国道 Route.


国道18号

群馬県・高崎市−新潟県・上越市

(その1 高崎市−安中市)

 
 国道17号の高崎市・並榎ICから国道18号が分岐していきます。松井田町地域に入るまでは、比較的平坦な市街地の中を走っていきます。

  

高崎市

[並榎IC]


国道17号の烏川沿いの道路。この左側烏川が流れています。結構広々した感じです。案内標識に従い、国道18号が分岐していきます。立体交差式のインターチェンジとなっていました。

[並榎IC]
国道18号はランプウェイを降りて左折です。
この並榎ICですが、R17から分岐していくR18のほかに、R354と生活道路2本の交差点ともなっており、結構複雑なインターチェンジです。


ちなみに、頭上に見える高架橋はR18上越方面→R17東京方面に接続する専用の分岐路です。交通量が多かったので、後で付け足しされたものと思われます。

[君が代橋西交差点]


君が代橋を渡りまして、すぐ次の交差点で国道406号が分岐します。
1kmにも満たない間に、R17・R18・R406・R354が接続しているわけで…。

[高崎市中豊岡町]
碓氷川の堤防沿いを走っていきます。
君が代橋を通過すると、信号の間隔も長くなり、比較的快適に走れます。

[上豊岡町交差点手前]
上豊岡町交差点の手前。
この先で県道26号高崎安中渋川線と高崎環状線が分岐します。

[高崎市藤塚町]

 

安中市

[高崎市・安中市境界]


安中市に入ります。
カントリーサインは…なんでしょう??

[安中市板鼻]
県道26号高崎安中渋川線が分岐します。
一応、県道の方が旧中山道です。

東海道とともに江戸と草津を結んでいた中山道は、現在では国道17号・国道18号・国道142号・国道19号などに分割されていますが、国道18号は高崎市から長野県軽井沢町までの区間がおおむね中山道ルートとなっています。

[碓東大橋]
碓東大橋を渡ります。
烏川の南側に出ます。

[岩井交差点]
県道10号前橋安中冨岡線と交差します。

[安中市岩井付近]
この先500mで、道が二手に分かれます。
案内標識の示すとおり、国道18号を走る場合は右よりの車線に入っておいてください。

[安中駅前]
車線が減少しまして、ここからは片側一車線の道路に変わります。
この国道のすぐ左側にJR信越本線が見えますが、この先の高架橋のすぐそばにJR安中駅があったりします。ちょっと国道に近すぎるんじゃないかな…。という感じがしますが…。

[下野尻交差点]
安中駅前で一旦旧中山道ルートと合流しますが、次の下野尻交差点でまた国道と旧中山道(県道125号一本木平小井戸安中線)が分離します。

[城下交差点]
県道211号安中榛名湖線と交差します。
この先、小さな上り坂です。

[扇橋]
ちょっと高台のようなところを走ります。

[安中市安中]
「この道路の横川〜碓氷バイパス終点間は
 連続雨量150ミリで
 「通行止」になります」

この先国道18号は碓氷バイパスと現道に分かれるのですが、碓氷バイパスの方は連続雨量150ミリで通行止。一方の国道18号現道の方は、連続雨量120ミリで通行止となります。
まぁ、交通量の多い碓氷バイパスの方を優先して予告標示すべきでしょうが…。

[安中市高別当付近]
県道48号下仁田安中倉渕線と交差します。
この県道、市街地の旧道をうねうねと走っている関係で、この先でもう2回交差します。

[安中総合学園高校交差点]
旧中山道ルートと交差します。
標識は出ていませんが、一応ここでも県道48号と交差しています。

[安中農協前交差点]

[原市交差点]
3度目となる県道48号の交差点です。
この辺、県道48号は旧中山道ルートを通ったりとしているため、結構複雑な動きをしています。

[安中市原市]

[磯部入口交差点]
県道220号磯部停車場線が分岐します。
文字通り、JR磯部駅に出ます。

[安中市郷原付近]
長野まで103km、小諸まで50km。
国道18号は、高崎市→長野市が120km程度、長野→上越市が75km程度と、高崎市から長野市までの区間の方が長いです。距離的にはあまり変わらないように見えますが、高崎市→長野市は浅間山などを迂回している関係上、ちょっと遠回りになるようです。

[安中工業団地入口交差点]

[安中市郷原]
郷原で旧中山道ルートと合流します。
一応、この先が平成の大合併まで安中市と松井田町の境界だったところ。現在はどちらも合併して安中市となっています。
調査日:2009/5
 次へ(その2へ)
 戻る 
inserted by FC2 system