Route.
国道33号

 〜 土佐街道 〜
【起 点】 高知県 高知市
【終 点】 愛媛県 松山市
【延 長】 120.6km
(愛媛県 久万高原町)
【概 要】
 高知市から松山市を結ぶ二桁国道2路線のうち、内陸側を走る一般国道です。国道の延長は海沿いを走る国道56号の1/3程度と短いですが、険しい区間も多いためにあちこちが異常気象時通行規制区間となっています。
 地形的には高知市から愛媛県久万高原町まで仁淀川(愛媛県に入ると「面河川」)沿いを走っており、川上に向かってじわじわりと標高が高くなっています。そして、標高706mの三坂峠に到達した後は、これまでの標高を一気に駆け下るような急勾配が続きます。標高図を書くと、三坂峠を境にかなり両極端になる路線です。

(その1a 高知県内:高知市−いの町)
 高知市からいの町まで。路面電車と併走する区間が多いです。
(その1b 高知県内:日高村−佐川町)
 バイパス化された区間もあまりないため、旧街道のような景色も多いです。
(その1c 高知県内:越智町−仁淀川町)
 そろそろ山がちになってきました。
(その1d 高知県内:仁淀川町−県境)
 ほとんどが異常気象時通行規制区間です。
(その2a 愛媛県内:県境−久万高原町)
 川上へと走っていきます。

(その2b 愛媛県内:久万高原町−砥部町)
 三坂峠付近では高低差を稼ぐループもあったり。

(その2c 愛媛県内:砥部町−松山市)
 久しぶりに片側二車線の道路に戻ります。


 戻る
inserted by FC2 system