国道 Route.

 
国道41号

名古屋市−富山市

(その2d 岐阜県内:下呂市 北部)


 下呂市の森交差点から、下呂市内の旧益田郡小坂町地域まで。市街地は旧下呂町のほか、旧萩原町・旧小坂町に分散している感じです。

 

下呂市 (旧益田郡 下呂町地域)

[森交差点]
森交差点を通過します。

[下呂トンネル]
下呂トンネルに入ります。
1975年開通のトンネルでありまして、「下呂富士」と呼ばれる山の下を通過していきます。

[下呂トンネル]
下呂トンネルは全長1232mでちょっと長めです。

[下呂トンネル出口]
下呂トンネルを通過します。
トンネルを出てすぐの東上田交差点で、旧道ルートと合流します。

[瀬戸ダム]
左に見えるは瀬戸ダム。
一応、堰とも言えるダムなのですが、水力発電にもかかわっているようで。

[下呂洞門]
下呂洞門にさしかかります。

[導水管のようなもの]
頭上に導水管のようなものが走っています。
水力発電がらみでしょうか…。

ちなみにこの辺までが異常気象時通行規制区間となっています。

 

下呂市 (旧益田郡 萩原町地域)

[中呂交差点]
旧益田郡萩原町地域に入ります。
平成の大合併により、現在は引き続き下呂市の地域ですが、地名としては「下呂市萩原町」となっています。

[花池南交差点]


長らく国道257号が重複していたわけですが、花池南交差点で国道257号が分岐していきます。まぁ、国道257号は途中で行き止まりとなってしまうのですが…。

[下呂市萩原町花池]
萩原町地域は小さいながらも平野部が形成されていますので、道はそれほど険しくないです。

[萩原交差点]
萩原交差点。旧萩原町地域の中心地です。
ここを右折するとJR飛騨萩原駅に出ます。

[朝霧橋交差点]
朝霧橋交差点。
ここを左折すると朝霧橋を渡って、飛騨川の対岸に出ます。

[登坂車線]
朝霧橋交差点の先は上り勾配になっているため、登坂車線が出現します。

[飛騨川大橋交差点]
飛騨川大橋交差点。
先ほどの朝霧橋同様、左折すると飛騨川大橋を渡ります。

[下呂市萩原町上呂]
郊外型の商業施設が並ぶ感じです。
左側の飛騨川、右側の山地に挟まれた地域ですが、国道沿いに店舗が続いています。

[上呂駅]
上呂駅。
現在の下呂市には、「上呂」「中呂」「下呂」という地名が存在します。
「下呂」という地名も、「元々は駅伝制における"下留(しものとまり・げる)"が転じて"下呂"になった」と言われていますが、「上呂」「中呂」も果たして同じような由来なのでしょうか…。

[JR高山本線]
右側にJR高山本線が走ります。
相変わらずの非電化単線の路線です。
(以前、電化の計画も持ち上がったらしいのですが…)

[奥田洞洞門]
正面奥に見えるのは「奥田洞洞門」。
「洞」の文字が二個重なっていますが、「萩原町奥田洞」にある「洞門」という命名らしいです。

[赤岩交差点]

[萩原町大ヶ洞]
小坂町の矢ヶ野交差点まではしばらく大きな交差点はなくなります。信号機があっても押しボタン信号であることがほとんど。

[上宮田交差点]
上宮田交差点。
信号機は押しボタン式です。

[チェーン脱着所]
チェーン脱着所。
単なるバス停みたいにも見えてしまいますが(笑)

[登坂車線]
旧萩原町と旧小坂町の間は上り勾配になっているので、登坂車線が出現します。

 

下呂市 (旧益田郡 小坂町地域)

[旧萩原町・旧小坂町境界]
Up-Downk境目で旧益田郡小坂町地域に入ります。
登坂車線もここで終わります。

[矢ヶ野交差点]
小坂町の中心市街地に出ます。
矢ヶ野交差点で県道88号下呂小坂線に接続します。

[下呂市小坂町小坂]
○○○

[下呂市小坂町大垣内]
飛騨川を渡ります。
一度飛騨川の西岸に出ますが、この後もう一度飛騨川を渡って再び飛騨川東岸に出ます。

[JR高山本線]
飛騨川・国道41号・JR高山本線と並びます。

[トンネル予定地]
左側が何やら工事中の様子。小坂久々野トンネル(仮称)という延長1.5kmのトンネルが建設中なのだそうです。

今のところの国道41号はここで右へ急カーブです。

[旧小坂町・旧久々野町境界手前]
御嶽いで湯の町
 小坂へまたおいでください」


旧益田郡小坂町地域もここまで。
この先は、旧大野郡地域に入りまして、現在の自治体名も下呂市から高山市に変わります。
調査日:2011/4
 前へ(その2cへ)  次へ(その2eへ)
 戻る 
inserted by FC2 system