国道 Route.

 
国道9号

京都市−下関市

( 終章 下関市 )
 


 国道9号の最後の最後。山口市小郡から長らく国道2号重複となっているのですが、下関市長府印内町から再びR9単独区間となり、下関駅前を通過したところで終点となります。

 

下関市・長府印内町〜前田

[下関市長府印内町]


下関市長府印内町の印内町交差点で国道2号から国道9号が分岐します。長らくR2重複となっていた国道9号は、ここから再び単独区間に戻ります。

[鳥居前交差点]
鳥居前交差点。
県道246号長府前田線が分岐します。

[下関市長府黒門東町]
「下関駅 7km」

国道9号は下関駅前まで続くので、この標識は国道9号の残り区間が実質7kmであることを示しています。

[大雨の時の通行止区間]


「大雨の時の通行止区間 これより5Km」

ここからは海沿いを走る区間に入るため、大雨・波浪の際は通行止になってしまいます。下関市長府印内町→下関駅前のルートは海沿いを走るR9のほか、内陸を走るR2→県道57号のルートがあるので、R9が通行止になっても迂回路は一応あるのですが…。

[関門橋]
正面に関門橋が見えてきました。
かなり巨大な構造物であるためか、結構遠くにあるはずの関門橋が、すぐ近くにあるかの如く錯覚してしまいます。

[下関市長府高場町]
左側に山が見えますが、あちらは北九州市。
関門海峡を挟んですぐ向こうは、もう九州です。

[前田交差点]
前田交差点付近。鳥居前交差点で分岐していた県道248号長府前田線とここで合流します。

丘の上に住宅地が広がっていますが、天然の良港はこういう地形が多いように思います。

 

下関市・前田〜下関駅前

[日原駅入口]
下関市の区間は、急峻な地形の中、海岸沿いに国道が走っているので、海岸線に沿って国道9号もくねくねと曲がります。
カーブが頻繁に登場します。

[みもすそ川交差点]
みもすそ川交差点。
火の山公園はここを右折したところにあります。

正面に見える建物は関門トンネル人道入口。歩行者はここから関門トンネルに入って、九州に出ることができます。

[関門橋の下]
関門橋の下。橋脚のすぐ近くを通過します。

ちなみに、この付近が「早鞆の瀬戸」と呼ばれるところでありまして、関門海峡の中で一番狭まっている辺りです。現代でも船舶通行の難所とされ、海事上の事故多発地点なのだとか。

[赤間神宮前]
赤間神宮前を通過します。
壇ノ浦の戦いで入水した安徳天皇を祀っています。

[唐戸交差点]
唐戸交差点。
県道57号下関港線が分岐します。

[下関市観音崎町]
市街地へ入って行きます。
車線が片側三車線に増えます。

[下関市豊前田町]

[下関駅前]


下関駅付近。この左側が駅になっています。
正面のガードをくぐると、日本で延長第二位を誇る国道9号も終わりです。

[下関駅西口交差点]
国道9号の終点である下関駅西口交差点。
右方向に進むとそのまま国道191号へと入ります。
調査日:2009/9
 前へ(その5bへ)
 戻る 
inserted by FC2 system