国道 Route.


国道23号

愛知県・豊橋市−三重県・伊勢市

(その2 三重県内:松阪市−津市)

 
 この区間はバイパスであるR23中勢バイパスが建設中であったりしまして、将来的には路線図が大幅に変わる可能性大です。

  

松阪市

[明野町・松阪市境界]


明野町から松阪市に入ります。地名は「松阪牛」で全国区の知名度を誇る市です。

出荷牛肉については「まつ
ざかぎゅう」と呼ばれますが、市名は「まつかし」と濁音なしです。もっとも、成牛状態では「まつさかうし」というのが正式名称だそうです。(出荷されて肉になると「まつざかぎゅう」)

[松阪市東黒部町]
国道42号重複はまだ続いています。
この先の松阪市小津付近までR42重複が続きます。

[松阪東大橋]
松阪東大橋。
櫛田川を渡ります。

[西黒部町交差点]


国道42号松阪多気バイパスが分岐します。R42現道の方はまだしばらくR23重複で続きます。

[新愛宕橋付近]
IC方式の分岐です。
ここで左方向に進むと、R42現道に出られます。

R42現道はこの先の松阪市小津まで北上し、その後ヘアピンカーブを描くように南へ向きを変える…というコースを描くので、国道23号のこの道路を左折すれば、必然的にR42はショートカット可能です。

[松阪市柳津町]
この先で県道509号松阪港線と交差します。

[名古屋90km]
名古屋市まで90km。

[新松ヶ島町交差点]
新松ヶ島町交差点。
県道699号県道六軒鎌田線と交差します。

[松阪市市場庄屋付近]
交通量は結構多いですが、信号の間隔がかなり長くなっているため、比較的スムーズです。

[小津交差点手前]


小津交差点の手前。直進方向はR23中勢バイパスなのですが、調査日現在では部分開通の状態です。
R23現道をそのまま進む場合は、ここでICを下りるような形で走ります。

[小津交差点]
左折方向は国道42号現道。国道23号は(斜め右方向に)直進です。
高架橋に沿って国道23号中勢バイパスに入るランプ(本来「直進方向」となるべき方向)はまだ未供用のようでした。

[松阪市小津町]
ここからは昔ながらの国道23号ルートを走るような感じです。信号の設置間隔も比較的短くなります。

[松阪市曽原]
正面の青い横断物は歩道橋。
国道23号の歩道橋は一斉改修でも行われていたのか、こんな感じの歩道橋が目立ちました。

[松阪市小船江町]
またまた青い覆いの歩道橋が見えます。

「伊勢道・久居IC 10km」の標識が出ていますが、実はこの次の交差点を左折してずっと行ったところに伊勢道・一志嬉野ICがあります。ただ距離にして7kmと久居ICとあまり変わらない上、久居ICは国道165号に接続しているのに対して一志嬉野ICはここからだとアクセスがちょっと面倒なところにあるため、伊勢道に入るのであれば久居ICの方が無難かも知れません。

[小船江北交差点]
青看板にヘキサは出ていませんが、左折方向は県道697号三雲久居線が分岐してます。

[雲出大橋]
雲出大橋を渡ります。
ここで渡る雲出川が松阪市・津市の境界となっています。

  

津 市

[松阪市・津市境界]


津市に入ります。三重県の県庁所在地。
日本で一番短い名前の市です。

[津市雲出本郷町]
調査日当日の交通量は多かったです。
津市の場合、国道23号が市の中心部を走るのですが、郊外を迂回するようなバイパスもなく、代替する路線がないために、必然的に国道23号に車が集まるものと思われます。

[雲出本郷町交差点]


雲出本郷町にて国道165号が分岐します。
伊勢道・久居ICに行く場合はここを左折方向へどうぞ。

[津市高茶屋小森上野町]
郊外型の商業地域といった感じの景色です。

[高茶屋小森北交差点]
この先の上り坂は、相川を渡るための相川橋への勾配。
特に大きな橋でもないですが。

[津市藤方]


電光掲示板が設置されており、この先の所要時間が出ています。
この先津市中心部は国道23号ルートとバイパスである県道114号ルートの2つに分かれまして、どちらを通っても名古屋方面へ出れますが、一方が混雑しているときは別ルートを選択することが可能です。
調査日当日は、どちらも所要時間は変わらないようでした。

[津市垂水]


ヘキサの標示は出てませんが、ここで県道114号上浜高茶屋久居線と交差しています。案内標識はどっちも「四日市34km」が標示されていて、ちょっと不親切です。左側におにぎりが設置されているのが唯一の救いですが…。

先ほどの電光掲示板のとおり、直進方向の国道23号が混雑している場合は、ここを右折してバイパスである県道114号を走って渋滞を迂回することも可能です。

[津市大倉付近]
津市の中心市街地に入っていきます。

[津球場入口]
大倉交差点から先は、しばらく片側三車線の道路が続きます。

[岩田橋南詰交差点]


この信号の先にある岩田橋北交差点で国道163号が分岐します。
手前にあるこの案内標識がなければ、まず国道の分岐点だとはわからないでしょうね…。
調査日:2009/5
 前へ(その1へ)  次へ(その3へ)
 戻る 
inserted by FC2 system