国道 Route.


国道38号

滝川市−釧路市

(その9 赤平市−滝川市)

 
  釧路市から続いてきた国道38号は、滝川市の本町一丁目交差点で終点です。

  

赤平市・平岸〜錦町

[芦別市・赤平市境界]



赤平市に入ります。
カントリーサインはバラと虹。

[平岸]
山がちなところはすぐに終わりまして、平岸に入ります。

[平岸東町2交差点]
例によって、平岸の市街地は一直線の道路になっています。
やはり北海道の道路。

[平岸西町1交差点]

[茂尻小学校脇]
続いて茂尻の町に入ります。

[茂尻中央町南1]
エルム森林公園・エルムダムは右折とあります。
エルム=春楡(はるにれ)であるわけですが、これと関連があるんでしょうか…。

[茂尻元町南4]

[赤平670交差点]


赤平に来ます。
カーブを曲がったところでマンションが林立したところに出るんですが、こんな景色を見るのも久しぶり…。

[本町1交差点]
赤平市の中心市街地を走っていきます。
現在、赤平バイパスの建設が進められておりまして、全通後は市街地の北側を迂回するルートになる予定です。

  

赤平市・錦町〜共和


調査日現在だと、赤平駅前の錦町交差点で国道38号は右折です。元はこの交差点をそのまま直進だったのですが、赤平バイパスが部分開通している関係で、ここから先は新道・現道を連絡する虹かけ橋を経由して、赤平バイパスに出ることとなります。

[連絡路]
この道、以前は道道114号だったルート。
今は国道38号となっていますが、赤平バイパス全通後は道道114号に戻るんでしょうね…。

[赤平バイパス]
突き当たりのT字路を左折です。
右折方向はまだ未開通のため、通り抜けできません。

[吉の川橋]
ここからが赤平バイパスです。
少し山がちの中、快走路が続きます。

[道道224号分岐]
道道224号と合流します。
正面に見える城は何なんだろう??

…と思って後で調べたところ、「最北の城」とする「徳川城」だそうで、人形工房の観光施設として建てられたのだとか。平成初めにできたというと、何となくあの竹下さんの1億円が頭に浮かんでしまうんですが…。


[10kmキロポスト]

[道道564号分岐]
でっかい塔の下で、道道564号が分岐します。

[道道564号分岐先]

  

滝川市

[赤平市・滝川市境界]



最後の市、滝川市に入ります。
カントリーサインはグライダーでしょうか。

[東滝川1交差点]
ここまで来れば、後は平坦な道を走り抜けて行くだけです。

[滝川IC]
車線は二車線に増えます。
滝川ICで道央道と接続します。

[2.5kmキロポスト]
国道38号も残すところあと2.5km。
そろそろ市街地に入ります。

[国道12号滝川バイパス交点]



国道12号滝川バイパスと交差します。
R38起点は国道12号現道の方なので、R38はもう少し続きます。

[0.5kmキロポスト]
中心市街地は、中央線だけ白い実線で、車両通行帯のない道路が続きます。教本に出てきた覚えはあるけれど、あまりお目にかかれない形式の道路標示です。

[国道12号現道交点]


国道12号現道の本町1交差点で国道38号は終わりです。
直進方向は国道451号でして、日本海側に出ることができます。

  

調査日:2007/6
 前へ(その8へ)
 戻る 
inserted by FC2 system