国道 Route.


国道25号 名阪国道

三重県・亀山市−奈良県・天理市

[2009/6調査 下り]

(その3 奈良県内:山添村−天理市)

 
 奈良県内に入り、五月橋ICから天理市の天理ICまで。奈良市と天理市の境界付近では標高差を回避すべくルート選定に苦心した名残でもある「Ωカーブ」が待ち構えます。

  

山添村

[三重県・奈良県境界]
奈良県山添村に入ります。
すぐにやってくるのが五月橋IC。

ちなみに、対向車線には五月橋SAが設置されていますが、こちらの下り車線は特にSAの併設は無し。

[五月橋IC]
五月橋IC。
この「五月橋」というのは、奈良県と三重県の県境に位置しているR25現道の橋梁名です。

「異常気象時通行規制区間」の標識があるとおり、ここから天理市まで連続雨量160ミリで通行止となります。

[五月橋バス停]
五月橋バス停を通過します。

[遅瀬計量所]
遅瀬計量所の入口。
この左側に車両計量所(いわゆる「カンカン」)が設置されており、過積載のチェックなどがされるようですが…。

チェーン脱着場としても使用されるようです。

[山添IC 1km]
山添ICまで1km。
上り坂が続いている関係で、しばらく左端に登坂車線が設置されています。

[山添IC]
山添ICを通過します。
山添村役場への最寄りICです。

[大阪 70km]
大阪まで70km、天理まで28km。
この先が上り勾配の頂上となるため、少し走ると登坂車線も終わります。

[山添村菅生]
下って上る光景。
今ならば高架橋で渡ったりトンネルを造って勾配が無いように処理するところですが、全線開通時(暫定二車線)の1965年当時の技術ではこれが限界だったんでしょうね…。

[車間距離を十分に]
「車間距離を十分に」

時速60km/hの高速道路である名阪国道では、事故防止のためにも一定の車間距離が非常に重要と思います。

[神野口IC]
神野口ICを通過します。
IC名の「神野口」は真言宗神野寺のある神野山(標高618.8m)の入口…という意味のようですが。

[切幡バス停]
切幡バス停を通過します。

[標高510m]
標高510m地点。
道の駅「針テラス」まで4km。

  

奈良市

[小倉IC 700m]
奈良市に入ります。
…と言っても、走って行くのは県庁所在地の奈良市というよりは、平成の大合併まで山辺郡都祁村だった地域です。

小倉ICまで700m。

[小倉IC]
小倉ICを通過します。
天理ICがIC番号[29]であるのに対して、小倉ICは[23]。終点がだんだんと近づいてきています。

[小倉バス停]
小倉バス停を通過します。

[針IC 400m]
針ICまで400m。
道の駅「針TRS(テラス)」を併設しており、道の駅が実質的にPAとして機能しています。

それにしても、案内標識は「針」「都祁」はよしとしても、括弧書きながら「柳生」「榛原」「室生」と計5つも記載されています。かなりごちゃごちゃした感じですが。

[針IC]
針ICを通過します。
平成の大合併まで存在した山辺郡都祁村では、いわゆる中心部に位置するICでした。

[針バス停]
針バス停を通過します。

[一本松IC 500m]
一本松ICまで500m。

[一本松IC]
一本松ICを通過します。
左側は非常駐車帯のような減速車線のような…という感じの車線が続いています。

  

天理市

[81kmキロポスト]
天理市に入ります。

下って上る光景。名阪国道ではよくある景色。

[福住IC 1km]
福住ICまで1km。

[福住IC]
福住ICを通過します。
ちなみに、福住ICは国道25号現道(非名阪)に接続していますが、この先は国道25号現道(非名阪)と国道25号名阪国道が別ルートをとるので、次に国道25号現道(非名阪)に接続するのは天理ICとなります。

[福住バス停]
福住バス停を通過します。

[下り坂 カーブ注意]
「下り坂 カーブ注意」

ここから10kmはずっと下り坂が続きます。
標高差が大きいため、「Ω」に迂回して高低差を稼ぐという通称「Ωカーブ」の区間に入ります。

[桜橋]
桜橋を渡ります。
この橋を渡ると一旦奈良市へと入ります。

[高峰SA]
高峰SAを通過します。
「Ωカーブの」入口に位置しているSAなのですが、現在あるのはこちら側の下り線のみ。対向車線である上り線のSAは、減速車線・加速車線ともにあまりにも短すぎたため事故が多発し、2009年3月をもって廃止されています。

[薬師橋]
うねうねとしたカーブが続きます。
下り坂の中で、休むことなくずっと下り勾配が続くだけにタチが悪いです。

[これから8km下り坂 エンジンブレーキ]
「これから8km下り坂
 エンジンブレーキ」


踊り場無き下り坂がずっと続くような感じです。

[五ヶ谷IC 1km]
五ヶ谷ICまで1km。カーブがきついところは、このように車線変更禁止となります。

ちなみに、この辺が「Ω」カーブの最上部(最北端)に当たります。

[五ヶ谷IC]
五ヶ谷IC出口。
Ωカーブのまっただ中に位置するICです。

[奈良市米谷町]
下り坂&Ωカーブ区間も終盤戦なのですが、この先の連続カーブが一番きつかったりします。

まずは左カーブ。

[右カーブ]
続いてやってくる右カーブ。
何とカーブ半径R=150mという自動車専用道路にしてはかなりキツいカーブです。

[奈良市・天理市境界]
奈良市からもう一度天理市に入ります。

天理東ICまで1.5kmですが、「天理教協会本部」とまで案内標識に明記されていてます。さすがは市名にまで宗教名が入った宗教都市というべきか…。

[天理市岩屋町]
Ωカーブ区間は抜けているのですが、もう少し下り坂とカーブが続きます。

[天理東IC]
天理東ICを通過します。
天理市街の東側に位置しているので、下り線から天理市街に入ろうとする場合はここが最寄りICになると思います。

[岩屋バス停付近]
岩屋バス停付近。
この先で下り坂連続区間は終わりとなります。

[天理IC 1km]
天理ICまで1km。
天理市街が見えてきました。

[天理IC 400m]
天理ICまで400mの地点。
ちなみに、この天理ICから先は有料道路である西名阪自動車道の区間に入るため、通行料金が発生します。

無料通行のみで走行したい場合は、この天理ICで流出します。

[天理IC]
天理ICの出口。
ここで国道25号名阪国道は終わりとなります。
山添村の五月橋IC以来奈良県内区間でずっと続いていた異常気象時通行規制区間もこれにて終了。


ちなみに、天理ICは国道169号に接続しているのですが、そこから国道25号現道に向かうにも案内標識にはどこにも「R25」は登場しておらず、土地勘の無い人にとっては突然変なところに放り出された感になります。
調査日:2009/6
 前へ(その2へ) 
 戻る 
inserted by FC2 system