国道 Route.

 
国道25号

四日市市−大阪市

(その3d 三重県内:鈴鹿市−四日市市)


 国道25号の最後の区間。ほとんどが国道1号との重複となっていますが、四日市市の最後の1.6kmだけ再度国道25号単独区間となります。基本的には国道1号のレポートで扱う区間なので、R25単独区間以外はさらっと流します。

 

鈴鹿市

[亀山市・鈴鹿市境界]
鈴鹿市に入ります。

[安楽大橋]
安楽大橋の辺り。
この辺からは高架橋が続いて、しばらく交差点も無い区間が続きます。

[汲川原町交差点]
汲川原町交差点。
鈴鹿サーキットはここを左折です。

[○○]
加佐登町交差点。
JR加佐登駅はここを左折です。

[石薬師町交差点]
石薬師町交差点。
県道115号鈴鹿宮妻峡線と交差します。

 

四日市市

[鈴鹿市・四日市市境界]
国道25号最後の市である四日市市に入ります。

[采女南交差点]
采女南交差点。
県道8号四日市鈴鹿環状線と交差します。

[小古曽交差点]
小古曽交差点。
古めかしい標識が設置されていますが、この先の大治田ICまでの区間がバイパス化されるまではここから左折方向に分岐する県道407号三畑四日市線が国道1号となっていました。

道は現・国道1号よりもちょっと狭いですが、国道1号名古屋市・東京方面に向かう場合は、ここを左折した方が距離的にはショートカットできます。

[大治田IC]


大治田ICに出ます。
亀山市以来R1・R25重複となっていたわけですが、国道1号はここを左折していきます。国道25号は直進方向となり、再び単独区間となります。

[四日市市大治田一丁目]
元々の国道25号は、亀山市(旧関町)で国道1号に合流し、その後は単独区間とならずに四日市市街の諏訪町で終わる路線でした。ちなみに、今回は大阪市から走っていますが、正確に言うと「四日市市諏訪町が起点、大阪市の梅田新道が終点」でありました。
しかしながら、1973年に国道23号の改編が行われた際に、国道25号の起点を四日市市諏訪町から四日市市の大里町交差点に変更することになり、四日市市でのみR25単独区間となる1.2kmが発生することになりました。

なので、今走っている区間は、1973年に新たにR25となった区間なんです。
(更に言うと、国道23号名四国道はそもそも国道1号バイパスの扱いだったので、1973年までのこの区間は国道1号バイパスでありました)

[川尻町交差点]
この辺りは工業地帯と言う感じです。

[大里町交差点]


大里町交差点に出ます。長かった国道25号もここで終点。
左折するとR23豊橋市・名古屋市方面、右折すると津市・伊勢市方面です。
調査日:2011/5
 前へ(その3cへ) 
 戻る 
inserted by FC2 system