国道 Route.

 
国道16号

横浜市−横浜市

(その1b 神奈川県内:横浜市・金沢区−磯子区)


 横浜市のうち金沢区から磯子区の八幡橋交差点付近まで。比較的海の近くを走って行くのはこの区間で最後になりまして、以後は首都圏をぐるっと回って千葉市の先までずっと内陸の道となります。

 

横浜市・金沢区

[和田山入口交差点]
和田山入口交差点。
一応山の頂上のようなところでして、ここが横須賀市と横浜市の境界となっています。

[内川橋]
内川橋を渡ります。
1926年に開通した橋梁がずっと使用されていたのですが、老朽化に伴い架け替え工事が行われ、2006年より現在の新橋梁が供用されています。

[六浦交差点]
六浦交差点。
県道23号原宿六ツ浦線(環状四号線)が分岐します。

まぁ、ラッシュ時は左に行っても前に行っても渋滞なんですけど…。

[金沢八景駅前交差点]
金沢八景駅前交差点。
左が京急急行の金沢八景駅、右側は金沢シーサイドラインの金沢八景駅です。

[金沢警察署前交差点]
金沢警察署前交差点。金沢区役所もこの辺りです。
「金沢」というと、全国的には「石川県金沢市」が有名ですが、横浜の「金沢」も鎌倉時代からの由緒ある地名です。

[君ヶ崎交差点]
君ヶ崎交差点。
左折すると、笹下釜利谷道路(市道)に入ります。

この交差点を境にして、片側2車線→1車線に変わります。

[片吹交差点]
ここからは丘陵地の谷間のようなところを走って行きます。
宅地開発が進んでいるため、あまり丘陵地という感じがしていませんけど。

[金沢区能見台東]
左は京急本線、正面の高架橋はR16横浜横須賀道路の並木支線。
ちなみに、「能見台」と書いて、「のうけんだい」と読みます。

[堀口交差点]
堀口交差点。
R16横浜横須賀道路並木支線の堀口能見台ICへはここを右折です。

[金沢区富岡東]
R16横須賀街道や京急本線の沿線は、いかにも由緒正しそうな地名が多いんですよね〜。「金沢文庫」「金沢八景」「泥亀」「能見台」「富岡」「屏風ヶ浦」…と続きます。

[京急富岡駅入口交差点]
京急富岡駅入口交差点。
この左側に京急富岡駅が位置しています。

[金沢区富岡東五丁目付近]
富岡東五丁目付近の坂道。
こちらも宅地開発が進んでいてあまりわかりませんが、よく見てみると切通しみたいな感じになっています。

[金沢区富岡東三丁目付近]
左側に京急本線が走っています。
狭い谷間ようなところに京急線とR16横須賀街道が併走しているわけで、昔からの地形がよくわかる(?)構造となっています。

[富岡隧道]
富岡隧道に入ります。
上下分離のトンネルとなっていまして、こちら側(横浜方面)は1963年竣工、対向車線(横須賀方面・新富岡隧道)は1976年竣工です。

どういう経緯で複式隧道になったのかが気になりますが…。

 

横浜市・磯子区

[金沢区・磯子区境界]
磯子区に入ります。
この先の青砥坂交差点で環状3号線(市道)と交差します。

[杉田交差点]
杉田交差点で産業道路(市道)が分岐します。
右側のレーンは右折専用になるので注意が必要です。

まぁ、ここで産業道路に入ったとしても、国道16号とほぼ併併走して、信号機の少ない区間を走ってまた国道16号に戻ってくるので、あまり実害は無いかもしれませんが…。

[聖天橋交差点]
聖天橋交差点。
左側で県道22号横浜伊勢原線と交差しているのですが、一方通行路であるために左折することはできません。

[屏風ヶ浦交差点]
屏風ヶ浦交差点。
横浜市道17号環状2号線と交差します。

国道16号町田市・相模原市方面に向かう場合は、ここで環状2号線に入った方がショートカット可能です。

[磯子区森付近]
丘の上にマンション群らしきものが見えます。
何だか要塞みたいな感じがしてきます。

[磯子区役所前交差点]
磯子区役所前交差点。
この左側が区役所です。

[磯子旧道入口交差点]
磯子旧道入口交差点。
左から生活道路のような道が合流してきます。「旧道」と言っても、「旧R16」というわけでは無さそうですが…。

[八幡橋交差点手前]


八幡橋交差点の手前。
この先で国道16号は左折です。

直進すると、中区本牧方面に向かいます。
調査日:2013/9
 前へ(その1aへ)  次へ(その1cへ)
 戻る 
[KAWASAKI-SO2010]
inserted by FC2 system