国道 Route.

 
国道20号

東 京・日本橋−長野県・塩尻市

(その1d 東京都内:八王子市)


 東京都最後の区間です。国道16号との交差があったり、高尾山付近からの勾配があったり、色々と忙しい区間ではあります。

 

八王子市・高倉町〜八日町

[日野市・八王子市境界]


八王子市に入ります。
案内標識には市章が描かれていますが、「八・王」を図案化したわかりやすい市章です。1917年に制定されたのだとか。

[高倉町西交差点]
高倉町西交差点。
ここで旧R20である甲州街道と合流します。

日野バイパスの区間はここまでです。

[石川入口交差点]
石川入口交差点。
左折方向が都道155号町田平山八王子線、右折方向は都道59号八王子武蔵村山線。

[大和田町四丁目交差点]


大和田町四丁目交差点。
国道16号新道である八王子バイパスと立体交差します。

[大和田橋北詰交差点]
この先、浅川に架かる大和田橋を渡ります。
1942年に架橋された歴史ある橋梁です。

[明神町交差点]
大和田橋を渡り、明神町交差点で国道20号は右折です。
案内標識に従ってここは右レーンへどうぞ。

このまま直進すると、JR八王子駅に出ます。

[八王子駅入口東交差点]
八王子市の中心市街地に入っていきます。

[八日町東交差点]


八日町東交差点。国道16号(現道)東京環状と交差します。
ここから少しの間は国道16号との重複区間となります。

[八幡町交差点]


八幡町交差点。八日町交差点から重複していた国道16号はここで右折となり、国道20号と分岐します。この辺は結構渋滞した覚えがありますが…。

車線も、直進用には1レーンしかとられていません。
中央寄りのレーンは右折レーンなのでご注意を。

 

八王子市・八幡町〜高尾町

[本郷横丁交差点]
本郷横丁交差点で、都道32号八王子五日市線(秋川街道)が分岐します。
道路の両側は商店街が続きます。

[追分町交差点]
追分町交差点。国道20号はここを左折です。

「追分」というと、伝統的には街道の分岐点を指すわけですが、ここで分岐しているのは甲州脇街道とも呼ばれた「陣馬街道(案下(あんげ)街道)」でありまして、陣馬高原・和田峠を経由して神奈川県藤野町に出ます。

[八王子市千人町3丁目]
追分町交差点を通過すると、道幅がちょっと広くなりまして、落ち着いた感じの景色に変わります。

この辺は「八王子市千人町」という地区ですが、江戸期に甲州街道の警備などにあたった八王子千人同心が置かれていたことに由来するのだとか。

[並木町東交差点]

[高尾警察署前交差点]

[町田街道入口交差点]
町田街道入口交差点。
都道47号八王子町田線(町田街道)と交差します。

[高尾駅前交差点]
高尾駅前交差点。
すぐ左側がJR・京王線高尾駅です。

片側2車線の道路はここまで。
ここから先は高尾山の麓を経由して大垂水峠に向かう峠道に変わります。

 

八王子市・高尾町〜大垂水峠

[JR線ガード]
今までの景色とはうって変わって、地方国道のような感じに変わります。
頭上に鉄道が走っていますが、こちらはJR中央本線の高架橋です。

[落合交差点]

[京王高尾線鉄橋]
今度は京王高尾線の鉄橋の下をくぐります。
京王高尾線の高尾山口駅がこの右側に位置しています。

[高尾山入口南交差点]
高尾山入口南交差点。
この辺は自動車の祈祷施設やら宿泊施設やら料理屋などなど、いろいろな施設が並んでいます。ある意味、門前町のような感じです。

[高尾山IC予定地]
圏央道高尾山ICの予定地。
この辺で圏央道と接続する予定ですが、ちょっと手狭な感じもします。

[梅の木橋]
ここからは大きな道路との接続もなく、ひたすら大垂水峠に向かって走っていくだけとなります。

[東柏木橋]

[八王子市]
いわゆるラブホテル。
突如原色系の看板が現れるので、不意を突かれたというか(笑)

[異常気象時通行規制区間起点]
「これより4.8km区間は、連続雨量
 150mmを越えると通行止になります」


大垂水峠付近は異常気象時交通規制区間となっています。

[西寒葉橋]
カーブの頻度が多くなると、まもなく都県境である大垂水峠にさしかかります。
調査日:2011/8
 前へ(その1cへ)  次へ(その2aへ)
 戻る 
inserted by FC2 system