Route.
国道26号

 〜 (新)紀州街道 〜
【起 点】 大阪市 梅田新道
【終 点】 和歌山県 和歌山市
【延 長】 72.3km
(大阪府 堺市)
【概 要】
 大阪市と和歌山市を結ぶ国道。大阪府南部の主要な市を縦貫しているために交通量もかなり多いです。堺市以南は「第二阪和国道」というバイパス道路が建設されており、そのうち堺市から阪南市までは1963年に事業化された後少しずつ延伸を続け、1983年には阪南市自然田までが完成となりました。堺市から阪南市自然田までの区間は非自動車専用道路の「第二阪和国道」として国道26号の本線ルートとなっています。
 一方、阪南市自然田から和歌山市までの区間は従来からの孝子峠ルートのままとなっていましたが、1988年より阪南市自然田以南の区間も「第二阪和道路」としてバイパス化が進められ、調査日時点で阪南市自然田から岬町淡輪までが自動車専用道路の「第二阪和国道」として開通しています。

(その1 大阪府:大阪市−堺市)
 大阪市と堺市の区間。どちらも現在は政令指定都市です。
(その2 大阪府:高石市−泉佐野市)
 第二阪和国道の区間に入ります。片側三車線の道路が続きますが、それなりに混雑。
(その3 大阪府:泉南市−岬町)
 阪南市で第二阪和国道(バイパス)と分岐します。
(その4 和歌山県:和歌山市)
 親孝行子峠を通過し、和歌山市に入って県庁前交差点まで。
[第二阪和道路 2011/5調査]
 阪南市で分岐するバイパス道路。調査日当時は淡輪ランプまでの供用となっていました。

 戻る
inserted by FC2 system