国道 Route.

 
国道20号

東 京・日本橋−長野県・塩尻市

(その4b 長野県内:諏訪市−岡谷市)


 諏訪市・下諏訪町・岡谷市の区間。諏訪湖の北側を走っていきますが、湖と山地との間に平野部が少ないところを走っていく以上、どうしても手狭な感じになります。残念ながら、国道20号からは諏訪湖を望めるスポットは無いです。

 

諏訪市

[茅野市・諏訪市境界]


諏訪市に入ります。
カントリーサインのイラストが気になるのですが、上諏訪温泉でしょうか。どうも、男性が女性2人に見とれているような構図に見えます。(笑)

[四賀交差点]
四賀交差点。
県道424号諏訪茅野線が右折方向に分岐します。

[諏訪市四賀字細久保付近]
諏訪市四賀字細久保付近。
直進(右)方向はJR中央本線との踏切ですが、多分あちらは旧甲州街道かと。

国道20号はここを左方向に続きます。

[諏訪市赤羽根付近]
JR中央本線と一度は分かれたかと思いきや、国道20号もやはりJR線の踏切を渡ることになります。

[元町交差点100m手前]
ここからは諏訪市の中心市街地に入っていく感じです。この先の元町交差点で県道40号諏訪白樺湖小諸線が分岐します。

[諏訪1・2丁目交差点]
諏訪1・2丁目交差点
県道50号諏訪辰野線が左方向に分岐します。

甲州街道がそのまま国道20号になった感じなので、右左折レーンは全く無し。

[諏訪1丁目交差点]
諏訪1丁目交差点。
この左側がJR上諏訪駅です。

諏訪市も元々は「諏訪郡上諏訪町」だったところで、「諏訪郡下諏訪町」と対をなしていました。
現在は「上諏訪町」から「諏訪市」に変わりましたが、JRの駅名がその名残をとどめています。

[諏訪市湯の脇二丁目]
諏訪市湯の脇二丁目付近。
ここで国道20号はもう一度JR中央本線の踏切を渡ります。クランク状の交差点を持つ踏切でして、いかにも街道がそのまま国道になった感じだな〜という景色です。

[諏訪市湖岸通り1丁目]
諏訪市湖岸通り1丁目付近。
この左側に諏訪湖が位置しているのですが、国道20号からはあまり湖を望むことはできないと思います。

 

諏訪郡 下諏訪町

[諏訪市・下諏訪町境界]


諏訪郡下諏訪町に入ります。
先ほどの諏訪市は旧「諏訪郡上諏訪町」だったところで、諏訪神社の上社が位置している町でしたが、こちらの下諏訪町は諏訪神社の下社が位置しています。

[下諏訪町南高木付近]

[下諏訪町菅野町]
松本市まで33km、塩尻市まで19km。
国道20号の区間も残り少なくなりました。

[大社通交差点]


大社通交差点。国道20号は左折です。
右折方向は国道142号で上田市に向かいます。

諏訪大社下社秋宮はここを右折した方向です。

[松本市 33km]
この辺だけは観光地らしく歩道が整備されています。

[春宮大門交差点]
春宮大門交差点。
県道184号諏訪大社春宮線と交差します。

諏訪大社下社春宮はここを右折したところにあります。

 

岡谷市

[下諏訪町・岡谷市境界]


岡谷市に入ります。
カントリーサインに入っている円(半円+半円)は岡谷市の市章ですが、何とまぁシンプルなことか(笑)。とはいえ、この中に色々と市の沿革や理念が詰まっているんだと思いますが。

[長地交差点]
長地交差点の手前。
県道14号下諏訪辰野線と交差します。

[諏訪湖畔病院]
諏訪湖畔病院前。
あくまでも他の諏訪病院との区別で「湖畔」という名称なのでしょうが、諏訪湖からはちょっと遠い場所です(笑)。

[今井交差点]

[20号バイパス入口交差点300m手前]


この先に「20号バイパス入口交差点」という交差点があるのですが、ここで接続しているのは国道20号「下諏訪岡谷バイパス」です。今のところ全線開通未了のため、右折方向のバイパスには特におにぎりは無し。
長野自動車道岡野ICはここを右折してすぐのところにあります。

[上り坂]
ここからは上り坂となります。
登坂車線が出現します。

[中央分離帯]
中央分離帯まで出現します。
塩尻峠までかなり標高差があるので、うねうねとカーブしていきます。

[登坂車線]
塩尻峠は標高999mでありまして、長野県富士見町の富士見峠(標高952m)や山梨県の笹子トンネル(標高740m)よりも高い位置にあり、国道20号では最高標高となります。

地学的にもいわゆる大分水嶺にあたり、太平洋へと向かう天竜川水系と、日本海側に向かう信濃川水系がこの塩尻峠で分かれます。

[塩尻峠]
塩尻峠の手前。
もう少し走ると登坂車線がなくなり、塩尻峠に出ます。
調査日:2009/5
 前へ(その4aへ)  次へ(その4cへ)
 戻る 
inserted by FC2 system