国道 Route.

 
国道25号 名阪国道

三重県 亀山市−奈良県 天理市

(その3 三重県内:伊賀市・西部)


 名阪国道においては、距離的には三重県伊賀市の区間が一番長いです。勾配・カーブもまだまだありますが、奈良県区間に比べればちょっと落ち着いた感じです。

 

伊賀市・県境〜上野IC

[奈良県・三重県境界]
三重県に入ります。
最初に走っていくのは伊賀市。元は「上野市」だったのですが、2004/11の周辺町村との合併により「伊賀市」となりました。

[ここは一般国道自動車専用道路]
「ここは一般国道 自動車専用道路」

だいぶ古めかしい標識です。
三重県内ではこの手の標識が増えてきます。
[治田IC] IC番号[19]の治田ICを通過します。

[治田IC先]
路面に矢印が見えますが、逆送防止でしょうか。

[白樫IC]
IC番号[18]の白樫ICを通過します。
案内標識上部の「月ヶ瀬」「白樫」はIC名では無いのでご注意を。

[名古屋 107km]
名古屋まで107km。亀山まで41km。
名阪国道としては亀山市まで続くのですが、その先の東名阪自動車道経由で名古屋までつながっているわけであり、名阪国道の終点は「亀山」というよりも「名古屋」というイメージなのかも。

[大内IC]


大内ICを通過します。
先述の通り、上部の緑地白文字の地名は「最寄りの地名」でありまして、IC名では無いです。標識下部の白地緑文字がIC名となっています。

どうも、奈良県と三重県区間では案内標識の様式がちょっと異なっているようです。

[上野IC 1km]
続いてIC番号[15]の上野ICまで1km。
旧上野市街へ向かう際の最寄りICとなります。

[上野IC 300m]


上野ICまで300mの地点。
三重県では、主要なICだと上のような案内標識も設置されています。

上野ICは国道368号に接続しているんですが、上野市街方面と名張市方面で出口が異なるので注意が必要です。

[上野IC(上野市街方面)]
上野ICにさしかかりますが、まず最初にやってくる出口は上野市街方面への出口です。
名張市方面へはここで流出せず、このすぐ先の出口から流出します。

[上野IC(名張市方面)]
続いてやってくるのが名張方面への分岐。
案内標識の上部は何気に「名張」となっているのですが、少しわかりづらいような気はします。

 

伊賀市・上野IC〜市境

[上野東IC 500m]
上野ICを通過しまして、次はIC番号[15]の上野東ICがやってきます。こちらも上野市街への最寄りICとなります。

[上野東IC]


上野東ICでは国道422号に接続しています。
さきほどの上野ICのように方面別出口ではなく、出口は一つとなっています。

[友生IC 800m]
友生ICまで800m。

[久米川]
久米川を渡ります。
伊賀市の旧上野市地域は、山間部ではありますが、いくつかの河川が合流している関係で広大な盆地が形成されています。

[友生IC]
友生ICを通過します。
県道56号上野大山田線と立体交差しています。

[中瀬IC 1km]
案内標識に「津」と出てきますが、先述の通り「津IC」というわけではなく、「津市方面への最寄りIC」という意味になります。

IC番号[13]のIC名は、白地緑文字の「中瀬」です。

[中瀬IC手前]
自動車専用道路ですが、きちんと「国道25号」のおにぎりが立っています。「高速自動車国道じゃねぇんだぞ!」とにらみをきかせているようで(笑)

[中瀬IC]
中瀬ICを通過します。
接続している国道163号を東へと向かうと、津市に出ることができます。
調査日:2010/5
 前へ(その2へ)  次へ(その4へ)
 戻る 
inserted by FC2 system