国道 Route.


国道23号

愛知県・豊橋市−三重県・伊勢市

(その5 愛知県内:弥富市−名古屋市・港区)

 
 愛知県に入ります。名古屋市に入ると連続立体交差のいかにも湾岸道路っぽい景色が続きます。

  

弥富市

[三重県・愛知県境界]


小さな河川である鍋田川を渡って、愛知県弥富市に入ります。
河川改修の結果のためか、手前の三重県木曽岬町は、三重県桑名市よりも愛知県弥富市の方が近い状態になっており、愛知県弥富市への県を越えた越境合併も議論されているのだとか…。

[弥富市三好]
郊外を走っているという感じです。
弥富市の市街地自体はずっと北の方にあるため、国道23号は弥富市南部の郊外地を走っていきます。

[弥富市狐地]
ゆるやかに右カーブです。

[稲荷西交差点]
稲荷西交差点で県道66号蟹江飛島線・県道71号名古屋西港線と交差します。国道側は平面交差で、県道の方は高架橋になっています。普通は逆じゃないか!と思いますが、多分県道の方が高架橋にしやすかったんでしょう。

左折すると、伊勢湾岸道の湾岸弥富ICに接続できます。

  

  

飛島村

[弥富市・飛島村境界]


海部郡飛島村に入ります。
六大市の一つである名古屋市に隣接する村があるというのも、ちょっと不思議な感じです。

[飛島村竹之郷]
県道103号境政成新田蟹江線と交差します。

[飛島村竹之郷]
ごっつい支柱で何か立っていました。
比較的新しめです。

[飛島村梅之郷]


梅之郷で国道302郷と立体交差します。先ほどの地名から竹之郷・梅之郷と続いているわけでして…。
じゃあ「松之郷」もあるのかと言うと、実はこの北側に実在します(笑)
しょーちくばい全部揃っているわけですね。

[日光川大橋手前]
国道302号からの車両と合流します。
この先、日光川大橋を渡ると、名古屋市に入ります。

  

  

名古屋市・港区

[飛島村・名古屋市港区境界]


名古屋市に入ります。
丸印に「八」のシンボルマークは名古屋市の市章。
尾張徳川藩がこの御紋(合印)を用いていたのだとか。

[港区藤前]
藤前付近のインターチェンジ。特にインターチェンジの名称はないようでした。この辺は運輸会社が集積しているところでして、トラックステーションもあったりします。

[庄内新川橋]
この先、庄内新川橋で庄内川と新川を渡ります。

[庄内新川橋東交差点]
この先、車線は片側三車線に増えますが、右側レーンはこの先右折専用となります。

[港区神宮寺付近]
この先の十一屋交差点で県道59号名古屋第二環状線と交差します。

[港区十一屋付近]
交通量もだいぶ多くなってきました。

[寛政インター]
ここから先はしばらく信号の無い連続立体交差が続きます。
まず最初にやってくるのは寛政インター。ヘキサもおにぎりもついていないので、そんなに重要なインターではないかな…と思いきや、名古屋市道名古屋環状線と交差しており、結構交通量も多いのだとか。

[港区いろは町]
いかにも都会らしい景色になってきました。

[築地口インター]
続いてやってくるのは築地口インター。
市道江川線・県道227号中川線に接続しています。

ちなみに、このすぐ次のインターである港陽インターと1対のような形になっており、ちょっと複雑なインターです。

[港陽交差点]
港陽インターです。
国道154号に接続しています。

名四国道のこの区間の特徴として、大きな青看板が全く設置されておらず、ただ小さな案内標識が設置されているだけのインターがかなりたくさんあります。

[港新橋付近]
合流車線がありますが、これは築地インターからのものでありまして、流入専用となっています。
この先、港新橋で堀川を渡ります。

[竜宮インター手前]
この先、竜宮インターで県道225号名古屋東港線と立体交差します。

  

名古屋市・南区

[竜宮インター先]
名古屋市南区に入ります。
特に区境界を示す案内標識は設置されていません。

名四国道のこの区間では可変標識が3つセットで出てくるケースが多いです。「制限速度守れ」「50km/h制限」「騒音防止区間」と言った具合でそれぞれ別のものを標示しています。
夜になると違う標示を出すのでしょうか??

[南区豊田五丁目]
竜宮インターから、次の北頭インターまでは間隔が比較的長いです。…というか、これまでが短すぎたというのもありますが。

[北頭インター]
北頭インター。
県道55号名古屋半田線(名古屋環状線)と交差しています。

[南区弥次ヱ町]
北頭インターを抜けると、久々の平面交差です。信号が4箇所ほど続きます。ここも何で立体交差にしなかったんだろう…という感じですが。

この先、上り坂がありますが、臨海鉄道との立体交差です。

[南区丹後通]
遠くに見える高架橋は、伊勢湾岸道です。
ここからは片側三車線に車線増加します。

[丹後通交差点]
頭上に伊勢湾岸道の高架橋がやってきたところで、県道36号諸輪名古屋線と交差します。

[天白扇川橋手前]
この先の天白扇川橋を渡ると、南区から緑区に入ります。
調査日:2009/5
 前へ(その4へ)  次へ(その6へ)
 戻る 
inserted by FC2 system