Route.
国道23号

 〜 伊勢湾岸道路 〜
【起 点】 愛知県・豊橋市
【終 点】 三重県・伊勢市
【延 長】 177km
(伊勢神宮内宮前)
【概 要】
 伊勢湾に沿って愛知県豊橋市から名古屋市南部・四日市市・津市を経て、伊勢市の神宮内宮前に至る一般国道です。
 路線としての経緯は大きく二つの区間に分かれています。四日市市−伊勢市については、戦前に國道一号として指定されていた区間(大正8年の旧道路法に基づく路線指定では、東京−伊勢神宮が國道一号でした)でした。戦後に現行国道1号が東京−大阪で指定され直されると、残った区間(四日市市−伊勢市)は国道23号となりました。伊勢市の神宮内宮前が終点となっているのは、このような経緯によるものと思います。
 一方、豊橋市−四日市市の区間は、元は現行国道1号のバイパス(名豊バイパス・名四バイパス)として整備されたものであり、当初は国道23号でなく、国道1号の扱いでした。その後、1975年に国道23号の起点が四日市市から豊橋市に変更されることになり、上記の名豊バイパス・名四バイパスも国道23号に変更、現在に至ります。今でもこの区間は国道1号のバイパス的な機能を担っています。
【内 容】
(その1 三重県内:伊勢市−明和町)
 伊勢神宮内宮前からスタート。郊外のバイパス道路を走っていきます。

(その2 三重県内:松阪市−津市)
 松阪市でR42が分岐した後は、市街地を走っていきます。
(その3 三重県内:津市−鈴鹿市)
 県庁所在地の津市。市街地が続きます。
(その4 三重県内:四日市市−桑名市)
 四日市市からは「名四国道」となり、雰囲気もかなり変わります。
(その5 愛知県内:木曽岬町−名古屋市・南区)
 愛知県に入りまして、いかにも都会らしい景色に変わります。
(その6 愛知県内:名古屋市・緑区−安城市)
 まさに湾岸国道っぽい景色。豊明インターからは名四国道を離れます。
(その7 愛知県内:安城市−幸田町)
 比較的新しい時期のバイパスを走っていきます。
(その8 愛知県内:蒲郡市−豊橋市)
 昔ながらの国道ルートに変わります。これまでのバイパスとは打って変わって違う景色。

 戻る
inserted by FC2 system