国道 Route.


国道47号

仙台市−酒田市

(その5 山形県内:立川町−酒田市)

 
 立川町(現・庄内町)に入りまして、庄内平野へと出ます。平野部を走り、酒田市の国道7号交点で国道47号は終点です。

  

立川町 (現 庄内町)

[戸沢村・旧立川町境界]
スノーシェッドの中で、立川町(現庄内町)に入ります。

[酒田まで25km]
最上峡は終わりまして、ここから先は平野部を走っていきます。

[清川駅口交差点]



清川駅口交差点で県道45号立川羽黒山線、県道361号大沼新田清川停車場線と交差します。

[酒田市まで24km]
最上川の南岸を走っていきます。
なぜか鶴岡市と酒田市の距離がどっちも24kmで一緒です。
おそらくですが、酒田市はこのまま国道47号経由での距離、鶴岡市はこの先の国道345号経由での距離が標示されているものと思われます。

[東興野交差点]
東興野にて県道46号羽黒立川線が分岐します。
ここから先は最上川沿いの道路でなくなります。

[狩川]
狩川付近は、バイパス化されているようで一直線の道路です。

[狩川矢倉交差点]



狩川矢倉交差点で国道345号八幡方面が分岐します。
国道7号の秋田市方面に行く場合は、国道345号を使った方が距離的に若干短くはなるのですが、時間的にはこのまま国道47号を走ってもほとんど変わらないと思います。

[R345鶴岡方面分岐]


すぐ次の交差点で国道345号鶴岡市方面が分岐します。
今回の場合、鶴岡方面へはショートカット利用推奨のようです。

 

余目町 (現 庄内町)

[余目町]
余目町地域に入ります。

[南野]
県道346号中川代川尻余目線が分岐します。

[廻館]
右へカーブします。

[廻館交差点]
県道342号西袋廻館線、県道358号廻館松山線と交差します。

[庄内こばえちゃライン交点]
広域農道庄内こばえちゃラインと交差します。
「こばえちゃ」は「おいでください」の意味なのだとか。

[常万]
常万にてまた右へとカーブします。

[余目こ線橋]
JR羽越本線の余目こ線橋を渡ります。

[矢口交差点]
余目町の市街地に入ります。
矢口交差点で県道198号余目停車場線(右折方向、旧R47)が分岐していきます。

[r44交点]
ここから先は余目バイパスに入ります。
余目町の市街地を迂回するため、昭和55年に開通した道路です。

県道44号余目温海線と交差します。

[土堤下交差点]
続きまして、土堤交差点で県道43号余目加茂線と交差します。

[余目]
またまた右カーブです。

[下朝丸交差点]
下朝丸交差点で県道357号浜中余目線と交差します。

[跡交差点]
跡交差点で、市街地を走ってきた県道44号余目温海線が合流してきます。
酒田余目道路が工事中で、盛り土が途中までなされていました。
将来はこのあたりにインターチェンジができるんでしょうか…。

 

酒田市

[旧余目町・酒田市境界]


国道47号終点の都市、酒田市に入ります。

[新堀]
県道359号家根合新堀線が分岐します。

[落野目]
右側に最上川がやってきます。
再び川沿いを走っていきます。

[日本海東北道]
結構見通しの良いところです。
正面に見えるのは日本海東北道の最上川白鳥橋。

[車線増加]
最後の最後で車線が片側二車線に増加します。
登坂車線でもなく、ちゃんと車線が増えるのって、旧古川市区間以来のような…。

[分岐200m手前]
国道7号との接続の手前。
新潟方面は左側へ、秋田方面は右側車線へどうぞ。

[広田IC]
広田ICです。国道47号は酒田市が終点なので、一応酒田市街方面へと進んでみます。

[ランプウェイ]
ランプ。おなじみのカーブです。

[178.2kmキロポスト]


カーブを抜けると、国道7号に出ます。流入路のところには国道47号の「178.2km」キロポストもありました。多分これが最大のキロポストなんでしょうけど、どうせなら「終点」の方が良かったな…と思いますが。
調査日:2008/5
 前へ(その4へ)
 戻る 
inserted by FC2 system