国道 Route.

 
国道41号

名古屋市−富山市

[飛騨街道]

(その1a 愛知県内:名古屋市−小牧市)


 名古屋市から小牧市のR155交点までの区間。右左折はなく、ずっとまっすぐな路線が続きます。

 

名古屋市

[高岳交差点]


名古屋市東区の高岳交差点が国道41号の起点です。
直進すると、国道19号塩尻市・長野市方面へと向かいます。

熱田神宮交差点までR19と重複している…というようなことは特段無く、ここから国道41号が始まります。

[東片端南交差点]
頭上を走っているのは名古屋高速都心環状線。
正面で高架橋が左へと分岐していっていますが、この上が名古屋高速の東片端JCTとなっており、都心環状線は左へと伸び、直進方向に名古屋高速1号楠線が分岐しています。

まぁ、都心環状線は一方通行になっているので、ジャンクションにしては簡略化された構造なんですけど。

[名古屋市東区白壁二丁目]
前述の通り、頭上を走る高架橋が都心環状線から名古屋高速1号楠線に変わります。基本的に小牧市付近までは名古屋高速の高架橋の下を走っていきます。

ちょっとわかりづらいですが高架橋は二層構造になっており、1階(地上)部分が国道1号、2階相当部分が名古屋高速1号楠線の北行き(小牧市方面)、3階相当部分が名古屋高速1号楠線の南行き(名古屋市街方面)となっています。

[北区役所南交差点]
名古屋高速1号楠線の黒川出入口付近。
頭上を高架橋が行き交っています。

この辺までは用地の問題で名古屋高速の高架橋が二層構造となっており、本線車道から地上までの高低差が発生するため、結構複雑なIC構造となっています。

[黒川本通4交差点]
この辺からは国道41号は片側三車線に、高架橋は一層構造に変わります。

[名古屋市北区萩野通2]

[新川中橋]
新川中橋を渡ります。
この橋梁部だけは国道41号の上に名古屋高速の高架橋を持って来れないのか、頭上の高架橋は国道41号の右へと迂回します。

[新川中橋北交差点]
新川中橋を渡ると、再び国道41号の上を高架橋が走るようになります。

[大我麻町南交差点]


大我麻町(おおがまちょう)南交差点。
国道302号と交差します。

一応、東名阪道四日市方面に向かう場合はここを左折して山田西ICから流入、東名阪道名古屋IC(東名高速)方面に向かう場合はここを右折して勝川ICから流入となります。

[大我麻町南交差点先]
大我麻町南交差点付近は、頭上に名古屋高速道路と東名阪自動車道を接続する楠JCTも位置しており、それぞれの料金所設置も相まって複雑なJCTとなっています。

ちなみに、頭上を走る高速道路も、これまでは名古屋高速1号楠線でしたが、楠JCTから先は名古屋高速11号小牧線と名称が変わります。

 

西春日井郡 豊山町

[名古屋市・豊山町境界]
西春日井郡豊山町に入ります。

[豊場交差点]
豊場交差点で県道62号春日井稲沢線と交差します。

[幸田交差点]
幸田交差点。
豊山町役場・名古屋空港はここを右折したところです。

この先に料金所があるためか、名古屋高速の高架橋は上下線でちょっと大きく離れます。上下線の高架橋の合間からは青空も見えます(笑)

[青山下屋敷交差点]
青山下屋敷交差点。
県道161号名古屋豊山稲沢線と交差します。

一応、名古屋空港へはここを右折しても行けます。
先ほどの幸田交差点で右折した方が近いんですが。

[豊山北入口]
右側の分岐は名古屋高速の豊山北入口。
国道41号の中央寄りから分岐→名古屋高速道路本線の右側から流入というのが、名古屋高速11号小牧線のスタイルのようでして…。

 

小牧市

[豊山町・小牧市境界]
小牧市に入ります。
名古屋高速の高架橋下を走る区間はもうしばらく続きます。

[下小針中島2丁目南交差点]

[○○]
右側から名古屋高速小牧南出口からの合流車線がやってきます。
やはり道路中央寄りからの流出入となっています。

[花塚橋南交差点]
花塚橋南交差点。
県道25号春日井一宮線と交差します。

[名古屋高速堀の内入口]
名古屋高速の堀の内入口。
この先で名古屋高速11号小牧線は東名高速小牧ICに合流するのですが、小牧IC手前の入口としてはこの堀の内入口が最後となります。

[間々本町交差点]


間々本町交差点。
一般国道の「名古屋環状線」のような存在である国道155号現道と交差します。なお、国道155号バイパスとはまたこの先で別途交差していきます。
調査日:2011/4
 次へ(その1bへ)
 戻る 
inserted by FC2 system