Route.
国道39号

 〜 大雪国道・北見国道 〜
【起 点】 北海道・旭川市
【終 点】 北海道・網走市
【延 長】 215.2km
(網走湖付近)
【概 要】
 旭川市の国道12号終点から層雲峡温泉を通過して石北峠を越え、北見市・美幌町・女満別を経て網走市に至る国道です。石北峠区間では大雪山の麓を走り抜けていきます。1952年の一級国道指定時は、現在のJR石北本線とほぼ同じルートである北見峠経由だったのですが、1957年に石北峠経由の新道が開通し、旧来の北見峠から遠軽町を大きく迂回するルートよりも距離の短縮が可能となったため、1965年に国道39号を北見峠経由から石北峠経由に変更したという経緯を持ちます。なお、北見峠の方は一旦道道へ格下げとなった後、1970年に国道273号として再指定されています。
 北海道に峠は色々ありますが、国道39号の走る石北峠は前後のアプローチ区間の長さ・雄大さといい、北海道における旧一級国道の峠では作者KAWASAKIが一番好きな峠だったりします。
【内 容】
(その1:旭川市−比布町)
 旭川市で国道12号を引き継いでスタートです。旭川市街は基本的に一直線。
(その2:愛別町−上川町)
 まだまだ平坦な道です。上川町で国道273号と合流します。
(その3:石北峠)
 上川町のうち国道273号交点から石北峠まで。長い長〜い峠道です。
(その4:留辺蘂町)
 旭川・上川側とは異なり、急な勾配で一気に下ります。
(その5:北見市−端野町)
 久しぶりの都市部を走ります。
(その6:美幌町−女満別町)
 美幌町で向きを北北東へと変え、網走市へと向かいます。
(その7:網走市)
 目的地たる網走市。終点はなぜか変なところに位置しています。

 戻る
inserted by FC2 system