国道 Route.

 
国道27号

福井県 敦賀市−京都府 京丹波町

(その5 小浜市−若狭町)


 小浜市のR163交点から若狭町の区間。小さなUp-Downを繰り返します。

 

小浜市

[小浜市和久里]
小浜市のR163湯岡橋東詰交差点を通過したところ。
国道の沿線に市街地が続く感じです。

[高架橋]
建設中の高架橋の下をくぐります。
延伸工事中の舞鶴若狭自動車道です。

[小浜市遠敷九丁目付近]
小浜市遠敷九丁目付近。
ちなみに、「遠敷」と書いて「おにゅう」と読みます。「おNEW」みたいですが(←違う)。

[東小浜駅口交差点手前]
東小浜駅口交差点の手前。
この先で県道146号東小浜停車場線、県道35号久坂中ノ畑小浜線と交差します。JR東小浜駅へはこの先を左折です。

[遠敷川]
遠敷川を渡ります。
前述の通り「おにゅう-がわ」と読むことになります。

[東市場交差点]
東市場交差点。
右折方向に県道23号小浜朽木高島線が分岐します。

[平野交差点]
平野交差点。
左折方向に県道219号本保平野線が分岐します。

この辺から山の麓を走っていくような感じです。

 

三方上中郡 若狭町 (旧上中町地域)

[小浜市・若狭町境界]


三方上中郡若狭町に入ります。
2005年3月に三方郡三方町と遠敷郡上中町が合併してできた町です。所属する郡については、合併時に郡が新設され「三方上中郡」となっています。

[日笠交差点]
ちなみに、小浜市→若狭町の区間については、国道27号は内陸寄りを走っていきます。海岸沿いは小浜市の湯岡橋付近で交差した国道162号の方が走っていきます。

[若狭町神谷]

[井ノ口交差点]
井ノ口交差点。
県道22号上中田烏線が分岐します。

[三宅交差点]
JR上中駅前を通過します。左の建物がJR上中駅。
旧上中町の中心地はこの辺りです。

[三宅交差点]


三宅交差点で国道303号が分岐します。
右折してずっと走ると、国道303号の起点である岐阜市に出ます。

[若狭町上吉田]
上の高架橋は県道22号上中田烏線。
すぐ左側にJR線が位置している関係で、一旦JR線と国道27号の頭上を飛び越えた後、ぐるっとループしてこの先で国道27号に接続します。

[脇袋北交差点]
脇袋北交差点。
県道22号上中田烏線と交差します。先ほど頭上を渡っていた県道とここで接続します。

[異常気象時通行規制区間]
異常気象時通行規制区間の起点。
ここから3kmの間は、連続雨量220ミリで通行止とのこと。

[○○]
ここからは倉見峠に向かっての上り坂にさしかかります。
左側に登坂車線が出現します。

[倉見峠]
倉見峠付近。まぁ峠と言っても標高120mの小さな丘なんですが。
平成の大合併までは、この倉見峠が旧上中町と旧三方町の境界となっていました。

 

三方上中郡 若狭町 (旧三方町地域)

[若狭町倉見]
倉見峠を通過し、旧三方町地域に入ります。
下り坂を抜ければ、また平坦な道路に戻ります。

[29kmキロポスト]
29kmキロポストが右側に見えます。
敦賀市まで29km。

[上野交差点]

[十村駅口交差点]
十村駅口交差点。
左折方向にJR十村駅があります。

[若狭町相田]
この辺からは山の麓を走っていきます。

[若狭町藤井]

[24.5kmキロポスト]
小さくて見にくいかも知れませんが、左側に新型キロポスト、右側に旧型キロポスト(黄色)が立っています。

[南前川交差点]

[三方交差点]
三方交差点の手前。
国道162号が小浜市の湯岡橋付近で分岐していたのですが、海側を経由して、この三方交差点で再度合流することになります。

[22kmキロポスト]

[若狭町気山]
この辺からは更にリアス式海岸地帯らしく、山の中腹のようなところを走っていきます。

[若狭町気山]

[気山交差点]
気山交差点。
県道244号三方五湖公園線が分岐します。

右折すると、三方五湖周遊の旅へと出ます(笑)
リアス式海岸が入り組んで、湖を形成してしまったという景勝地です。

[美方高校交差点]
美方高校交差点。
正面に見えるのは三方五湖の一つである久々子湖(くぐしこ)。
調査日:2010/5
 前へ(その4へ)  次へ(その6へ)
 戻る 
inserted by FC2 system