国道 Route.


国道18号

群馬県・高崎市−新潟県・上越市

(その8 妙高高原町−中郷村)

 
 新潟県に入ります。通過市町村のうち、妙高高原町・妙高村は平成の大合併により「妙高市」に、中郷村は「上越市」になりましたが、ここでは合併前の区域に基づいています。

 

妙高高原町 (現 妙高市)

[長野県・新潟県境界]


スカイブリッジ信越大橋にて新潟県に入ります。
最初にやってくるのは妙高市の旧妙高高原町地域。

平成の大合併までは「妙高高原町」と「妙高村」の2つの町村がありましたが、それらが更に「新井市」と合併し、2005年4月に「妙高市」となりました。

[杉ノ沢入口交差点]
杉ノ沢入口交差点で県道39号妙高高原公園線と交差します。
杉ノ沢スキー場や妙高国際スキー場は左折方向にあります。

[妙高高原IC]
上信越自動車道の妙高高原IC。
左に曲がると、妙高高原ICの料金所です。

直進方向は国道18号ですが、毛祝坂トンネルで小さな丘の中を抜けます。

[豊橋交差点]
豊橋交差点。
県道39号妙高高原公園線ともう一度交差します。
スカイブリッジ信越大橋ができる前は、ここを右折した方向が国道18号でありました。

[頸南消防署前交差点]
信号の間隔は比較的長いので、流れは悪くないです。

[上越 30km]
上越まで30km。
「妙高 16km」とありますが、これは旧新井市までの距離です。

[妙高大橋]
妙高大橋を渡ります。
以前はこの橋が妙高高原町と妙高村の境界になっていました。

 

妙高村 (現 妙高市)

[妙高高原町・妙高村境界]
旧妙高村地域に入ります。
カントリーサインは、「村」のところが消されていました。
まぁ、「妙高」であることには変わりないので(笑)

[坂口北交差点]
坂口北交差点。
燕温泉・関温泉の入口です。

[下り坂注意]
「下り坂注意」とあるとおり、長い下り坂が続きます。

[上越 43km]
関山交差点。
県道262号大原関山交差点が分岐します。

上信越自動車道が開通するまでは、この「関山交差点」は行楽シーズンになるとよく渋滞情報に登場していました。

 

中郷村 (現 上越市中郷区)

[妙高村・中郷村境界]



一旦上越市に入ります。
最初にやってくるのは旧中郷村地域。現在は地域自治区となり、「上越市中郷区」となっています。

[チェーン着脱所入口]
チェーン着脱所の入口。
新潟県人ならば、冬タイヤ装着当たり前ですが…。

[市屋IC]
市屋IC。県道584号新井中郷線(旧R18)が分岐します。
ここから先は「上新バイパス」に入ります。1991年に全線開通したバイパスなのですが、順次立体交差化が進んでいます。中郷村から新井市にかけては平面交差が多いですが、そのうち立体化されるかも。

[上越 43km]
上信越自動車道中郷ICの入口。

[新 潟 155km]
距離標識に「新潟155km」「妙高(新井)7km」のほかに「長岡95km」が登場しました。本来ならば「上越(R8交点)」が登場すべきでしょうが、今は走っている中郷村が「上越市」となった関係で、距離標識に登場できなくなったのかも。

それにしても、「魚津」とか「富山」は出てこないのが不思議だったりします。全部新潟県内、それも北東方向の地名ばかり…。

[中郷大橋]
中郷大橋を渡ります。
長さは144mと短いですが、下は少し深めの谷のような状態になっています。しかも地図でみると、谷のところだけなぜか妙高市(旧新井市)になっているんですね…。

[スリップ注意]
この区間、画像ではあまり登場しませんでしたが、オーバーハング式でおにぎりだけ付いた標識が結構設置されています。
調査日:2009/5
 前へ(その7へ)  次へ(その9へ)
 戻る 
inserted by FC2 system