国道 Route.

 
国道16号 横浜横須賀道路

横浜市−横須賀市

(その1 横須賀市−逗子市)


 国道16号横浜横須賀道路は、横浜市保土ヶ谷区の狩場ICから横須賀市の馬堀海岸ICに至る33.9kmの有料道路です。略称は「横横道路」「横横」あるいは「横々」。ここでは終点の横須賀市側から走っています。

 

馬堀海岸IC−佐原IC

[馬堀海岸IC]
横須賀市馬堀海岸の国道16号から横浜横須賀道路が分岐します。防衛大学校などがあるところで、防衛省関係の宿舎・施設が集中しています。

[馬堀海岸IC先]
国道16号現道から横浜横須賀道路に入ったところ。
馬堀海岸ICから佐原ICまでは2009年3月に開通した区間で、両側二車線の対面通行になっています。

[33kmキロポスト]
衣笠ICまで5km。横浜まで39km。
この場合の「横浜」はどこを意味しているんでしょうか…。新保土ヶ谷ICなのか横浜駅東口付近のことなのか…、それとも横浜市役所で良いのか…。

[浦賀IC]
流入してくる車線がありますが、これは浦賀ICからの流入車線。
横浜方面への流入専用であり、ここで流出はできません。

[吉井トンネル]
吉井トンネルをくぐります。
長さは350m。

[吉井トンネル→池田トンネル]
吉井トンネルを抜けると、続いて池田トンネルがやってきます。
長さは660m。

[池田トンネル内部]
2009年3月に開通したばかりの区間。
トンネルも真新しいです。
(このページの調査日は2009年9月ですので…)

[高架橋]
高架橋を走りますが、多分下では国道134号や京急久里浜線が走っているのではないかと…。

[本線料金所 500m]
この先500mで本線料金所にさしかかります。

[佐原本線料金所]
佐原本線料金所。
ここでは通行券の受け取りのみです。

[佐原IC]
佐原ICからの流入車線。ここまでが2009年3月に開通した区間。
この佐原ICも流入専用で、流出はできません。

ここから先は、1990年に開通した区間です。

 

佐原IC−横須賀IC

[衣笠IC 500m]
衣笠ICまで500mの地点。
三浦半島の先端部分である三崎方面はここが最寄りインターです。

[衣笠IC]
衣笠ICです。有料道路「三浦縦貫道路」と一般道路の県道26号横須賀三崎線に接続しています。

[車間確認]
車間確認の標識。
基本的に80km/h制限の路線なので、40m刻みです。

[横須賀PA 1km]
横須賀PAまで1kmのところ。
横浜横須賀道路では唯一のPAです。

[横須賀PA入口]
横須賀PAへの入口。
折角なので、入ってみました。

[横須賀PA]
横須賀PA。売店と食堂があります。
横浜横須賀道路では唯一のPAなので、何か用事があればここで済ませてしまった方がよろしいかと…。

[本線]
本線に戻ります。

[横須賀市・葉山町境界]
横須賀市から三浦郡葉山町に入ります。
葉山町の中にはICはないです。
(このまま走っていくと、また横須賀市に戻るのですが…)

[横須賀IC 1km]
横須賀ICまで1kmの地点。葉山町外のICですが、葉山町への最寄りICはここです。

[葉山町・横須賀市境界]
横須賀ICのすぐ手前で葉山町から横須賀市へとまた入ります。
カントリーサインは、最近話題の「よこすか海軍カレー」でした。

[横須賀IC]
横須賀IC。正直、横須賀市街からはちょっと遠い場所にあるのですが、有料道路の本町山中道路を経由すれば横須賀市街(京急横須賀中央駅付近)へと出ることができます。
葉山町へは本町山中道路に入らず、市道を経由して県道27号横須賀葉山線へとどうぞ。

 

横須賀IC − 逗子市・池子

[横須賀IC]
横須賀ICからの合流車線が終わるところで、早くも逗子ICまで1.5kmとなります。やはり都市部の道路だけあって、IC間隔が短いです。

[横須賀市田浦泉町]
左側は何か工事をやっている様子でした。

[大山トンネル]
大山トンネルに入ります。
長さは350m。

[大山トンネル出口]
大山トンネルを抜けまして、次の逗子市に入ります。

[逗子IC]
逗子ICです。有料道路の逗葉新道に接続していまして、逗葉新道を経由すると葉山町の北側に出られます。横浜市から走ってきた場合は、葉山町への最寄りインターになります。

[オービス]
オービスがあったりします。
この辺は周囲の車は速度を抑え気味のようでした。

手前にある速度規制の可変標識が重きをなしているように思えます。

[東逗子トンネル]
東逗子トンネルに入ります。
長さは500mちょうど。

[ハイウェイラジオ ここから]
ハイウェイラジオが聴けます。

[六浦トンネル]
六浦トンネル。長さは420m。
このトンネルが逗子市と横浜市の境界になっています。
調査日:2009/9
 次へ(その2へ)
 戻る 
inserted by FC2 system