国道 Route.


国道42号

浜松市−和歌山市

[熊野街道]

(その5 田辺市−白浜町)

 
 田辺市の稲成町から先は快走できるバイパス区間が続きます。その後白浜町からは、海沿いをトンネル群で抜けていきます。

  

田辺市

[田辺市稲成町]
稲成町交差点を左折しまして、進路を一時的に北へと変えます。左に見えるのはパビリオンシティ。スーパーなどなどが入っています。

[稲成ランプ]


この先の稲成ランプ交差点で国道42号は左折です。
左折方向は阪和自動車道田辺ICに接続しています。

[秋津町交差点手前]
片側二車線の道路に変わります。
この先の秋津町交差点で県道29号田辺龍神線と立体交差します。

[下万呂交差点]
この区間は「田辺バイパス」と呼ばれるところで、2000/3に開通した比較的新しいバイパスです。立体交差のところも多いのですが、この辺は平面交差になっています。

[田辺市中万呂付近]
丘の上を走ります。Up-Downになっています。

[田辺市新庄町付近]
新庄町で県道216号温川田辺線と立体交差します。

[田鶴交差点手前]
田鶴交差点。
この先でR42旧道である県道31号田辺白浜線が合流します。
この先、片側一車線の高架橋で立体交差します。車線減少があるのでご注意を。

[田鶴東交差点]
田鶴東交差点。
実は、以前はこの正面に1935/3開通の田鶴トンネルがあったのですが、老朽化していたためトンネルを廃棄し、画像のように右側を迂回するルートが2007/2に開設されました。

  

西牟婁郡 上富田町

[田辺市・上富田町境界]
西牟婁郡上富田町(にしむろぐん・かみとんだちょう)に入ります。
田鶴トンネルを廃止して新しく迂回ルートを造ったわけですが、その迂回カーブの辺りが境界になっています。

[峠交差点]
四車線道路はこの手前まで。
ここからは片側一車線の道路に変わります。

[朝来跨線橋先]
上富田町の中心市街地に入ります。
下り坂になっているのは、JRの跨線橋を越えた先であるため。

[朝来駅前交差点]
JR朝来駅前。
上富田町で唯一の駅です。

この付近はちょっと狭め。

[上富田町岩崎]



上富田町岩崎で国道311号が分岐します。
この国道311号ですが、紀伊半島を横断して、このずっと先の三重県熊野市で国道42号に再び合流することになります。

[郵便橋交差点手前]
この先の郵便橋交差点で国道42号は左折です。

  

西牟婁郡 白浜町

[郵便橋]
郵便橋にさしかかりますが、ここが上富田町・白浜町の境界です。
「郵便橋」というネーミングが気に掛かるところですが、上富田町のHPによると、この付近に県営渡船があり郵便物の受け渡しが行われていたとのこと。その後は1890年頃に橋が架けられることになり、以後その橋梁を使って郵便物の受け渡しが行われたことから、いつしか「郵便小橋」と呼ばれるようになったのだとか。

現在の橋は1958年に開通したものです。

[内ノ川交差点]
しばらくは富田川に沿って走っていきます。
この右側に富田川が流れています。

[庄川口交差点]
庄川口交差点で県道213号白浜久木線が分岐します。

[白浜町十九渕]

[富田橋交差点]
富田橋交差点で県道34号富田白浜線が分岐します。

[一目坂トンネル]
ここから異常気象時通行規制区間に入ります。
急峻な地形の海岸線であり、トンネルも多々待っています。

まず最初にやってくるのは一目坂トンネル。入口はちょっと古めかしい感じです。

[白浜町富田]

[袋隧道手前]
つづいて袋隧道にさしかかります。
こちらも短めの隧道です。

[カーブ]
カーブも連続します。
いきなり山岳地に入ったような景色ですが、これでも海沿いを走っています。

[白浜町椿字見草]
椿字見草に入ります。
海が見えます。この辺はちょうど見草崎と大赤島の間で湾のようになっているところ。国道42号も湾に沿って弧を描くように走っていきます。

[椿温泉]
椿温泉付近。
にょきにょきと突然にビル群が出現しますが、温泉街としての宿泊施設になっているようです。狭いところにホテルも集中しています。

[市江トンネル]
市江トンネルにさしかかります。長さは366m。
隧道が続いていますが、どれも結構古そうなトンネルで、中はちょっと狭めです。

このトンネルを抜けると、2006/3まで「西牟婁郡 日置川町」であった地域に入ります。

[三ツ石隧道]
三ツ石隧道。
右側には「浜松まで361km」のキロポストが立っています。もっとも、浜松まで全線通しで走る人なんかは、作者KAWASAKIのような物好きぐらいだろうな…と思いますが(笑)。
少なくとも三重県に出るならば国道42号を走るよりも、国道311号を使った方が大幅にショートカットできます。

[白浜町日置]

[笠甫トンネル]
笠甫トンネルにさしかかります。
長さは465m。

ここまで異常気象通行規制区間が続いてきましたが、このトンネルを抜けて少し走ればようやく終わりです。

[白浜町日置]
白浜町日置の町に出ます。
この先に道の駅志原海岸があります。

案内標識が信号機に隠れてよく見えないのですが…。

[町役場前交差点]
町役場前交差点。「町役場」と言っても、この交差点にあるのは2006/3に合併するまでにあった旧「日置川町」の役場です。多分現在は役場の支所になっていると思われますが。

右方向に分岐していく道路がありますが、R42旧道に相当する道路と思われます。

[寺山隧道]
寺山隧道をくぐります。

[海蔵寺隧道]
続いて海蔵寺隧道にさしかかります。

[日置大橋]
日置大橋にさしかかります。
ちなみにここの交差点で左方向に県道37号日置川大塔線、右方向に県道223号日置港線が分岐しています。

[日置トンネル]
またまたトンネルです。
まずやってくるのは日置トンネルでありまして、1991/3開通の比較的新しいトンネル。長さは1184mと少し長めです。

[堺交差点手前]
日置トンネルを抜けたところで県道243号日置川すさみ線(旧R42)との接続があります。

[朝来トンネル]
次にやってくるのが朝来トンネル。
こちらは1996/3開通で、先ほどの日置トンネルよりも更に新しいトンネルです。長さは918m。

このトンネルの中で白浜町からすさみ町に入ります。
調査日:2009/6
 前へ(その1dへ)  次へ(その1fへ)
 戻る 
inserted by FC2 system