国道 Route.

 
国道26号

大阪市−和歌山市

(その3 大阪府内:泉南市−岬町)


 泉南市から阪南市を経て岬町まで。阪南市鳥取中からは現道と第二阪和国道ルートに分かれますが、ここでは現道の方を走って行きます。

 

泉南市

[泉佐野市・泉南市境界]


泉南市に入ります。
樫井川を渡ります。

[大苗代西交差点]
大苗代西交差点。
府道252号大苗代岡田浦停車場線と交差しますが、それほど大きい府道でないためか、案内標識の県道方向にはヘキサが描かれるだけで、地名の記載は無し。

[市場北2番交差点]
片側2車線になったり3車線になったりです。ただ、交差点の手前で左端レーンが増えて3車線になりまして、左端レーンが「直進or左折用レーン」となりますが、交差点を通過するとすぐに左端レーンがなくなるパターンが多いので、実質的には片側2車線で推移します。

交差点手前の左端レーンは左折時以外は使用しない方が賢明です。

[泉南市役所南交差点]
泉南市役所南交差点。
右折すると、泉南市役所に出ます。

[砂川変電所前交差点]
砂川変電所前交差点で府道63号泉佐野岩出線と交差します。

[泉南トンネル]
泉南トンネルをくぐります。
トンネルというよりも覆道みたいな感じですが。

[幡代北交差点]
幡代北交差点でもう一度府道63号泉佐野岩出線と交差します。こちらで交差しているのは新道にあたる道路です。

[泉南市幡代一丁目]


R26BPの自動車専用道路である「第二阪和国道」との分岐。直進すると、第二阪和国道に入りますが、ここでは側道に入ってR26現道ルートへ入ります。

 

阪南市

[泉南市・阪南市境界]
側道に出て、R26現道へと向かうところ。
金熊寺川を渡って阪南市に出ます。

[桜ヶ丘北交差点]
桜ヶ丘北交差点を右折します。

[平出橋]
跨線橋のように見えますが、ここでは単に河川を渡るだけです。

[下出北交差点]


下出北交差点。ここで国道26号現道は左折です。
ここで左右に交差している道路が、現在の国道26号ルート(第二阪和国道)ができるまで国道26号であった旧道に相当します。

[阪南市下出]
昔からの街道を想起させる景色です。
桜ヶ丘交差点以南の第二阪和国道ルートが全線開通すれば、こちらの道路も県道に格下げとなるのかもしれませんが…。

[南海団地口交差点]

[貝掛中交差点]
貝掛中交差点。
左折すると、R26第二阪和国道の貝掛ICに出られますが、大阪方面への流出専用となるハーフICとなっています。

[稲作交差点]
稲作交差点。左折すると、R26第二阪和国道の稲作ICに出ます。先ほどの貝掛ICとは異なるフルICですので、和歌山方面への流入も可能です。

[箱作小学校前交差点]
箱作小学校交差点の手前。
右折レーンがやたら長くなっていますが、この右折方向には箱作海水浴場が位置しているため、夏場は右折レーンが混雑するのかも。

[箱の浦交差点手前]
○○○

 

泉南郡 岬町

[阪南市・岬町境界]


泉南郡岬町に入ります。
国道26号における大阪府内区間としては最後の自治体です。

[淡輪中交差点]
淡輪中交差点。
府道259号淡輪停車場線が分岐しておりまして、右折すると南海鉄道淡輪駅に出ます。

[淡輪ランプ交差点]


淡輪ランプ交差点。R26第二阪和国道とここで合流しますが、調査日現在では第二阪和国道は淡輪ランプ以南が未供用であるため、ここでバイパスルート・現道ルートが全て合流することになります。

[岬公園駅前交差点]
岬公園駅前交差点。
南海鉄道岬公園駅が頭上に位置しています。

[深日中央交差点]
深日中央交差点。
府道65号加太港線が分岐します。

いわば三差路のようになっている交差点で、渋滞多発地点となっています。

[深日中央交差点先]
深日中央交差点を通過すると、異常気象時通行規制区間に入ります。
ここからは孝子峠への峠道です。

[岬町孝子]
左側は南海鉄道線。
対向車線は、実は深日中央交差点からの渋滞がまだ続いていたりします。

[岬町孝子]
調査日:2010/5
 前へ(その2へ)  次へ(その4へ)
 戻る 
inserted by FC2 system