国道 Route.


国道45号

仙台市−青森市

(その2f 岩泉町−普代村)

 
 田野畑村と普代村の区間は、海岸沿いを離れてやや内陸側を走っていきます。岩泉町小本でR340と交差する以外は、特段大きな交差点もナシです。

  

岩泉町

[田老町・岩泉町境界]
岩泉町に入ります。
「竜泉洞」で有名な町。

[小成トンネル]
小成トンネルに入ります。
長さは75mと短め。

[小本トンネル]
続いて小本トンネルに入ります。

[小本交差点]


小本交差点で県道455号が分岐します。
左折すると、龍泉洞入口付近を経由して、盛岡市へと出ます。

[中野坂]
小本交差点を抜けると、知る人ぞ知る「中野坂」に入ります。
10%の勾配が2kmに渡って続いていく急坂。

詳しくは当サイトの「その他#150」をご覧下さい。
こちらの国道調査では、中野坂を上っているので、あまり大変な坂には見えないのですが、下り坂の方はとんでもないことになっているわけでして…。

[中野坂]
中野坂の頂上。
ここで上り坂は一服します。

積載量の多い大型車なんかは、ここまで来るのに一苦労かも…。

[岩泉町小本]
この先は比較的なだらかな道が続きます。

[300kmキロポスト]
300kmキロポスト。
一般国道で300kmを超える路線はなかなか無いわけですが、まぁ特に特別な標識も立っておらず…。

  

田野畑村・真木沢〜田野畑

[岩泉町・田野畑村境界]


田野畑村に入ります。
明治時代から合併もせずに続いている村です。

カントリーサインはなぜか田野畑村だけ特別なタイプ。
鹿?カモシカ?…トナカイでは無いと思いますが。

[三陸北道路分岐]
田野畑村に入りまして、三陸北道路の分岐があります。
いわゆる「一般国道に並行する自動車専用道路」という奴で、少し先でまた合流しますが…。ここではこのまま現道を走っていきます。

[r44交差]
県道44号平泉平井賀普代線と交差します。

[追越禁止解除]
山道が続きます。

[思惟大橋手前]
「道の駅たのはた」まで500m。
この先、「思惟大橋」という橋梁を渡ります。近くにある「思惟の森」にちなんで命名された橋梁とか…。

ちなみに下は広辞苑より引用。

しい【思惟】
 こころに深く考え思うこと。

[道の駅たのはた]
思惟大橋を渡ったところに「道の駅たのはた」があります。あまり目印らしい目印がないこの区間において、ちょっとした休憩スポットとなります。

[田野畑村菅窪]
菅窪地区を走ります。
この辺は比較的なだらか。

[311kmキロポスト]

[田野畑村役場入り口]
田野畑村田野畑付近。
左折したところが田野畑村役場です。

  

田野畑村・田野畑〜境界

[田野畑村国有林付近]
再び山道に入ります。

[閉伊坂峠]


閉伊坂峠にさしかかります。
特に急な坂ではなかったので、あまり峠っぽい感じもしないのですが、標識の示すとおりここが国道45号の最高地点。標高は380m。

[下り坂]
峠を通過すれば、当然に下り坂。
ここから先は急な下り坂と急カーブが連続します。

[下り坂]
反対側は登坂車線が設置されていました。
仙台→青森方向に走る場合は、なだらかな上り坂→急な下り坂となりますが、対向車線は上り坂が急になるようで…。

[318kmキロポスト]

[田野畑村一の渡]
田野畑村一の渡で県道173号田野畑岩泉線が分岐します。

[寺田橋]
ここからは普代川に沿って走っていきます。
川がうねうねと曲がりくねっているので、国道もカーブが続きます。

[巣合下橋

[田野畑トンネル手前]
急な斜面が見えますが、短い田野畑トンネルをくぐって抜けます。

  

普代村

[田野畑村・普代村境界]
普代村に入ります。
この普代村も、明治期の町村制施行以来、合併せずに存続してきた村です。

[北緯40度東端の村]
普代村は北緯40度線の通っている村。
広告塔のようなものも立っていました。

[普代5号橋]
下り坂が続いていきます。

[327kmキロポスト]

[普代村]

[上普代交差点]
普代村の中心部に入ります。
上普代交差点で県道202号普代小屋瀬線が分岐します。

[普代村役場口交差点]
普代村役場口交差点。
県道44号岩泉平井賀普代線が分岐します。

[普代村普代]
この交差点は、中央線に沿って左折です。
普代村の市街地はこの辺まで。

[普代トンネル]
上り坂がありまして、普代トンネルを抜けます。

[登坂車線]
トンネルを抜けた辺りは登坂車線が設置されていました。
見た感じ、特に上り坂でも無い様子ですが、手前に設置されていた標識のネーミングは「登坂車線」でした。

[334kmキロポスト]

[堀内大橋]
堀内大橋。この辺から再び海に近いところを走っていきます。

[堀内駅入口]
調査日:2008/5
 前へ(その2eへ)   次へ(その2gへ)
 戻る 
inserted by FC2 system