の上を渡ります。
画像だとあんまりわかりませんが…。

正面に海が見えます。

[江津市波子町]
波子町付近。ちょっぴり海沿いを走ります。
国道9号は日本海沿岸を結ぶ国道でありますが、シーサイドの区間はあんまり無かったりしまして…。

 

浜田市

[江津市・浜田市境界]


浜田市に入ります。
イラストは「浜田市の魚」であるカレイ。

[浜田市久代町]
石見海浜公園を通過します。
正面に現代的デザインの歩道橋(?)が見えます。

[浜田市久代町]

[海浜公園入口交差点]
海浜公園入口交差点。県道254号「はまだリゾート線」が分岐します。
何となく県道名が軽いような気も…。

[450kmキロポスト]
450kmキロポストを通過します。
正直、450km以上の国道となると、R4・R9・R1・R8・R2・R45・R7・R42・R10の九路線しかないわけでありまして…。そういう意味では、国道9号は450kmキロポストを拝める数少ない貴重な国道であるわけです。
…まぁどうでもいいけど(笑)

[王水道交差点]
王水道交差点で県道50号田所国府線が分岐します。

[浜田バイパス東交差点]


上り坂を通過しまして、浜田バイパス東口交差点で国道9号浜田バイパスが分岐します。

ここでこのまま直進して、国道9号現道を走っていきます。

[浜田市長沢町]
しばらくは下り坂です。

[長沢交差点]
長沢交差点の手前。
JR浜田駅や浜田市街はここを左折した方向です。

[浜田市浅井町]
この左の辺りがJR浜田駅です。
もっとも、浜田市の表玄関は線路を挟んで反対側にあるのですが。

[田町交差点]
田町交差点。
JR浜田駅へはここを左折です。

[殿町交差点]


この先の殿町交差点で国道186号が分岐します。
この辺は浜田市役所もあるところでして、文字通り浜田市の中心地です。
調査日:2009/9
 前へ(その4eへ)  次へ(その4gへ)
 戻る 
inserted by FC2 system