国道 Route.


国道48号

仙台市−山形市

(その1 仙台市・起点−仙台市・熊ヶ根)

 
 国道48号は仙台市から山形市を結ぶ国道です。仙台市の中心市街地から折立ICまでは別にバイパスの仙台西道路も存在します。

  

仙台市青葉区・起点〜作並IC

[青葉区本町三丁目]



国道4号青葉区本町三丁目の勾当台公園前が国道48号の起点です。
ここは国道45号(右折方向)の起点にもなっています。

実は国道4号は、国道45号重複となって右へと続いているのですが、案内標識を見る限りではまずわからないと思います。

[仙台市役所]
左に仙台市役所、右側に宮城県庁と青葉区役所が位置しています。
まさに仙台市の中心部というところです。

[青葉区二日町]


国道48号は青葉区二日町で右折します。
直進方向は宮城県道22号仙台泉線(旧国道4号)です。

[東北大学付属病院前]
東北大学付属病院前を通過します。
中心市街地は片側二車線です。

[青葉区八幡三丁目]
青葉区八幡で国道48号は右斜め方向に進みます。
この先、車線減少しまして、二車線道路に変わります。

[青葉区八幡六丁目]
青葉山の麓を走っています。
この辺は地形的に山がちになってまして、カーブが連続しています。仙台市街からほど近くのところではあるのですが。

[青葉区八幡七丁目]
この区間は大きな道路との交差点もなく、基本的に一本道ですが、政令指定都市の二桁国道としてはちょっと貧弱な感じです。

国道48号のバイパスである仙台西道路ができたのも、仙台市西部の宅地化が進み、この区間の渋滞が深刻になったのがその理由。

[青葉区郷六]
青葉区郷六まで来ると、比較的なだらかな道に変わります。

[青葉区郷六]
宮城県道37号仙台北環状線の下をくぐります。
この先、県道37号・県道55号が分岐します。

[折立IC]
折立ICです。この辺では、先の県道37・55号のほか、仙台西道路と県道31号仙台村田線、更には東北道仙台宮城ICとの接続もあるため、一帯は道路だらけになっています。

まずは、国道48号山形方面と、国道48号仙台西道路(&東北道仙台宮城IC)の分かれ道。ここでは、山形方面に行くため、直進します。

[R4諏訪三丁目・仙台方面を望む]
その後にまた交差点。
直進すると県道31号仙台村田線、右折すると国道48号山形方面。ここでは右折します。


[R4諏訪三丁目・仙台方面を望む]
更に、折立の住宅地への分岐です。
ここでは標識に従って右折します。

ICの構造自体はそれほど複雑ではないのですが、交差点を分散させているためにたくさんの交差点を通過することになります。

  

  

仙台市青葉区・折立IC〜熊ヶ根

[8kmキロポスト]
国道48号仙台西道路からの道路と合流します。
ここからは現道・バイパスが合流し、一本の国道で走っていきます。

[青葉区栗生五丁目]
県道135号陸前落合停車場線が分岐します。

[11kmキロポスト]
見ての通り、一直線の道路が続きます。

[青葉区下愛子]
県道132号秋保温泉愛子線、県道134号愛子停車場線と交差します。

[青葉区上愛子]
カーブがありまして、車線が減少します。

[国道457号交点]



対面通行になったところで、国道457号と合流します。
一応、これからしばらくの間国道457号重複となります。

[青葉区上愛子]
ここからは昔からの街道筋です。
二車線道路ですが、交通量は結構多かったです。

[15kmキロポスト]

[青葉区上愛子]
特段大きな道路との交差点もなく、一本道です。
逆に言えば、ほかに代替する道路がないため、クルマが必然的に国道48号に集まることにもつながるわけですが。

[17kmキロポスト]

[JR陸前白沢駅入口]
JR陸前白沢駅の入口。
この左側にJR仙山線が走っていまして、国道48号と並走しています。

[青葉区熊ヶ根]


熊ヶ根で国道457号(二口方面)が分岐します。

[20kmキロポスト]
県道263号泉ヶ岳熊ヶ根線が分岐します。
調査日:2008/6
 次へ(その2へ)
 戻る 
inserted by FC2 system