国道 Route.


国道52号

静岡市・清水区−甲府市

(その1 静岡市−芝川町)

 
 静岡市のR1交点から国道52号が始まります。結構重要な道路でありながら、片側一車線の道路が続きます。。

  

清水区・興津中町〜但沼町

[R52起点 清水区興津中町]


静岡市清水区興津中町から国道52号が分岐します。この先でR1現道とR1静清バイパスが合流しているのですが、更に国道52号の分岐もあったりして、ちょっと複雑な交差点になっています。

[興津橋]
R52に入ってすぐのところに興津橋があります。
渡っているのはJR東海道線です。

[東名高速立体交差]
東名高速と立体交差します。

[清水区八木間町]
国道52号は基本的に片側一車線。
幹線国道としては狭めですが、大型車もバンバン通ります。

[東海道新幹線ガード]
東海道新幹線のガード下をとおります。
韮崎まで86km、甲府まで84km。

R52は県境→韮崎市→甲府市と続くわけで、甲府市よりも手前の韮崎市の方が距離が長いというのは変な感じですが、甲府市までの距離は山梨県で分岐する甲西バイパスを経由した距離で表示されているようです。

[承元寺入口交差点]
だんだん山がちになっていきます。

[栗原交差点]

[清水区小島町]
あまり広くない道路を大型車もバンバン走ってくるわけですが、信号の間隔が長く、特段大きな道路との交差点がないため、車の流れは割と良いです。
(とはいえ、対向車線の方は結構渋滞するんですけど)

[清水区但沼町]
但沼町で県道75号清水富士宮線が分岐します。
左折して県道に入ると、一応旧清水市市街まで行くのですが、道があんまり良くないので、清水市街に戻るのであれば国道52号を引き返した方が無難のようです。

  

清水区・但沼町〜宍原

[清水区小河内]
旧街道を思わせるような石垣です。

[清水区小河内]
くねくねとしたカーブが続きます。

[8kmキロポスト]
右側の建物、「東海電気」という看板が出ていました。
電気工事関係の会社でしょうか…。それにしても重みのある建物であります…。

[舟場トンネル]
舟場トンネルをくぐります。
見ての通り短いトンネルです。

[葛川交差点]
葛川交差点。左折すると東名高速掛川IC、右折するとR1掛川バイパスの宮脇ICに出ます。

[異常気象時交通規制区間 起点]
「これより3km区間は連続雨量250ミリになると通行止です」

急峻な地形の中をとおる国道52号は、このような異常気象時交通規制区間が何区間も設定されています。豪雨になると通行止になるのですが、迂回路と言っても正直この国道以外だと後は139号くらいしかないんですね…。
R52が通行止になると、影響はでかいと思います。

[11kmキロポスト]
正面上に見える高架橋は第二東名自動車道です。

[清水IC予定地]
この辺に将来的には清水IC(仮称)ができる予定になっています。
頭上にICのためらしき高架橋が見えます。

[県道75号分岐]
県道75号清水富士宮線が分岐します。

[清水工業団地ド]
第二東名高速の清水IC(仮称)ができることを見込んで、この辺は工業団地になっていました。

[清水区宍原]
清水区最後の地区、宍原に入ります。

[異常気象時通行規制区間始まり]
この先も5km区間は連続雨量200ミリで通行止。
確かに、ここから先はカーブと坂が続きますので…。

[清水区宍原]

  

芝川町

[静岡市清水区・芝川町境界]


峠のようなところで芝川町に入ります。
商用電源周波数が50Hzと60Hzで混在している町です。

[急カーブ手前]
国道52号は芝川町の南端部を走るだけなので、芝川町の市街地通らないです。ヘアピンカーブが連続しますので、走行にはご注意を。

[18kmキロポスト]

[県境手前]
この先にある甲駿橋を渡ると、山梨県に入ります。
橋の先で、県道190号塩出尾崎線が分岐します。
調査日:2009/4
 次へ(その2へ)
 戻る 
inserted by FC2 system