国道 Route.


国道45号

仙台市−青森市

(その2b 岩手県:大船渡市・権現堂−三陸町)

 
 大船渡市から三陸町(現 大船渡市三陸町)にかけては、三陸道の新三陸トンネルができており、そちらを走った方が楽に走れます。ここではいつものことながら、現道主義ですので、従来の三陸トンネルの方を通ります。

  

大船渡市・権現堂〜三陸トンネル

[岩手開発鉄道貨物線ガード]
権現堂にて国道107号と分岐した後、権現堂橋を渡りまして、線路の下をくぐります。線路はJR線かと思いきや、岩手開発鉄道という貨物線。
太平洋セメントの工場から、石灰石輸送を行っているのだとか。

その先で県道9号が分岐します。

[大船渡IC]


三陸道大船渡ICです。
直進方向(国道45号現道)のおにぎりが小さくなっているのがおもしろいところであります(笑)。

[173kmキロポスト]
173kmキロポスト。

[和村バス停付近]

[大畑野]
だんだんと郊外の道に入っていきます。

[大船渡北IC]
三陸道の大船渡北ICです。
この先「三陸トンネルを見てみたい!」「国道45号現道を走ってみたい!」という奇特な方でなければ、ここで三陸道(今のところ無料)に入っておくことをおすすめします。

国道45号現道はカーブ連続の中、狭い三陸トンネルへと入りますが、三陸道はほぼ直線的に新三陸トンネルへと行けますので…。

[177kmキロポスト]
ここから先は山道へと入っていきます。

[178kmキロポスト]
以前は、このあたりで新三陸トンネルへ流入していたようです。
現在はここから三陸道の新三陸トンネルへ入ることはできません。

[三陸トンネル]



カーブの連続の後、三陸トンネルに入ります。
結構長めのトンネルでありながら、幅員狭め。通行にはご注意を。

  

三陸町 (現 大船渡市)

[通岡峠]
三陸町地域に入ります。
2001年に大船渡市に編入合併し、「現在は大船渡市三陸町」となっています。


トンネルを抜けて、またもカーブ連続の下り坂です。

[三陸IC]



坂を下りきったところで三陸ICに出ます。
ここから先の三陸道は未供用なので、三陸道からの車両と合流します。

[道の駅さんりく]


三陸道と合流したすぐ先に道の駅さんりくがあります。

[184kmキロポスト]
下り坂&カーブが続きます。

[r9所通交差点]
所通交差点。大船渡市街で分かれた県道9号と合流します。
ここまで国道45号は山を突っ切るように走ってきたのですが、県道9号は海沿いの道を走ってきています。。

[登坂車線始まり]
再び上り坂が始まり、登坂車線が現れます。

[羅生トンネル手前]


上り坂を進み、羅生トンネルに入ります。

[189kmキロポスト]
また、下り坂です。
国道45号は、上り坂→トンネル→下り坂→町→上り坂…を繰り返しています。

[要橋付近・r250分岐]
要橋付近で県道250号が分岐します。
県道250号は半島を海岸沿いに走りますが、国道45号はこのまま山を突っ切り、半島を横断していきます。

[190.5kmキロポスト]

[白木沢大橋]
三陸鉄道南リアス線の吉浜駅がこの右側に位置しているのですが、国道45号は高台を走っている関係上、吉浜駅前は通りません。

[192kmキロポスト]

[193kmキロポスト]
またも霧が出てきました。

[鍬台トンネル]


例によって、上り坂を登り切ったところで鍬台トンネルに入ります。
全長2kmは優に超える長いトンネルです。

鍬台トンネルを抜けると、釜石市です。
調査日:2008/5
 前へ(その2aへ)   次へ(その2cへ)
 戻る 
inserted by FC2 system