国道 Route.

 
国道20号

東 京・日本橋−長野県・塩尻市

(その3e 山梨県内:北杜市)


 国道20号下り線において山梨県最後の区間にあたりますが、分水嶺はまだ越えないので県境付近はあまり峠という感じがしません。

 

北杜市 (旧 北巨摩郡武川村地域)

[韮崎市・北杜市境界]


北杜市に入ります。
2004/11に6町村が合併して誕生した市ですが、まず最初に走るのは旧北巨摩郡武川村の地域です。

[北杜市武川町牧原]

[牧原交差点]
牧原交差点で県道611号横手日野春停車場線と交差します。
右折するとJR中央本線の日野春駅に出ます。

この辺は旧武川村役場のあったところで、旧武川村の中心地という感じの地区です。

[大武川橋]
大武川に架かる大武川橋を渡ります。
1960年開通の古いトラス橋です。

[161kmキロポスト]

[上三吹交差点]
右折レーンも無い小さな交差点ですが、ここで旧甲州街道のような道路と交差しています。

 

北杜市 (旧 北巨摩郡白州町)

[尾白川橋北詰]
尾白川橋を渡り、旧北巨摩郡白州町地域に入ります。
すぐのところで県道617号台ヶ原富岡線と交差します。

この先上り坂に入るため、登坂車線が出現します。

[道の駅はくしゅう 2km]
坂を登り切ったところで登坂車線はなくなります。
道の駅「はくしゅう」まで2km。

旧町名である「白州町」にちなむ道の駅です。

[164kmキロポスト]
左側の河川は尾白川です。
富士川水系もかなり上流部まで来ています。

[北杜市白州町白州付近]
白州町白州付近。旧北巨摩郡白州町の中心部です。
旧白州町役場はこの辺りに置かれていました。

[道の駅はくしゅう]
道の駅「はくしゅう」の入口。
国道20号の道の駅としては、甲州市にあった道の駅「甲斐大和」に続いて2つ目。国道20号ってこうして考えてみると、東京都や神奈川県など都市圏を走る区間が多いせいか、道の駅って少ないんですね…。

[道の駅はくしゅう]
道の駅「はくしゅう」の駐車場です。
正面奥で雪をかぶっている山は甲斐駒ヶ岳でしょうか。

[前沢交差点]

[北杜市白州町鳥原付近]
北杜市白州町鳥原付近。
サントリーの白州工場はこのあたりを左へいったところにあります。

[荒田交差点]
荒田交差点。
中央自動車道小淵沢ICへはここを右折です。

[北杜市白州町下教来石]

[道の駅「信州蔦木宿」3km]
道の駅「信州蔦木宿」まで3km。
「信州」の名前がつくとおり、この道の駅はもう次の長野県です。
もう県境近くまで来ているわけで…。

[北杜市白州町上教来石]
「国界」と看板が出ていますが、いわゆるラブホテルの看板です。

[新国界橋]
釜無川に架かる新国界橋。
ここを渡ると、次の長野県に入ります。

なぜか山梨県設置の青地・白文字の標識には「釜無川」とあり、国土交通省設置の白地青文字による標識は「富士川」とあります。まぁ、後で「富士川」と名前を変えるので間違いではないのですが、少なくとも山梨県内において「笛吹川」と合流するまでは「釜無川」という河川名であるので、本来は「釜無川」が正しいと言うべきところです。、
調査日:2009/5
 前へ(その3dへ)  次へ(その4aへ)
 戻る 
inserted by FC2 system