国道 Route.

 
国道33号

高知市−松山市

(その1d 高知県内:仁淀川町−県境)


 仁淀川町のR439交点から県境まで。トンネルが連続していきます。

 

仁淀川町・川口〜大渡

[川口交差点]
川口交差点。国道439号とここで交差します。
ここからしばらくはR439重複となります。

[松山 77km]
松山まで77km、久万高原町まで43km。

[二子野第2橋]

[仁淀川町崎の山]
ちなみに、先ほどの越知町からの異常気象時通行規制区間はまだ続いています。こんな地形がずっと続いたら、豪雨災害の時はちょっと危険そうですが…。

[仁淀川町名野川大平付近]

[仁淀川町名野川]
仁淀川町名野川に出ます。
一応温泉のある町です。

[r363分岐]
県道363号中津公園線の分岐。
信号はありますが、押しボタン信号です。

[大渡交差点]


大渡交差点で国道439号が分岐します。
R439との重複はここまでです。

 

仁淀川町・大渡〜県境

[R439交点先]
R439との交差点を通過すると、後はもう交差点らしい交差点は全く無く、一本道が続くだけです。

[大渡ダム入口]
大渡ダムの入口。
1968年着工、1986年に完成したダムで、四国では二番目に大きなダムになります。

この先の国道33号は、このダム建設によって付け替えられた道を走っていきます。正面のトンネルは大渡第一トンネル。長さは135m。

[大渡第二トンネル]
続いて大渡第二トンネル。
長さは63m。

[異常気象時通行規制区間]
実は仁淀川町森山で一旦異常気象時通行規制区間が終わったのですが、またすぐにこのようにして異常気象時通行規制区間が始まります。

[仁淀川町森山]

[森山トンネル]
森山トンネルにさしかかります。
長さは129m。

[堀切トンネル]
堀切トンネル。長さは580m。
トンネル出口すぐのところにカーブあり…という地形が多いようで。

[仁淀川町鷲ノ巣]
ダム付替え道路というと、高架橋や長いトンネルで線形をよくしたものが多いですけど、大渡ダムの場合は比較的早い時期から着工されたためか、カーブも多かったりします。

[舟戸トンネル]
舟戸トンネルに入ります。
長さは127m。

[橘トンネル]
舟戸トンルを出てすぐのところに橘トンネルが待っています。
長さは441m。

[仁淀川町橘]

[橘洞門]
橘洞門をくぐります。
ここまで急峻な地形ばかりだった国道33号で、洞門が出てくるのは初めてのような…。

この先が愛媛県との県境となります。
調査日:2010/9
 前へ(その1cへ)  次へ(その2aへ)
 戻る 
[KAWASAKI-KN9289]
inserted by FC2 system