Route.
国道41号

 〜 飛騨街道 〜
【起 点】 名古屋市 東区
【終 点】 富山県 富山市
【延 長】 252.1km
(岐阜県 下呂市)
【概 要】
 愛知県名古屋市を起点に、岐阜県の飛騨地域を経て、富山県富山市に至る一番国道。飛騨川と神通川(宮川)に沿って山間部を走って行くので、古来から難路であったようです。随所に異常気象時通行規制区間が設定されていますが、この端緒となった飛騨川バス転落事故が起きたのもこの路線でした。

(その1a 愛知県:名古屋市−小牧市)
 名古屋高速道路の高架下を走って行く区間が続きます。
(その1b 愛知県:小牧市−犬山市)
 郊外型の商業施設や田園地帯が沿線に続く風景。典型的なバイパスというところでしょうか。
(その2a 岐阜県:可児市−川辺町)
 途中で美濃加茂バイパスが分岐しますが、ここでは現道の方を走って行きます。

(その2b 岐阜県:七宗町−白川町)
 飛騨街道らしき山間部を走って行きます。飛騨川バス転落事故が起きたのもこの区間でした。

(その2c 岐阜県:下呂市南部)
 下呂市に入り、旧益田郡金山町地域から旧下呂町の森交差点まで。信号がほとんど無い一本道が続きます。

(その2d 岐阜県:下呂市北部)
 下呂市の森交差点から旧小坂町地域まで。そこまで険しい道ではないのですが。

(その2e 岐阜県:高山市南部)
 高山市のうち旧大野郡久々野町から旧高山市地域まで。標高800mの宮峠で分水嶺を越えます。

(その2f 岐阜県:高山市北部−飛騨市南部)
 高山市のうち旧吉城郡国府町から飛騨市の旧吉城郡古川町地域まで。山間部にしてはUp-Downは少ないです。

(その2g 岐阜県:飛騨市北部)
 平成の大合併まで吉城郡神岡町だった地域。県境付近は、トンネルに番号が付いています。
(その3a 富山県:富山市南部)
 富山市のうち旧細入村の区間。山をずず〜と下っていきます。
(その3b 富山県:富山市北部)
 富山市のうち旧大沢野町から終点金泉寺ICまで。富山平野を走って行きます。

 戻る
inserted by FC2 system