Route.
国道16号

 〜 東京環状 〜
【起 点】 横浜市・高島町交差点
【終 点】 横浜市・高島町交差点
【延 長】 252km+海上区間
【概 要】
 横浜市西区の高島町交差点を起点に、町田市・相模原市・八王子市・川越市・さいたま市・春日部市・柏市・千葉市・木更津市を経由して東京湾を挟んで対岸にある横須賀市に入り、また横浜市に戻ってくるという環状道路です。東京都心から30km圏内を結んでいるのですが、いずれの区間でも渋滞は必至です。
 1952年の一級国道指定当時の「国道16号」は横浜市と横須賀市を結ぶ区間のみであり、残る区間のうち横浜市→千葉市は「二級国道129号東京環状線」となっていました。その後、1963年4月の路線変更指定により「横浜市→(旧R129)→千葉市→(旧R127)→富津市→(相当路線無し)→横須賀市→(旧R16)→横浜市」を「一級国道16号」として編成。環状化された路線として現在に至ります。
【内 容】
(その1a 神奈川県内:横須賀市)
 軍港を結ぶ横須賀街道として早くから道路整備されてきました。古い隧道群が歴史を物語ります。
(その1b 神奈川県内:横浜市・金沢区−磯子区)
 横浜市に入り、磯子区の八幡橋交差点まで。各種環状道路に入る車両も多く…。
(その1c 神奈川県内:横浜市・磯子区−西区)
  横浜市の中心市街地を走り、高島町交差点で横須賀街道が一旦終わります。

(その2a 神奈川県内:横浜市西区−保土ヶ谷区)
 ここからは八王子街道に変わります。生活道路のような道路ですが。
(その2b 神奈川県内:旭区−大和市)
 いつも渋滞している横浜町田IC付近を通過します。途中、東京都町田市区間も含みます。
(その2c 神奈川県内:相模原市)
 直線的ですが、孤高な一本道です。

(その3a 東京都内:町田市−八王子市)
 八王子バイパスは走らず、現道を走って行きます。
(その3b 東京都内:昭島市−瑞穂町)
 横田基地や市街地を迂回していくルートです。

(その4a 埼玉県内:入間市−狭山市)
 片側一車線区間は拡幅工事中。
(その4b 埼玉県内:川越市)
 中心市街地を迂回するための大カーブが特徴的。
(その4c 埼玉県内:さいたま市・西区−北区)
 長い高架橋を渡ったり、R17と重複したり…。交通量もピークです。
(その4d 埼玉県内:上尾市−さいたま市・見沼区)
 上尾市から再びさいたま市に入り、見沼区・岩槻区を走って行きます。
(その4e 埼玉県内:春日部市)
 落ち着いた区間かな…と言う感じです。車の流れも今までに比べれば良くなります。

(その5a 千葉県内:野田市)
 他の国道との交差もなく、どちらかというと一本道。
(その5b 千葉県内:柏市)
 久しぶりのトンネルが待っています。
(その5c 千葉県内:白井市−八千代市)
 落ち着いた雰囲気と住宅団地がある沿線。
(その5d 千葉県内:千葉市・花見川区−稲毛区)
 穴川ICからは京葉道路の側道を走って行きます。
(その5e 千葉県内:千葉市・若葉区−中央区)
 京葉道路の側道を引き続き走り、村田町交差点でR357に接続します。
(その5f 千葉県内:市原市)
 湾岸道路の雰囲気です。
(その5g 千葉県内:袖ヶ浦市−木更津市)
 湾岸エリアを離れまして、木更津市でR127が分岐していきます。
(その5h 千葉県内:木更津市−富津市)
 こちらも湾岸道路…と思いきや、全く異なる景色が待っています。
[横浜横須賀道路 その1]
 国道16号バイパスである有料道路です。横須賀市馬堀海岸から逗子市までの区間を取り上げます。
[横浜横須賀道路 その2]
 横浜市に入って、狩場ICを経て新保土ヶ谷ICまで。
[保土ヶ谷バイパス]
 六車線道路の自動車専用道路。横浜市東部の大幹線道路にして渋滞激発の路線です。
[八王子バイパス]
 北半分は無料道路、南半分は2015年10月に償還期間が満了する有料道路。
[京葉道路 (その3:千葉市・稲毛区−中央区)]
 宮野木JCT以南の区間です。宮野木JCT以西となる「そ
の1」と「その2」は「国道14号」を参照して下さい。
※旧調査分(2002-2003)
(その1:[横須賀街道]横須賀−横浜)
(その2:[八王子街道]横浜市内)
(その3:町田市−相模原市)

 戻る
inserted by FC2 system