国道 Route.

 
国道30号

岡山市−高松市

(その1 香川県内:高松市)


 四国側は高松市1市のみを走ります。国道11号と分岐した後は距離にして1.5km程度の区間があるだけです。

 

高松市

[R11中新町交差点]
高松市のR11中新町交差点。一応ここが国道30号の起点です。
当サイトの国道11号の該当ページでも述べましたが、かつては「直進:国道30号、左折:国道11号松山方面、右折:国道11号徳島方面、手前:国道32号高知方面」でした。現在はバイパスの開通により「直進:国道11号徳島方面(国道30号重複)、手前:国道11号松山方面(国道32号重複)となっています。

[番町交差点]


その後、番町交差点で国道11号が右折していきます。
国道30号はこのまま直進となりまして、単独区間に変わります。

[高松市寿町二丁目]
高松市寿町二丁目付近の交差点。
右折方向に県道159号高松港線が分岐します。

R30高松市区間で他の路線の接続というと、R11を除けばこのr159くらいなものでして…。

[高松駅前交差点]


JR高松駅前交差点。国道30号はこの次の交差点を右折です。
瀬戸大橋が開通するまで、JR線で本州−四国を行き来する場合は、JR高松駅を下車して、この先の鉄道連絡船乗り場から宇高連絡船に乗って岡山県玉野市の宇野港に向かい、上陸後すぐのところにあるJR宇野駅に接続していました。
高松市の連絡船乗り場跡地は、現在は「サンポート高松」となっています。

[四国国道フェリー乗り場]
左側に四国フェリーの乗り場が位置しています。
自動車で本州−四国を行き来する場合は、四国フェリーのほか宇高国道フェリーや本四フェリー(津国汽船)がありましたが、本四フェリーは2004年から四国フェリーとの共同運行となった後、2009年3月に廃止となっています。

更に2012年10月には宇高国道フェリーも運行を休止し、その後に宇高航路で運行するのは四国フェリー1社のみとなりました。

[宇高国道フェリー入口]
宇高国道フェリー乗り場の手前。
「総重量制限緩和道路・高さ制限緩和道路(終わり)」の標識が立っており、「ここまでは普通の道路と違う区間だったんだぞ!」という感じの存在感を出しています。

[キロポスト]
宇高国道フェリー前にあるキロポスト。
距離の標示は、なぜか高松駅からの数値となっています。

[宇高国道フェリー乗り場]
宇高国道フェリーの乗り場。
瀬戸大橋開通後も安い料金であるために行き来する車でにぎわっていたそうなのですが、近年の高速道路割引措置によって経営は苦しくなっているのだとか…。


先述のとおり、宇高国道フェリーは運行休止となりました。
調査日:2010/9
 次へ(その2へ)
 戻る 
[KAWASAKI-TN5027]
inserted by FC2 system