国道 Route.


国道42号

浜松市−和歌山市

[熊野街道]

(その1d 印南町−田辺市)

 
 印南町・みなべ町、そして田辺市のうち稲成町交差点までの区間です。

  

印南町

[御坊市・印南町境界]



日高郡印南町(いなみちょう)に入ります。
この先、しばらく市町村境界には、「市町村」の案内標識と一緒におにぎりが登場します。

[印南IC 2km]
阪和自動車道の印南ICまで2km、の標識が出ています。
阪和道自体は国道42号と接続しておらず、この先で分岐する県道に接続しています。

[印南港交差点]
印南港交差点。
ここで県道28号印南原印南線が分岐します。路線名が「印南」の間に「原」がサンドイッチになっていて変な感じですが、印南町
印南原のr27と印南町印南のR42を結んでいるためにこのような路線名になっています。

阪和道印南ICも県道28号へどうぞ。

[平和橋]
平和橋を渡ります。
この右側は印南港です。

[印南町印南]
この先短い上り坂がありまして、登坂車線が出現します。

[印南町西ノ地]
上り坂があれば下り坂。
Up-Downは、入り組んだ海岸の沿線を走っていく路線の宿命です。

[切目橋手前]
県道202号古井西ノ地線が分岐します。
この先、切目橋を渡ります。

[切目駅前南]
JR切目駅前。
ここから先はJR紀勢本線に沿って走っていきます。

[「花風」付近]
正面に見えるのはレストランの「花風めしや」。

[印南町島田]
跨線橋を渡りまして、左から国道42号・JR紀勢本線・海という順番になります。絵になるな…というところ。

[印南町島田]

  

みなべ町

[印南町・みなべ町境界]


日高郡みなべ町に入ります。2004/10に南部町と南部川村が合併してできた町。南部と書くと、普通は「なんぶ」と読んでしまいますが、南部町は「みなべちょう」、南部川村は「みなべがわむら」と読みました。

[みなべ町西岩代]
みなべ町は梅干しの生産量が日本一の町。
この先にも「日本一 紀州梅の里」という看板が右側に立っています。

[異常気象時通行規制区間 起点]
ここから先、異常気象時通行規制区間に入ります。
ただし、特に国道42号の場合は、通行止めになっても迂回路になりそうな道路がないケースがほとんどです。みなべ町のこの区間に限っては、最悪の場合は並走している阪和自動車道を使えますが、そうでない区間は国道42号が寸断されたら大変なことになります。

[ゆずり車線]
上り坂にさしかかります。
ゆずり車線が出現します。

[岩代峠]
上り坂が終わった辺り(岩代峠というんでしょうか…)には、ドライブインがあったりします。
右折レーンがありますが、この手前には「追突注意」の看板がたっていました。まぁ、坂の頂上は見通しが悪いので、ちょっと注意が必要です。

[みなべ町山内]
下り坂に入りまして、みなべ町の市街地が見えてきます。

[南部大橋]
南部大橋で南部川と古川を渡ります。
二つの川はこの橋のすぐ下流側で合流しています。

[みなべ交差点]


みなべ交差点で国道424号が分岐します。
ちなみに、国道424号は国道42号に合流したこの交差点で終わりか…と思いきや、この先田辺市まで重複していきます。

[みなべ町北道]
街路樹が南国っぽいです。
JR南部駅はこの先の交差点を左折です。

[みなべ町植田]
画像の右側に見える白色の建物は、「ベイホテル朝日楼」。この先は上り坂を抜けて、高台に出ます。

[一本松バス停先交差点]

[堺交差点手前]
堺漁港の脇を通過します。
右側に漁船や格納庫が見えます。

  

田辺市

[みなべ町・田辺市境界]



田辺市に入ります。
2005/5に田辺市(旧)・龍神村・中辺路町・本宮町が合併して誕生しました。

[大屋トンネル手前]
海沿いの道です。
この先、大屋トンネルをくぐります。

[田辺市芳養町]
県道199号芳養清川線が分岐します。

[JR芳養駅前]
JR芳養駅前を通過します。
「芳養」と書いて「はや」と読みます。難読。

[田辺市明洋]
田辺市の稲成町交差点までの区間は、大きなUp-Downはないです。
比較的平野部を走っていきまして、国道に沿って市街地が続いているような感じです。

[JR紀勢本線ガード]
頭上を走っているのはJR紀勢本線。
紀伊半島の南部はJR紀勢本線のほかにJR線が全く走っていないという状態であり、多気駅−和歌山駅の338kmはJR線と全く接続がないです。一応、他のJR線と接続がない区間が338kmというのは日本一なのだとか(笑)

[田辺市上の山]

[稲成町交差点]


稲成町交差点で国道42号は左折し、田辺バイパスへと向かいます。
直進方向は国道424号です。
調査日:2009/6
 前へ(その1cへ)  次へ(その1eへ)
 戻る 
inserted by FC2 system