国道15号

東京・日本橋−横浜・青木通

(その2 東京都内)

 神奈川県境から新橋までが「第一京浜」、新橋から先は「中央通り」に変わります。中央通りは、文字通り東京の「中心」と言った感じで、銀座・京橋と走り抜け、日本橋で起点に至ります。沿線の地価は、全国道1位になるんじゃないかな…というくらい一等地を走っていきます。

 
 

   大田区   
 
[南蒲田]
 東京都内に入って、蒲田付近はずっと直線の道路が続きます。南蒲田で環八通りと交差します。そこを通過したところで、京急蒲田の踏切に出ます。

[環八通り・南蒲田]
救急車が走っています。
 作者はこの光景を初めて見たときは、思わず「うそだろう!」と思ってしまいました。何と、国道15号には普通に踏切があるのです。それも貨物線ではなく、京浜急行の羽田空港線という過密路線が…。天下の第一京浜に堂々と踏切を作るとは京急すごい!

[京急線・蒲田踏切]

 
 

   品川区   


[大森海岸付近]

 大森で環七と立体交差すると、車線が一気に増えます。下りの場合は、R131も立体交差になりますが、片側一車線の変な立体交差になっています。
 八ツ山橋でUp-Downをすると、港区に入ります。JR品川駅はその後に見えます。品川駅って、実は品川区ではなく港区にあるのでした。


[八ツ山橋付近]

 
 

   港区   


[芝付近]

 港区芝でR130と分岐します。R130は全長500mほどの短い国道。レインボーブリッジの下道を通りたい場合は、R130から連絡道路に入るのが便利です。

 
[金杉橋付近]

この先、首都高との立体交差が多くなります。
まず金杉橋で首都高都心環状線の下をくぐります。

浜松町駅近くを通過し、JR線のガードを抜けると新橋駅前に出ます。
ここから先は地下道が分岐してまして、混雑する銀座・日本橋を避けて上野近くまで直通できます。
残念ながら、二輪車通行止めとなっていますが…。

 
[新橋駅前]
新橋地下道を通ると上野へ抜ける

 
 

   中央区   

[銀座七丁目交差点]
新橋駅の先で首都高都心環状線(東京高速道路)をくぐると、景色がガラリと変わって銀座一帯に出ます。
高級感のただよう街並みであります。
時計台(和光ビル)の立つ銀座四丁目はよく映画で出てくる交差点です。
日本で一番地価の高いところと言えば、ここですね。


[銀座四丁目]
左の時計台が和光ビル

 


[銀座通り口交差点]
銀座通り口交差点で東京高速道路をくぐり、京橋に出ます。
ここから先は、ビジネス街なので、落ち着いた雰囲気に変わります。

[八重洲通り]
その後見える高架橋(都心環状線)の下が、R15起点の日本橋です。
横浜側から走ってきたときはあんまりわからないですが、その手前の日本橋交差点で国道1号と合流し、短い重複の後、日本橋で起点に至ります。
 
[日本橋]
日本国道路元標のあるところ

調査日:2002/9/5
2003/9/5

戻る Return その1へ to part.1

inserted by FC2 system