国道 Route.

 
国道16号 横浜横須賀道路

横浜市−横須賀市

(その2 横浜市)


 国道16号横浜横須賀道路のうち横浜市の区間を取り上げます。狩場ICで横浜横須賀道路は終わるのですが、一応ここではその先の新保土ヶ谷ICまで走ってみています。

 

境界−港南台IC

[六浦トンネル先]
六浦トンネルを抜けまして、横浜市に入ります。

[朝比奈IC 2km]
次の朝比奈ICまで早くも2kmです。
「東京 55km」は、新保土ヶ谷ICからR1横浜新道経由で東京・日本橋までの距離、「八王子 46km」はこの先R16保土ヶ谷バイパス経由で八王子市までの距離と思われます。

[横浜第三トンネル]
ここからトンネルが三つ続きます。
まずは「横浜第三トンネル」。長さは130m。

[朝比奈IC 1.3km手前]
朝比奈ICまで1.3kmの標識が出てきます。
1km手前地点は、トンネルの中になってしまうため、設置できなかったのではないかと…。

この先トンネルは「横浜第二トンネル」。

[横浜第一トンネル]
最後にやってくるのが横浜第一トンネル。
これでトンネル地帯は終わりです。

[案内板]
所要時間・渋滞情報の案内板。
東京方面へ向かう場合は、このまま横浜横須賀道路→首都高神奈川三号線を走るルートのほか、この先の釜利谷JCTで首都高湾岸線に出るルートの2ルートがあります。

調査日は首都高神奈川三号線のルートも、首都高湾岸線のルートも順調のようでした。もっとも、慢性的な渋滞が発生している保土ヶ谷バイパスの横浜町田IC付近は今日渋滞のようで、矢印の先が赤くなっていましたが…。

[朝比奈IC]
朝比奈ICです。県道23号原宿六浦線(環状四号)に接続しています。

[釜利谷JCT 1km]
朝比奈ICを抜けると、すぐに釜利谷ICの予告標識が出てきます。
釜利谷JCTで分岐するのは横浜横須賀道路の金沢支線でありまして、そこから首都高湾岸線に出ることができます。

将来的には、この金沢支線が圏央道となる予定らしいのですが…。

[LED]
LEDが二つ設置されています。

「並木方面」が金沢支線(首都高湾岸線)方面。
「東京・八王子方面」はこのまま横浜横須賀道路直進方面です。

[釜利谷JCT]
釜利谷JCT。ここで金沢支線(首都高湾岸線方面)が分岐します。
将来的にはここが圏央道の接続位置になります。

[港南台 2km]
次の港南台ICまで早くも残り2kmです。

[港南台IC 3km]
港南台ICまで1.3km。
ここも、手前にトンネルがある関係で、1km地点ではなく、その更に手前の1.3km地点に標識が立っています。

「別所出口 大型等通行止」とありますが、これは港南台ICの2つ次の別所IC(IC番号3)のことを言っています。「別所ICでは大型車は出られないから、手前で出たい車両はここで出よ」ということですね。

[円海山トンネル]
円海山トンネル。
「円海山」とは横浜市の磯子区と栄区の境にある山でありまして、標高153m。その円海山の下をトンネルでくぐります。

[港南台IC]
港南台ICに出ます。環状3号に接続しています。

 

港南台IC−別所IC

[10.5kmキロポスト]
だんだんと交通量が多くなってきたような気がします。

2000年代初めまで、横浜横須賀道路というのは割高路線というイメージが作者にはありまして、とかく利用するのを避けていた路線であったように思います。調査日現在はETC割引も適用できるようになり、比較的利用しやすくなったようですが…。

[日野IC 1km]
日野ICまで1km。
ここでも「別所出口 大型等通行止」の標識が出ています。

大型車の場合は、日野ICを過ぎると、後は狩場ICまで流出することができなくなるのでご注意を。

[日野IC]
日野ICです。
県道21号横浜鎌倉線(鎌倉街道)に接続しています。

[日野IC先]
「長い上り坂 速度の低下に注意!」

この先上り坂が続きますが、同様な標識がたくさん設置されています。

[8kmキロポスト]
「長い上り坂」の標識が、小さいバージョンになって道路脇に設置されています。

[所要時間情報]
所要時間情報板。
R16保土ヶ谷バイパスで東名高速横浜町田IC付近がやはり渋滞中のようです。

[別所IC 2km]
別所ICまで2km。狩場ICまでは4km。

[港南区上永谷]
上永谷付近のアンダーパス。
道路の上は、公園になっています。

[道路情報板]
道路情報板。狩場JCT、新保土ヶ谷JCT、保土ヶ谷JCTでそれぞれ首都高神奈川三号線、R1横浜新道・R16保土ヶ谷バイパス、第三京浜が接続しているため、一帯は道路銀座のような状態になっています。

横浜市の交通の要衝というと、国道一般部では青木通交差点(R1・R15)−高島町(R1・R16)−浜松町(R1・R16)ラインかもしれませんが、高速道路では間違いなくこの新保土ヶ谷IC付近が横浜市における道路の重要地点といえそうです。

[別所IC 1km]
別所ICまで1km。

[別所IC]
別所ICです。
先ほどからさんざん案内されているとおり、このICは大型等通行不可です。接続している市道が、大型車通行止になっていることがその理由。

 

別所IC−新保土ヶ谷IC

[料金所 500m]
別所ICを通過したところ。
料金所まで500mとの案内が出てきます。

[南区六ツ川付近]
県立子ども医療センター病院の付近を通過します。
この辺はアンダーパスのような構造になっています。

[六ツ川料金所]
六ツ川料金所。本線料金所です。
ここで通行料を支払います。

[六ツ川料金所先]
六ツ川料金所を抜けたところ。

[防音壁?]
防音壁なのか、高い壁が設置されています。

[狩場JCT]
この先は道路銀座です。
まず最初に来るのは狩場JCT。ここで首都高神奈川3号線が分岐します。

[狩場JCT]
狩場JCT。首都高神奈川3号線及び狩場IC出口へは左へどうぞ。
案内標識を見ての通り、「首都高速」「横浜新道」「第三京浜」「新保土ヶ谷バイパス」「東名」と路線名がずらずらと並んでいます。

[首都高神奈川3号線合流]
右側から首都高神奈川3号線からの車両が合流してきます。

正確に言うと、ここからは「国道16号横浜横須賀道路」ではなく、「国道16号横浜新道」(※「国道1号横浜新道」でもないんです)になるのですが、一応横浜横須賀道路とも直接連結している道路ですので、このまま走っていきます。

[新保土ヶ谷IC 800m手前]
続いて、新保土ヶ谷ICにさしかかります。
「IC」という名前ですが、横浜新道と保土ヶ谷バイパス・横浜横須賀道路の実質的なジャンクションです。

横浜新道に入る場合は、左側車線をどうぞ。

[新保土ヶ谷IC]
新保土ヶ谷ICです。
ここで国道1号横浜新道に接続します。
「新」保土ヶ谷となっているのは、多分横浜新道で既に「保土ヶ谷IC」が存在するためなんでしょうね。

このまま直進すると、R16保土ヶ谷バイパスに入ります。
調査日:2009/9
 前へ(その1へ)
 戻る 
inserted by FC2 system