国道 Route.

 
国道41号

名古屋市−富山市

(その2a 岐阜県内:可児市−川辺町)


 岐阜県に入りまして、可児市から美濃加茂市を経て川辺町まで。現在、美濃加茂バイパスが供用済みですが、ここでは現道の方を走っていきます。

 

可児市

[愛知県犬山市・岐阜県可児市境界]


愛知県と岐阜県の県境。
峠みたいですが、実際は小さな丘のような感じです。

[帷子IC]
帷子IC。
県道122号御嵩犬山線と立体交差します。

[高山 127km]
高山市まで127km、下呂市まで76km。
国道41号はひとまず高山市に向かって走っていくことになります。

[虹ヶ丘交差点]
信号機のある交差点が久しぶりにやってきます。
追突防止・注意喚起のためか、だいぶ手前から「信号機あり」の警戒標識が設置されていました。

[31kmキロポスト]
県境付近から谷間を走っていく感じでしたが、このカーブの先で両側の山も無くなり、視界が開けます。

[土田下町交差点]
土田下町交差点。
ここからは視界が開けて平野部を走っていきます。

[中濃大橋南交差点]
中濃大橋南交差点。
県道84号土岐可児線が分岐します。

[中濃大橋]
木曽川に係る中濃大橋を渡ります。

 

美濃加茂市

[中濃大橋北詰]


中濃大橋を渡り、美濃加茂市に入ります。
すぐのところで分岐がありまして、R41現道は左車線で流出、R41バイパスは中央寄り車線を走って行きます。

ここでは現道の方を走って行きます。

[太田本町4交差点]


高架橋の下に出まして、太田本町4交差点を国道41号(現道)は右折です。左折方向は国道21号岐阜市方面。

[美濃加茂市太田本町四丁目]
ここからは国道21号現道との重複区間になります。
おだんごも見られます。

[太田本町1交差点]
太田本町1交差点。
県道347号蜂屋太田線が左折方向に分岐します。

[神明堂交差点]
現在は、この区間も「国道41号の現道」となっているのですが2009年に美濃加茂バイパスが開通していることを踏まえれば、それほど時間がたたずにこの区間も国道指定を解除されるのかもしれません…。
重複している国道21号現道にしても、坂祝バイパスが建設中であり、いずれは国道41号でも国道21号でもなくなってしまうと思われますが…。

[島町交差点]
島町交差点。
以前は左折方向に国道248号岐阜市方面が分岐していたのですが、既に国道指定を解除されてしまったようです。

[御門町交差点]
御門町交差点。
ここも右折方向に国道248号蒲郡市方面が分岐していたのですが、現在は国道指定を解除されてしまったようです。

結構バイパス化があちこちで進んでいる地域のようで。

[新太田橋交差点]


新太田橋交差点。太田本町4交差点以来重複していた国道21号はここを右折していきます。国道248号もここで交差です。

[美濃加茂市川合町二丁目]
新太田橋交差点を通過すると、国道41号単独区間に戻ります。
東海環状自動車道はここを左折した方向。

[美濃加茂市川合町四丁目]

[森山3交差点]
森山三丁目交差点の手前。
県道350号山之上古井線と交差します。

[森山3北交差点]
森山3北交差点。
この交差点を通過すると、川沿いの崖がせり出してきます。

 

加茂郡 川辺町

[美濃加茂市・川辺町境界]


加茂郡川辺町に入ります。
いきなり崖がせり出してきまして、河岸段丘の下のような地形になります。(まぁ、だからこそ市町村の境界になったのかもしれせんが)

[JR高山本線]
左側を走っているのはJR高山本線。
この辺から終点の富山市までのほとんどの区間で国道41号のすぐ近くを併走していきます。

[東海環状自動車道]
東海環状自動車道の下をくぐります。
国道41号の現道とは接続が無く、国道41号美濃加茂バイパスの方で東海環状道美濃加茂ICに接続しています。

[下川辺宮裏交差点]
下川辺宮裏交差点。
左折方向にはすぐのところに踏切があるため、信号機には
「←踏切一時停止」と表示板が設置されていました。

[JR高山本線]
くどいですが、併走しているのはJR高山本線。
全線非電化の「本線」であり、2本のレールのみが延びていく様は良い意味でローカルさを醸し出しています。

[中川辺駅南交差点]
JR中川辺駅の入口。左折してすぐのところが駅です。
右折方向は川辺町役場。

[新山川橋北詰交差点]


新山川橋北詰交差点。
美濃加茂市で分岐していたR41美濃加茂バイパスとここで合流します。ちょうと立体交差化の工事中のようでした。

[上川辺交差点]
ここからは現道・バイパスが合流し、国道41号としては一本となります。
上川辺交差点で、県道64号可児金山線が分岐します。

[川辺町下麻生]

[高山 109km]
高山市まで109km。
平野部らしい平野部はこの辺で終わりまして、ここからは山間部らしい景色に変わっていきます。
調査日:2011/4
 前へ(その1bへ)  次へ(その2bへ)
 戻る 
inserted by FC2 system