国道 Route.


国道13号

福島市−秋田市

(その6 秋田県内:千畑町−秋田市)

 
 大曲市内はバイパスになっているため、スムーズに走れます。一部では片側二車線化の工事が進められています。神岡町地域では神宮寺バイパスが建設中なので、バイパス供用後は沿線風景もガラリと変わるものと思われます。

  

仙南村−六郷町 (現・美郷町)

[美郷町]
仙南村(現・美郷町)に入ります。

[仙南村・野荒町]
地方国道らしい景色です。

[仙南村・六郷町旧境界付近]
その後、県道11号(角館街道)と分岐します。

[六郷町]

[大曲BP南交差点]
大曲市の境界手前で旧R13との分岐があります。
左折すると旧道に入ります。

 

  

  

大曲市 (現・大仙市)

[六郷町・大曲市境界]
大曲バイパスに入ってすぐのところで大曲市に入ります。
バイパス南側区間は、信号の間隔も長く、快走できます。

[県道13号交点手前]
車線は片側二車線に増えます。

左画像は、国道13号と県道13号の交点。
いわゆるスペシャルクロスというヤツです。

[富士見高架橋・R105交点手前]




富士見高架橋を渡ったところで、R105と交差します。

[玉川橋]
玉川下流に架かる玉川橋(そのまんま)を渡ります。
片側二車線化工事が進んでいました。

[玉川橋北詰・花立]
玉川橋を渡ったところで、R13は左へカーブします。
将来はここから神宮寺バイパスができるとか。

  

神岡町 (現・大仙市)

[神宮寺]
神岡町です。
神宮寺・北楢岡の二町村が昭和の大合併で「神岡町」となったのが元なのですが、平成に入って大曲市ほかと合併して「大仙市」となると、「神岡」の名前は消失し、神宮寺・北楢岡の字だけに戻ったそうです。

[神宮寺駅付近]

[小路袋]
神宮寺を抜けると、また田園地帯です。

[道の駅かみおか]
道の駅「かみおか」。
来場者数が以前通り問題なければ良いのですが…。

  

西仙北町 (現・大仙市)

[西仙北町刈和野]
仙北郡の西に位置していたことから、昭和の合併で発足した「西仙北町」
刈和野市街地を迂回するバイパスができまして、かなり快走できるようになりました。

まぁ、市街地を迂回するので、走行距離は長くなってしまいましたが…。

 

  

協和町 (現・大仙市)

[旧R13と合流]
仙北郡(大仙市)の最後に位置する協和町です。
国道13号旧道と合流します。

[半仙]
山の麓を走るので、沿線風景も山がちです。

[上淀川・R341交点]




Up-Downがあった後、まず国道341号(雄和・本荘方面)と分岐します。

[国道46号交点]




その後、国道46号が分岐します。
ちなみに、ここから秋田市まではR46重複となっています。

[船岡]
県道28号と交差します。
ここからまたUp-Downが待っています。

[船沢]

 

河辺町 (現・秋田市)

[協和町・河辺町境界]
河辺町地域に入ります。
坂を下りきったところで、奥羽本線と併走します。

[旧R13と合流]
左側には奥羽本線が走っています。
秋田新幹線こまちとすれ違うこともあります。
頻度は低くないと思いますが…。

[和田駅入口]
河辺の市街地、和田です。
片側二車線化の工事をやっていました。

 

秋田市

[秋田IC]
秋田自動車道秋田ICの手前から片側二車線に変わります。
御所野まで信号もないのでかなりスピードを出してしまいますが、上下線ともオービスがちらちらしていますので、ご注意を…。

[御所野湯本]
御所野ニュータウンの脇を通過します。
小高い丘に位置して居るんですが、かなり都会的な雰囲気です(笑)

[四ツ小屋]
最後のUp-Downがあった後、県道41号と立体交差します。
私事ですが、この県道41号はなかなか使える国道でして、秋田市中心街に出るならば混雑するこの先の県道26号・28号を使わず、ここで手形方面に入った方が早いように思います。

この先、交通量が多くなります。

[仁井田・r61交点]
郊外型商業地域に入ります。
休日は結構混みます。

[牛島付近]

[茨島交差点]
R7臨海バイパス全通までは、国道13号の終点であった茨島交差点です。
市役所・県庁方面に抜ける県道56号、本荘市方面に向かう旧国道7号と、それだけでも混雑必至なのですが、見てのとおりだいぶにぎやかな所なので、特に休日はここを起点として渋滞が展開されます。

[川尻若葉町]
茨島交差点を抜けると、流れもよくなります。
まぁ、信号の間隔も長くなりますので…。

ちなみに、R7臨海バイパスが全通するまでは、ここは国道7号だったところでした。

[臨海十字路]




国道7号臨海十字路で国道13号は終点です。
だいぶ大きな交差点です。
調査日:2007/5

 前へ(その5)
 戻る 
inserted by FC2 system