国道 Route.


国道47号

仙台市−酒田市

(その3 山形県内:最上町−新庄市)

 
 山形県に入ります。なかなか平野部が見えてきません…。

  

最上町・堺田〜向町

[宮城県旧鳴子町・山形県最上町境界]



宮城県から山形県・最上町に入ります。
町名の由来は、「最上川」ではなく、山形県北部の「最上地方」からとられたようです。(最上町を流れているのは最上川支流の「小国川」だったりします)

[登坂車線]
すぐのところで登坂車線が登場します。
上り坂はそんなに長くないので、すぐに消えますが。

[堺田]
鳴子町では、人里離れた渓谷地帯を上っていく感じでしたが、最上町では各地域の町を縫いながら緩やかに下っていきます。

[86.2kmキロポスト]

[右:パイプ]


右画像の頭上に見えるパイプが何となく気になっているのですが(笑)高さ制限の規制標識も特になく…。。

[高橋川橋]

[90kmキロポスト]
90kmキロポスト。
新庄までは31km。

[最上町富澤]
最上町富澤で県道28号尾花沢最上線が分岐します。

[赤倉温泉駅入口]
この地区には「赤倉温泉駅」があるのですが、実際の赤倉温泉郷は、この手前にて分岐した県道28号を少し走ったところにあります。
国道47号沿いは、あまり温泉街っぽくありません。

新潟県出身の作者としては、赤倉温泉というと、新潟県妙高市(旧妙高高原町)の方を想起してしまうのですが…(すみません)

[93kmキロポスト]

[本城]

[最上町本城交差点]
最上町本城交差点でY字型の交差点があるのですが、右側へ進んだ方が旧国道47号と思われます。
最上町の中心市街地や町役場は、旧道を進んだ方に位置しています。

[最上病院前交差点]
最上病院前交差点で県道262号最上小野田線が分岐します。

 

最上町・向町〜大堀
先ほど分岐した旧道とは、合流しています。

[沢原付近]

[白川橋]
最上白川を渡ります。

[100kmキロポスト]
100kmキロポスト。
実際のところは、仙台市−旧古川市までの44.7kmは国道4号重複なので、国道47号単独区間としてはこの地点で55.3kmです。
(意外と短い?)

[r325分岐]
県道325号東法田大堀線が分岐します。

[大堀]
陸羽東線を渡ります。
この先は川沿いの道に出るのですが、川・国道・鉄道で並んでいきます。

[鵜杉付近]

[川沿い]
川沿いの渓谷地帯に出ます。

[ヤナ茶屋もがみ手前]
眺めは見ての通り良いです。
この先、左側にドライブインのような「ヤナ茶屋もがみ」があります。
「ヤナ」はたぶん「梁漁」のことだと思います。「嫌な茶屋」ではないはずなので…(笑)

[瀬見]
スノーシェッドを通過します。

[r326合流]
最上町最後の町、瀬見温泉郷に出ます。

[瀬見温泉郷]
この川を隔てて左側に温泉郷が位置しています。
山の谷間にある温泉郷とは、なかなかの景色です。

[大堀]

 

舟形町

[最上町・舟形町境界]
舟形町に入ります。

[下野目]
この先、県道56号新庄舟形線が分岐します。
この県道56号ですが、1992年に亀割バイパスが開通するまでは、旧国道47号だった道路です。

[亀割バイパス]
ここからは1992年に開通した亀割バイパスに入ります。

かつての国道47号は、前述の通り県道56号を経由して舟形町のR13舟形交差点に出ていたのですが、R13・R47重複区間の渋滞が惨くなったため、この亀割バイパスが新設されました。
見ての通り、路肩も広く、新しそうな道路です。

[長尾トンネル]
長尾トンネルに入ります。
長さは1013mと長め。

[長尾トンネル先]
長尾トンネルを抜けたのですが、新庄市に入るのはこのちょっと先になります。

 

新庄市

[舟形町・新庄市境界]



新庄市に入ります。
ここから先はゆるやかに下っていきます。

[上り坂]
…といいつつ、ちょっと上りもあったりします。

[110kmキロポスト]

[新田川橋]
新庄市街が見えてきます。

[鳥越]

[53kmキロポスト・新岩出山大橋南詰]


新庄市栗田に出まして、国道13号現道と交差します。
直進方向は国道47号BPの新庄南バイパスですが、ここではこの交差点を右折(国道13号湯沢方面重複)して、国道47号現道を走っていきます。
調査日:2008/5
 前へ(その2へ)  次へ(その4へ)
 戻る 
inserted by FC2 system