国道 Route.


伊勢湾フェリー

鳥羽港−伊良湖港

(R42 番外編)

 
 国道42号の三重県鳥羽市〜愛知県伊良湖岬は海上区間となっていますが、当該区間は伊勢湾フェリーによって結ばれています。一応、海上区間として伊勢湾フェリーに乗船してみました。

  

伊勢湾フェリーとは?

[伊勢湾フェリー]
伊勢湾フェリー(伊良湖航路)は、R42端点である三重県鳥羽市の鳥羽港から、R42愛知県側端点の伊良湖港を結ぶフェリー航路です。

鳥羽港−伊良湖港を55分で結んでいます。
伊勢湾を横断できるため、名古屋市を経由して陸路で走るよりもかなりのショートカットが可能です。


※画像は伊勢湾フェリーHPより転載しました。

  

鳥羽港フェリーターミナル

[フェリーターミナル入口]
鳥羽港フェリーターミナルです。
自動車で乗船する場合は、この駐車場に車を停めまして、二階で手続きします。フェリーターミナルというと、広い駐車場を持っているイメージがあるのですが、鳥羽港フェリーターミナルの場合は比較的市街地にあるためか駐車場はフェリーターミナルの一階部分にあります。

[きっぷうりば]
フェリーターミナルの二階。
きっぷうりばにて乗船手続きをします。

右側はフェリーターミナルに付き物のお土産売り場になっています。

[乗船口]
フェリーターミナル二階の海側の部分。
歩行者の人は二階から乗船することになります。

[一階駐車場]


一階の駐車場に戻ります。
LEDが「今度の伊良湖行 16:30」と知らせてくれています。

かつてはここから伊良湖行きのほかに愛知県知多半島の師崎港への航路や中部国際空港方面の常滑航路も発着していたのですが、2007年3月までにそれぞれ廃止となっています。
その頃は、このLEDも「伊良湖行き」のほかに「師崎行き」だとか「常滑行き」も標示していたんでしょうが…。

[乗船券]
ちなみにフェリー乗船券はこんな感じです。
乗船の際、上側を回収されます。

[のりば]
フェリーの接岸を待つ乗り場です。
左側・右側で計2つの乗り場がありました。

  

乗 船〜出 航

[フェリー到着]
伊良湖港からやってきた知多丸が鳥羽港に到着しました。
歩行者は2階から、車両は1階部分から下船してきます。

伊良湖港からの車両が全部下船したところで、鳥羽港からの車両が乗船します。

[車両甲板]
車両甲板の様子。
係員が誘導しています。お疲れ様です。

[出航作業中]
作者KAWASAKIはフェリーにも結構乗っている方と思うのですが、出航の際はたいてい船尾甲板に出て、出航作業の様子を眺めるようにしています。車両は全て乗船が終わったようで、橋のようなものをたたんでいるところでした。

[出 航]
いよいよ出航です。
ががががと音を立てるかと思いきや、意外と静かな船出。

出航にあたって方向転換が不要なためか、すんなりと出航できるようです。

[出航後]
フェリーターミナルももうかなり遠くなりました。
右端の白い建物がフェリーターミナル。左端は坂手島です。

[三階甲板にて]
この辺はリアス式の志摩半島のまっただ中でして、大小様々な島が眺められます。

  

船 内

[船首側]
一応船内の様子も。
船首側はテレビスペースがありまして、坐席が並んでいます。

[お座敷スペース]
坐席スペースの後ろ側は、区切られたお座敷のようなスペースになっています。

[2F船尾]
2F船尾側。
後方に向かってベンチが並んでいます。

[3F甲板]
3F船尾側甲板。
柵の向こうは特別室用のスペースとなっています。
特別室料金を支払うと利用できます。

  

航 行 中

[航行中]
フェリーターミナルはもう見えなくなりました(笑)。

まだ陸地が見えているため、そんなに進んでいないようにも思えてしまいますが、ここから見える手前の陸地は島でありまして、本土からは結構遠いところまで来ています。

[左舷側]
左舷に見える島々。
左から大中山島・大築海島・小築海島です。

[堀止交差点]
対向する鳥羽港行きフェリーが近づいてきます。

[伊勢丸]
鳥羽港行きのフェリー「伊勢丸」。
右舷側を航行しています。

[神 島]
伊良湖岬にほど近い神島。左舷側に見えます。
三重県の鳥羽駅まで直線距離13kmに対して、愛知県の伊良湖岬まで5km程度と、愛知県の方が近い有人島なのですが、実は愛知県ではなく、三重県鳥羽市になっています。

[伊良湖岬]
伊良湖岬が近づいてきました。

[伊良湖岬]
岸壁がありまして、その先の左側にある建物が伊良湖岬フェリーターミナルです。この先、面舵になるだけで、特に後進もせずにフェリーターミナルに進んでいきました。

この辺で、下船準備を知らせるアナウンスが流れましたので、車両甲板へ向かいました。

  

  

下 船

[車両甲板]
車両甲板です。
大型バスは一番後ろに停まっていました。

[下船準備中]
黄色線で仕切られて、左側が「歩道」と書かれています。
鳥羽港では歩行者は2階より乗船しましたが、伊良湖岬では特に2階の乗降口はないようで、車両と一緒に1階車両甲板から下船するようになっていました。

[下船中]
係員の案内で下船していきます。

[下船]
下船します。
橋の部分は車道と歩道が分かれていました。

  

伊良湖旅客フェリーターミナル

[伊良湖港]
伊良湖旅客フェリーターミナルは国道42号の先にありまして、道の駅「伊良湖クリスタルボルト」とセットになっています。

[伊良湖旅客ターミナル]
フェリーターミナルの建物。
鳥羽港とは違い、伊良湖の場合は「旅客」の文字がついています。

[伊良湖港]
ちょうど折り返しの鳥羽港行きフェリーが出航準備中でした。
調査日:2009/6
 戻る 
inserted by FC2 system